ゴルフクラブの性能って理系じゃないと分からない気が… 難しいスペックは理解しなくても問題ないの?

ゴルフクラブの技術は日々進化しており、どんどん新商品が発売されます。買い替えのタイミングなどで、誰かのおさがりを譲り受けることもあるでしょう。

アイアンを譲ってもらえるが自分に合うか分からない

 ゴルフ好きの知人から先日、次のような相談を受けました。

「実は知り合いからアイアンセットを譲ってもらえることになったのですが、そのアイアンが自分に合うのかどうかよく分からないんですよね」

ゴルフクラブは大きく6種類。自分に合ったものを見つけるのは至難の業!? 画像:AC
ゴルフクラブは大きく6種類。自分に合ったものを見つけるのは至難の業!? 画像:AC

「今のアイアンはA社の製品で何の不満もなく使っていたのですが、知り合いと一緒に回ったとき『それもう古いから、新しいモデルで余っているやつがあるからあげるよ』と言われたんです。それはB社の製品で、とりあえず練習場で打たせてもらったのですが、今のアイアンよりも明らかに振りやすいです。でも、コースでうまく打てるかどうかは、また別の話ですよね」

「それと振りやすいということは、今のアイアンよりも飛ぶかもしれませんよね。アイアンの飛距離が変わると、距離感が合わなくなりそうです。新しいアイアンに慣れていけばいいだけの話なのですが、それをラウンドの機会が多い今の時期にやるべきか迷っているんです。今すぐそのアイアンに替えた方がいいのか、それともしばらくの間は今のアイアンを使い続けた方がいいのか……」

 確かにそれは悩ましい問題です。譲ってもらえるアイアンが振りやすいと感じるのであれば、自分に合うのかという点では合っている可能性が高いと思います。一方で、アイアンの距離感が合わなくなる可能性があるのも事実です。これは本人がタイミングを決断するしかないでしょう。

 そのことを心配した知人が最初に行ったのは、今のアイアンと新しいアイアンのスペックの比較でした。ロフト角とクラブの長さを見比べたところ、7番アイアンと8番アイアンのロフト角が1度ずつ違っていましたが、それ以外の番手のロフト角とクラブの長さは同じだったそうです。

 ですが、ロフト角とクラブの長さが同じであれば、飛距離も同じになるとは限りません。新しいアイアンの方が振りやすいと感じるのであれば、クラブの重さやバランスが違う可能性があります。また、振りやすければヘッドスピードが上がりますから、それによっても飛距離が変わります。

 結局のところ、今のアイアンと新しいアイアンの飛距離が全く同じということは有り得ません。

文系の人間にはクラブのスペックの話は難しすぎる

 そんな話をしていたところ、別の知人が口を挟みました。

「正直なところ、ボクらはクラブのスペックのことなんて全然分かりません。メーカーは『慣性モーメントが大きい』から『飛ぶ』とか『曲がらない』とか言いますけど、そもそも慣性モーメントの意味がよく分かっていませんから」

 慣性モーメントの意味をウェブサイトで調べると、「物体が回転運動する際の、回しにくさや止まりにくさを示す量」みたいなことが書かれていますが、この説明を読んでも文系の人間には何のことやらさっぱり分かりません。

 これはクラブに限ったことではなく、「ゴルフボールにはなぜディンプルがついているのか」「なぜなら揚力(ようりょく)が増加し、空気抵抗を軽減するため」といった説明も、揚力(ようりょく)という言葉が出てきた時点でチンプンカンプンです。

 クラブやボールの開発者は当然ながら理系の知識が極めて高く、一般人には理解できないテクノロジーがこれでもかというくらい詰め込まれています。メーカー側もそのテクノロジーを一般人にも分かるように説明する気はないのかもしれません。おそらく説明しようとしても無理なのでしょう。ですからヘッドの上下左右の慣性モーメントを合計した数値が10000g・cm2を超えたことを「10K」と表現するなど、できるだけ分かりやすい言葉で訴えかけています。

 最新モデルは高いですから、知人のようにクラブを譲ってもらったり中古市場で買い集めたりする人が増えています。ゴルフクラブの性能は日進月歩で進化していますが、そのテクノロジーの全てを理解するのは不可能です。自分に合っているクラブを探すのは、けっこう難しいことなのかもしれません。

【動画】2人の雰囲気が本当にいい感じ! 古江彩佳とキャディーの英語によるインタビュー動画 実際の投稿です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

ゴルフクラブは大きく6種類。自分に合ったものを見つけるのは至難の業!? 画像:AC
1 2 3

最新記事