引退から丸12年…元賞金女王・古閑美保がジュニア育成に意欲も「コーチにはなりたくない」理由

2008年賞金女王の古閑美保(こが・みほ)が、将来、師匠・清元登子(きよもと・たかこ=故人)の後継者となる気持ちがあることを明かしました。

師匠・清元登子にならい“弟子を取る”スタイルを志向

 2008年賞金女王の古閑美保が、将来、師匠・清元登子(きよもと・たかこ=故人)の後継者となる気持ちがあることを明かしました。

5月25日、26日の2日間、東京都世田谷区の二子玉川ライズで開かれたダンロップのイベントに登場した古閑美保 写真:清流舎
5月25日、26日の2日間、東京都世田谷区の二子玉川ライズで開かれたダンロップのイベントに登場した古閑美保 写真:清流舎

 左手首の故障もあって、2011年いっぱいで現役を引退。現在は、テレビ番組出演や講演、トークショーなど、さまざまな形で仕事をしている古閑ですが、ジュニアゴルファーを育てることへの意欲は持ち続けています。

 指導者のあるべき姿として頭にあるのが、プロ入りの頃から師事していた清元です。

「『休むのも遊びも(現役生活が)終わったらいくらでもできる。身体を壊すならそれが(選手としての)寿命。痛いっていっても練習できないわけじゃないんだから』といわれていました」と、苦笑交じりに振り返る教えは、厳しいものでした。

 古閑が弟子入りした当時、6年連続賞金女王(00~05年)の最初の一歩を踏み出したばかりの不動裕理、06年に女王となる大山志保の2人の姉弟子が清元門下にはいました。ひたすら練習するのが当然という環境が結果につながることを、プロ生活の最初から目の当たりにしたのです。

 熊本県出身の大先輩でもある清元の元でプロテストに合格した古閑は、03年ヨネックスレディスで初優勝。08年には賞金女王となってツアーの頂点に立ち、通算12勝を挙げています。

 ツアーを主管する日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の会長も務めた経験もある清元は、今から半世紀以上前の1973年、日本で初めてアマチュアとしてプロの試合「トヨトミレディス」に優勝しています。

 翌74年にプロとなったのですが、その後アマチュアが優勝することは長い間ありませんでした。史上2人目のアマチュア優勝が、03年の宮里藍(ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン)ですから、清元の記録は30年間も破られることがなかったのです。時代もまったく違い、ジュニアゴルファーなどほとんどいなかった頃のこと。清元がゴルフを始めたのは24歳の時で、トヨトミレディスに優勝したのも34歳の時でした。

 日本の女子プロゴルフ界の黎明期、アマチュア出身のプロはほとんどいなかったため異色の存在だった清元は、3人の賞金女王を育てる指導者となりました。その一人が“末っ子”の古閑というわけです。

 現在の女子ツアーで活躍する選手たちの多くは、プロコーチのサポートを受けています。ただ、古閑は「私はコーチにはなりたくない」と口にしており、育成に携わるなら、清元スタイルの“弟子を取る”ことをイメージしているようです。

「気合と覚悟ができてジュニア育成をやるなら熊本で」

 清元の存在だけでなく、早い時期からジュニア育成に力を入れていた熊本県ですが、「その人たちもどんどんいなくなっています。私に気合と覚悟ができて(ジュニア育成を)やるなら熊本で、と思っています」と古閑は明かします。

「今はトーナメント会場にもほとんど行かないから、ツアーも自分のことも客観的に見られるようになったと思います」と、人気の女子ツアーを見る目もシビアです。

「(ゴルフを)やらない人が名前を知っているのが成功した人。知名度がある人はそんなにいない。次から次へといろいろ出てきて分からない」とバッサリ。

 昨年から勢いのある岩井ツインズ(明愛、千怜)と、地元の後輩で今季3勝と躍進している竹田麗央プロの名前を挙げるにとどまりました。

 自ら清元2世として後進の育成にかかるときには「無敵(の選手)がつくれる」と古閑は笑顔で宣言しました。清元門下だけでなく、竹田の叔母である平瀬真由美(1993、94年)をはじめ、上田桃子(2007年)と多くの女王を輩出しているゴルフどころ熊本県。現在、メルセデス・ランキング1位の竹田の年間女王にも期待が懸かりますが、清元2世・古閑門下からさらに強い選手が出てくる日もそう遠くないのかもしれません。

古閑 美保(こが・みほ)

1982年7月30日生まれ、熊本県出身。2003年の「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」でプロ初優勝。同年、LPGA新人賞と日本プロスポーツ新人賞を獲得。08年には自身初の賞金女王に輝いた。11年シーズンをもってトーナメントプロを引退。その後は、解説やトークショー、バラエティー番組などで活躍。ツアー通算12勝。

【写真】すげえメンバー…これが渋野日向子&古閑美保&有村智恵&笠りつ子ら集結の“大忘年会”の模様です

【写真】これが“アイドルプロ”と騒がれた20代半ばの古閑美保です。

画像ギャラリー

2007年LPGAミズノクラシックでの古閑美保 写真:Getty Images
原英莉花
原英莉花
原英莉花
原英莉花
原英莉花
吉田優利
吉田優利
(左から)小祝さくら、吉本ひかる
(左から)菅沼菜々、稲見萌寧
イ・ボミ
イ・ボミ
イ・ボミ
櫻井心那
櫻井心那
青木瀬令奈
青木瀬令奈
(左から)岩井明愛、岩井千怜
山下美夢有
山下美夢有
高木優奈
高木優奈
ウー・チャイェン
西郷真央
川岸史果
小滝水音
(左から)工藤遥加、穴井詩
菊地絵理香
山内日菜子
鈴木愛
鈴木愛
神谷そら
古閑美保のインスタグラム(@kogamihokogamiho)より
古閑美保のインスタグラム(@kogamihokogamiho)より
笠りつ子のインスタグラム(@ryuritsuko)
5月25日、26日の2日間、東京都世田谷区の二子玉川ライズで開かれたダンロップのイベントに登場した古閑美保 写真:清流舎
1 2

最新記事