「いや、全然ナイスじゃないです!」はダメ! 厳しすぎる自己採点ゴルファーに足りないものとは?

周囲にほめられても納得できず、ミスした時には妙に納得してしまうゴルファーは「自己採点」が現実に見合っていない可能性があります。あまりにも実力とかけ離れた「厳しすぎる自己採点」は、自らをネガティブな思考にしてしまう危険性があります。では一体、練習やコースでどんな自己採点を行えばいいのでしょうか。

多すぎる課題はモチベーション低下の温床

 自分の目標を明確に持つほど、レッスンや練習を通しての「自己採点」項目は増えてきます。しかし同時に、たくさんの課題取り組んでしまうと、自己採点が低くなりネガティブなモチベーションになりやすく非常に危険です。

 例えば「方向性」がよくなっていても「芯に当たってない」や「スイングはカッコ悪かった」など、どんどん自己採点が厳しくなりネガティブなメンタルでゴルフと向き合うことになってしまいます。

ネガティブな「厳し過ぎる自己採点」ばかりでは、成功体験による上達のチャンスを損なう危険性がある
ネガティブな「厳し過ぎる自己採点」ばかりでは、成功体験による上達のチャンスを損なう危険性がある

 レッスンや練習において、自分に対するある程度の厳しさは「謙虚さ」ともいえますが、「厳しすぎる自己採点」では練習プロセスがいい方向なのか、間違っているのかが見えなくなってしまいます。

 小さな成長や上達を実感できないと、結局は「自分はヘタ」、「センスがない」と落ち込んでしまうことになってしまいます。

 特にアマチュアの上達は、ハードルを低くした「小さな成功体験」を積み重ねることで、だんだん自信がついたり理解が進む場合が多いです。もし改善したい課題がたくさんあっても「一球で行う自己採点は一つ」にすることをオススメします。

 例えば「ヘッドアップしない」という課題だったら、ナイスショットにこだわらずヘッドアップだけを自己採点するのがコツです。「成功体験」ができたら、次のショットで別の課題に取り組んで下さい。

 まず、「ここだけはできる」という成功体験から始めていけば、「スイングが悪い」、「飛ばない」、「芯に当たらない」とムダに厳しい自己採点をしてヘコむ必要もなくなります。

課題に「優先順位」をつけないと「自己採点」をクリアできない

 そもそもゴルフは、上級者ですら「コッチを気にするとアッチが疎かになる」ということが多々あり、二つ以上の課題をこなしにくい側面があります。

 例えば、パターで「方向性」ばかり考えていると距離感を忘れてしまったり、「バックスイング」ばかり考えているとインパクトやフォローを疎かにしてしまいがちです。

同時にいくつもの課題を「意識できない」のがゴルフの難しい所。だからこそ優先順位を決めて向き合うことが重要になる
同時にいくつもの課題を「意識できない」のがゴルフの難しい所。だからこそ優先順位を決めて向き合うことが重要になる

 もともとたくさんの課題を同時にこなせないのに、自己採点が低くなり「ゴルフが分からなくなった」と落ち込んでしまうゴルファーをよく目にします。

 ラウンドはもちろん、レッスンや練習でも頭の中の課題が「モグラ叩き」のようにならないようにする工夫が必要。細かいことを気にし過ぎる人ほど、ナイスショット時には「何も考えてなかった」場合もあるのがゴルフです。

 スイングでの様々な方法やアイデアも、コースでナイスショットを打つための「手段」に過ぎないので、「何も意識しない」のも手段の一つと考えられます。

 ちなみに練習から課題を一つに絞って「自己採点」をしてみると、自分が気にしていることと結果の「相性」のようなものが何となく自覚できるようになるはずです。

 例えばトップでのオーバースイングを直せても、ナイスショットが全く飛ばないなら「課題の相性がよくない」、つまり「効果が低い」課題であったことが分かるはずです。

 逆に、スイングフォームを全く考えずにリズムを課題にした結果、「しっかり当たる」ようになったなら、コースで意識すべき「優先順位」が高い課題といえるでしょう。

「とにかく見た目のフォームを直したい」だけなら、スコアやショットのためではなく「自己満足度」を高めるための課題といわざるを得ません。

課題や自己採点は練習より「コースの結果」を優先するべき

【写真】動きやすくてラウンドが楽! 小祝さくらもイチ推しの「ストレッチフォーサー」詳細画像

画像ギャラリー

2023年秋冬シーズンから発売する「ストレッチフォーサー」シリーズ
「ルコック」とウエア契約を結んでいる小祝さくら
「ストレッチフォーサー フード付きカットソー」1万5400円(税込み)
「ストレッチフォーサー 長袖シャツ」1万2100円(税込み)
「ストレッチフォーサー カットソー」1万5400円(税込み)
「ストレッチフォーサー 長袖シャツ」9900円(税込み)
自社の研究開発拠点「DISC OSAKA(ディスク オオサカ)」にてスイング時に体のどこに生地のつっぱりによる負荷がかかっているかを検証
肩を包み込むような肩甲骨まわりのパーツ
背中のダーツがゆとりを持たせる
9月4日(月)から実施予定の「着ればわかる!伸体験キャンペーン」
アプローチでは、まずピンに寄っていく全体像をイメージするのが第一
グリーンから近いアプローチでは、「トップはNG」。しかし、ダフっても一応グリーンには乗るので「まだ許せる」ミスと考える
様々なミスが出やすい「バンカー越え」も、常に「何かを越えるつもり」で落とし所を決める習慣をつけおくと難しく感じない
1 2

最新記事