飛び系アイアンユーザーは注意が必要!? 知ってるだけで5打得する厄介な夏ラフ対処法

フェアウェイが気持ちいい季節になった反面、厄介なのがラフからのショット。そこで、ラフでの状況判断や対処法を筒康博(つつ・やすひろ)コーチに聞きました。

アマチュアは「打ち込む」スイングをしてはいけない

 今回はセルフプレー中心のアマチュアがよく遭遇する、「ボールが普通に見えているラフ」からの対処法に絞ってお話ししたいと思います。

秋口までは元気なゴルフ場のラフ。難しいスイングや打ち方ができなくても対処法はある
秋口までは元気なゴルフ場のラフ。難しいスイングや打ち方ができなくても対処法はある

 アマチュアの場合、真上からボールがやっと見えるほど深いラフからトーナメントコースのように硬いグリーンにショットすることは少ないはずです。また、ゴルフ場もプレー進行の理由から、セルフプレーでも「見つかって打てる」範囲でメンテナンスしています。

 同じ「ラフ」といっても、ギャラリーがボールを探してくれるトーナメント時とアマチュアがプレーしている一般営業では全く違うのです。

 ラフからのショットで必要なのは、芝の長さが邪魔にならない程度の「ボールの打出角」です。せっかくしっかりインパクトできても、打出角が低すぎると芝の抵抗にボールが負けて、チョロのようなミスになってしまいます。

ラフからうまく対処するコツは、芝の長さよりボールが上がること。ロフトの多い番手で打つほど安全策にはなる
ラフからうまく対処するコツは、芝の長さよりボールが上がること。ロフトの多い番手で打つほど安全策にはなる

 ウェッジで打つのが確実ですが、できるだけグリーンの近くまで打ちたいのがアマチュアの心情です。

 特にロフトが立っている今どきの「飛び系アイアン」を使っているゴルファーの場合、「番手選び」に細心の注意が必要になります。

ボールの手前から「払うつもり」なら確実につかまる

 もともと「アウトサイドイン」で「上から打ち込む」スイング傾向が多いアマチュアの場合、ラフからのショットではフェアウェイウッドやユーティリティーを打つ「つもり」でスイングした方がよいでしょう。

もともと打ち込みすぎるスイング傾向があるアマチュアの場合は、むしろFWやUTを打つ感覚でOK。番手選びもアイアンよりラフの抵抗が少ないUTも選択肢に入る
もともと打ち込みすぎるスイング傾向があるアマチュアの場合は、むしろFWやUTを打つ感覚でOK。番手選びもアイアンよりラフの抵抗が少ないUTも選択肢に入る

 また、ヘッドスピードが速いゴルファーに起こる「フライヤー」と呼ばれるスピン減少&飛び過ぎの心配も不要。特にツーピースボールや飛び系アイアンを使用している場合は、普段からスピン量が少ないのでラフからのショットでも極端にスピン量が減ることはありません。

 また基本的にアイアンは少ないロフトで大きいヘッドほどラフの抵抗が大きく、フェースが返り左に飛びやすくなります。

 番手選びの際は弾道の高さと方向性を考慮して「打てそうな番手より2つ短い番手」ぐらいがベターです。もし飛距離が必要なら、アイアンよりも接地面積が少ないラウンドソールのユーティリティーが、高さも出しやすくラフの抵抗も少ないのでオススメです。

ラフの「順目」「逆目」が見えたらダフリやトップも予防できる

【写真】最新モデルはラフからも強い! アイアン売れ筋ランキング

画像ギャラリー

2023年5月の売れ筋アイアン第1位 ゼクシオ12アイアン(ダンロップ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年5月の売れ筋アイアン第2位 スリクソンZX5 MkII アイアン(ダンロップ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年5月の売れ筋アイアン第3位 G430 アイアン(ピンゴルフジャパン) 有賀園ゴルフ調べ
2023年5月の売れ筋アイアン第4位 パラダイム アイアン(キャロウェイゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年5月の売れ筋アイアン第5位 パラダイム マックスファスト アイアン(キャロウェイゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
秋口までは元気なゴルフ場のラフ。難しいスイングや打ち方ができなくても対処法はある
ラフからうまく対処するコツは、芝の長さよりボールが上がること。ロフトの多い番手で打つほど安全策にはなる
もともと打ち込みすぎるスイング傾向があるアマチュアの場合は、むしろFWやUTを打つ感覚でOK。番手選びもアイアンよりラフの抵抗が少ないUTも選択肢に入る
芝が明るく見える「順目」(左)は抵抗が少なく比較的に打ちやすいが、芝が暗く見える「逆目」(右)では抵抗が大きいためダフリや引っかけのミスが大きくなる
1 2

最新記事