米ツアーでの騒動が2023年ルール改訂につながった!? 選手だけでなくレフェリーも喜んだ変更箇所とは?

今年の1月1日から施行された新たなゴルフ規則。いくつかの改訂箇所の中でもアマチュアもお世話になりそうで、なおかつプロ選手どころか競技委員まで喜んだ条項とは?

変更された規則9.3「自然の力が動かした球」の「例外」規定とは?

 今年の規則改訂で処置が大きく変わった規則がいくつかあります。そのなかで、一般ゴルファーも無縁でなく、かつ知っていれば救いになるのが、規則9.3「自然の力が動かした球」の「例外」規定でしょう。

急な傾斜の場所なら一度止まったボールが自然に再度転がり落ちることもあるでしょう(写真はイメージです) 写真:Getty Images
急な傾斜の場所なら一度止まったボールが自然に再度転がり落ちることもあるでしょう(写真はイメージです) 写真:Getty Images

 その規則文は、
「ドロップ、プレース、リプレースした後に止まっている球がコースの他のエリアに移動したり、アウトオブバウンズに移動した場合、その球をリプレースしなければならない:プレーヤーが元の球か別の球をドロップ、プレース、またはリプレースすることによってインプレーにした後で、自然の力がその止まっている球を動かす原因となり、その球が他のコースエリア、またはアウトオブバウンズに止まった場合、その球は元の箇所にリプレースしなければならない」とあります。

 例えば、池などのペナルティーエリアからの救済で、1罰打の付加でドロップ(もしくは2度ドロップしても救済エリア内に止まらなかったためにプレース)したボールが、一旦止まってインプレーになった後、風や傾斜など「自然の力」によって動かされ、再度ペナルティーエリアに戻ってしまったとき。2022年までは、そのままプレーするか、再度1罰打を付加して救済のドロップをするしかありませんでした。

 それが今年からは、救済エリアとは異なるエリア(常識的にはジェネラルエリアから、ペナルティーエリアやバンカー、OB)へ転がったボールは、無罰でリプレースしなければならない、となりました。

 この規則改訂は、選手にとっては「大歓迎」だったでしょう。

 また、実は競技委員(レフェリー)にも歓迎されているようですが、それは後述です。

チャーリー・ホフマンが“不満”を爆発

【写真】2023年ルール改訂、アマチュアにも頻出のポイントをチェック

画像ギャラリー

1.後方線上の救済は「線の上」にドロップしなければならなくなった
2.救済後、風でボールが再び池に入ったら「無罰でリプレース」
3.間違ってインプレーでない球をリプレースしてパットした「2罰打→1罰打」
ボールがカート道路上にある場合は疑いの余地がないが、意図的に球を曲げるためにスタンスを変えると足がかかる場合も 写真:AC
ティーイングエリアから見えにくい場所に池がある場合などは判断に迷う 写真:AC
急な傾斜の場所なら一度止まったボールが自然に再度転がり落ちることもあるでしょう(写真はイメージです) 写真:Getty Images
その不満爆発がルール改訂につながった!? 昨年ウェイストマネジメント・フェニックスオープンでのチャーリー・ホフマン 写真:Getty Images
1 2

最新記事