米ツアーでの騒動が2023年ルール改訂につながった!? 選手だけでなくレフェリーも喜んだ変更箇所とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

米ツアーでの騒動が2023年ルール改訂につながった!? 選手だけでなくレフェリーも喜んだ変更箇所とは?

今年の1月1日から施行された新たなゴルフ規則。いくつかの改訂箇所の中でもアマチュアもお世話になりそうで、なおかつプロ選手どころか競技委員まで喜んだ条項とは?

変更された規則9.3「自然の力が動かした球」の「例外」規定とは?

 今年の規則改訂で処置が大きく変わった規則がいくつかあります。そのなかで、一般ゴルファーも無縁でなく、かつ知っていれば救いになるのが、規則9.3「自然の力が動かした球」の「例外」規定でしょう。

急な傾斜の場所なら一度止まったボールが自然に再度転がり落ちることもあるでしょう(写真はイメージです) 写真:Getty Images
急な傾斜の場所なら一度止まったボールが自然に再度転がり落ちることもあるでしょう(写真はイメージです) 写真:Getty Images

 その規則文は、
「ドロップ、プレース、リプレースした後に止まっている球がコースの他のエリアに移動したり、アウトオブバウンズに移動した場合、その球をリプレースしなければならない:プレーヤーが元の球か別の球をドロップ、プレース、またはリプレースすることによってインプレーにした後で、自然の力がその止まっている球を動かす原因となり、その球が他のコースエリア、またはアウトオブバウンズに止まった場合、その球は元の箇所にリプレースしなければならない」とあります。

 例えば、池などのペナルティーエリアからの救済で、1罰打の付加でドロップ(もしくは2度ドロップしても救済エリア内に止まらなかったためにプレース)したボールが、一旦止まってインプレーになった後、風や傾斜など「自然の力」によって動かされ、再度ペナルティーエリアに戻ってしまったとき。2022年までは、そのままプレーするか、再度1罰打を付加して救済のドロップをするしかありませんでした。

 それが今年からは、救済エリアとは異なるエリア(常識的にはジェネラルエリアから、ペナルティーエリアやバンカー、OB)へ転がったボールは、無罰でリプレースしなければならない、となりました。

 この規則改訂は、選手にとっては「大歓迎」だったでしょう。

 また、実は競技委員(レフェリー)にも歓迎されているようですが、それは後述です。

チャーリー・ホフマンが“不満”を爆発

【写真】2023年ルール改訂、アマチュアにも頻出のポイントをチェック

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/12/justinthomas_2016phoenix_GettyImages-508445732-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/12/2021abudhabi_GettyImages-1297561848-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/01/2825447_l-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/01/1257485_l-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/01/25496281_l-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/01/briangay_2022RegionsTradition_GettyImages-1397241731-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/01/charliehoffman_2022phoenix_GettyImages-1238427544-150x150.jpg
1 2

最新記事