まさかのロフト2度プラス!? ツルさん・ルイゴルフさんの新作ギア選び「パラダイム Ai SMOKE」編

インフルエンサーとして若い世代のゴルファーから絶大な人気を誇るルイゴルフさんが、最新クラブから自分に合ったモデルを探す新連載。サポートしてくれるのはギアに精通したゴルフライターとしてさまざまなゴルフメディアで活躍する鶴原弘高さん。この連載では鶴原さん、ルイゴルフさんがアマチュア目線で最新クラブの選び方を紹介します。

悩みはチーピンが出てしまうこと

 インフルエンサーとして若い世代のゴルファーから絶大な人気を誇るルイゴルフ(大塚塁)さんが、最新クラブから自分に合ったモデルを探す連載企画をお届けします。サポートしてくれるのは、ギアに精通したゴルフライターとしてさまざまなゴルフメディアで活躍する鶴原弘高さん。この連載では、ツルさんこと鶴原さんとルイゴルフさんが、アマチュア目線で最新クラブの選び方を紹介します。

「パラダイム Ai SMOKE」について話す鶴原弘高さん(左)とルイゴルフさん(右)
「パラダイム Ai SMOKE」について話す鶴原弘高さん(左)とルイゴルフさん(右)

【鶴原さん】※以下【ツ】
 さっそくですが、今使っているドライバーは何ですか?

【ルイゴルフさん】※以下【ル】
 キャロウェイの「ローグST MAX D」を使っていたのですが、チーピンが出るようになってしまったので、少し前に「エピック フラッシュ サブゼロ トリプルダイヤモンド」にしました。シャフトは「ツアーAD VF6(S)」です。ロフト9度のヘッドですが調整機能を使って1度立てているので、実際のロフトは8度。ライ角はドローです。

【ツ】ドライバーの悩みは何ですか?

【ル】一番の悩みはチーピンが多くなってしまうことです。飛距離は230ヤードくらいなのですが、一度チーピンが出ると止まらなくなってしまいます。あとは打球が低くて、スピンが少ないことにも困っています。

【ツ】ウオーミングアップを見せてもらうと、ヘッドスピードは45、46メートル/秒くらいあって、ボールスピードも65メートル/秒以上出ています。この数字だと260、270ヤード飛ぶ可能性があります。キャロウェイのドライバーとなじみがあるようなので、今回はキャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを打ってみましょう。

ミスをしても曲がり幅が少ない「Aiスマートフェース」

 そういうわけで、ルイゴルフさんは「パラダイム Ai SMOKE」シリーズのドライバーを試すことになりました。

【ツ】まずは「MAX」から打ってください。

【ル】打感がすごくいい。「エピックのサブゼロ」と比べてフェースが柔らかくて、食いつく感じがあります。

ミスショット時の曲がり幅が少ないことは好印象
ミスショット時の曲がり幅が少ないことは好印象

【ツ】ボールスピードが67メートル/秒出ていたので、かなり飛んでいます。

【ル】これはどういうタイプのヘッドですか?

【ツ】シリーズの中では最もスタンダードなヘッド。クセのない万人向きのヘッドです。ただし「パラダイム Ai SMOKE」はシリーズ全体としてロースピンタイプではあるので、スピン量は2000回転を切っていましたし、打ち出し角も低かったですね。

【ル】ミスヒットしたと思っても、曲がり幅が少なかったですね。

【ツ】それが「Ai SMOKE」の特徴です。Aiスマートフェースの効果によって打点が上下左右にズレたときでも、フェースのたわみが曲がり幅を抑えてくれる設計になっています。

【ル】飛距離も250ヤードを超えていました。

【ツ】気になるのは打ち出し角が11度でスピン量も2000回転より少なかったことです。もっと高さが出れば飛距離は伸びるはずです。

ロフト角を2度プラス!?「MAX D」はつかまりがよく、高さも出る

 鶴原さんから「次は『MAX D』を試してみましょう」と声をかけられたルイゴルフさんは、クラブを持ち換えて、振り抜きました。

【ル】これはヘッドが大きく見えて、やさしい印象です。でも打つとモッサリ感があって、ヘッドが走らない感覚がありました。

自分のスイングに合ったギア調整が大切
自分のスイングに合ったギア調整が大切

【ツ】「MAX D」はドローバイアス設計になっていて、つかまりが良く「MAX」より高さも出ます。スライサー向けのモデルなのですが、思ったほど最高到達点が高くならなかったですね。調整機能を使ってみましょう。

【ル】自分のドライバーだと「マイナス1度のドロー」にしていたのですが。

【ツ】はっきり言うとその調整は真逆です。ルイゴルフさんの弾道だとロフトは2度くらい寝かせても良いでしょう。取りあえず「MAX D」の10.5度をプラス2度にして12.5度にしてみましょう。

【ル】これはかなり良い感じで上がりましたね。あの高さが出ればコースで安心できます。

【ツ】打ち出し角がようやく13、14度くらいになって、スピン量も2000~2200回転になってきました。この設定でもう一度「MAX」も打ってみましょう。

【ル】打ちやすい。振った感覚は「MAX D」よりも「MAX」の方がヘッドがシャープに動いてくれます。「MAX D」は構えたときに大きく見えすぎるのが気になりました。

寛容性も高くなった「トリプルダイヤモンド」

【写真】これが「パラダイム Ai SMOKE」全4機種を“ギア賢人”ツルさんが試打した詳細データです

画像ギャラリー

「パラダイム Ai スモーク MAX」の試打データ
「パラダイム Ai スモーク MAX FAST」の試打データ
「パラダイム Ai スモーク MAX D」の試打データ
「パラダイム Ai スモーク トリプルダイヤモンド」の試打データ
キャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを試打する様子
キャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを試打する様子
キャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを試打する様子
キャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを試打する様子
キャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを試打する様子
キャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを試打する様子
キャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを試打する様子
キャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを試打する様子
キャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを試打する様子
キャロウェイの新作「パラダイム Ai SMOKE」シリーズを試打する様子
「パラダイム Ai SMOKE」シリーズについて話すルイゴルフさん(左)と鶴原弘高さん(右)
ミスショット時の曲がり幅が少ないことは好印象
自分のスイングに合ったギア調整が大切
多くのプロゴルファーが使っているため、難しそうな印象がある「トリプルダイヤモンド」
キャロウェイ「パラダイム Ai SMOKE」シリーズ
「パラダイム Ai SMOKE」について話す鶴原弘高さん(左)とルイゴルフさん(右)
「FlightScope MEVO Range」と「Pro V1 RCT」ボール
1 2 3

最新記事