「肩を水平に回す」は間違い! ダフリやトップを引き起こす「フラットショルダー」の修正方法とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「肩を水平に回す」は間違い! ダフリやトップを引き起こす「フラットショルダー」の修正方法とは?

ゴルフスイングでは「肩を水平に回す」と教わることがあります。しかしその動きは「フラットショルダー」と呼ばれる悪い動きで、様々なミスを引き起こします。そこで、ティーチングプロの小林裕也さんに修正方法を教えてもらいました。

ゴルフスイングで肩は水平に回転しない

「肩を水平に回しなさい」というレッスンを受けたことがあるアマチュアは意外にたくさんいます。しかしこれは、「フラットショルダー」と呼ばれる代表的なスイングエラーです。

両肩は「水平に回る」わけではなく、アドレスで前傾姿勢を取った「斜めの軸」に対して入れ替わる
両肩は「水平に回る」わけではなく、アドレスで前傾姿勢を取った「斜めの軸」に対して入れ替わる

 ゴルフスイングは、前傾姿勢の「斜めの軸」で回転します。バックスイングでは左肩が下がり右肩は上がっていきます。インパクト以降は左肩が上がり右肩が下がっていくものです。

 つまりアドレス時の「斜めの軸」に沿って両肩が入れ替わることで、上半身が伸び上がったり前のめりになったりせずにスイングできるのです。

上半身のスエーとフラットショルダーは同時に起きる

 バックスイングで両肩が平ら(水平)になる「フラットショルダー」では、正面から見ると上半身が大きく動いてしまう「スエー」を引き起こしています。

「フラットショルダー」(写真左)は上半身が大きくブレるため、スイングのバランスを崩す原因になる
「フラットショルダー」(写真左)は上半身が大きくブレるため、スイングのバランスを崩す原因になる

 本来は体の中心に「軸」があるので、スイング中の頭は少ししか動きません。しかし「フラットショルダー」になってしまうと、上半身のブレを止めることが非常に難しくなります。

「体重移動しなさい」といわれて、なぜか上半身が動いてしまうスイングでも「フラットショルダー」が起きているのです。

頭や肩を注意するよりも「お尻の位置」が修正のコツ

 肩を水平に回してしまうスイングエラー「フラットショルダー」を改善するコツは「お尻の位置」です。いくら肩を水平にならないよう意識しても、お尻がボール方向に向かって出てしまえば、必ず上半身は起き上がります。

前傾姿勢を保ちながら両肩が入れ替わるコツは、構えた「お尻の位置」を背面にキープしておくこと
前傾姿勢を保ちながら両肩が入れ替わるコツは、構えた「お尻の位置」を背面にキープしておくこと

 お尻の後ろに壁があるつもりでスイングして、その壁に「つかず離れず」を意識すると両肩が平らではなく「上下に入れ替わる」感覚になります。また、頭や上半身を左右に揺さぶらなくても捻転できると感じるはずです。

 もしダフリやトップが多かったり、正面から見たスイングが気になったらチェックしてみてください。

【指導】小林 祐也(こばやし・ゆうや)

研修生を経てJGTOツアーメンバーになる。現在、「インドアゴルフレンジKz亀戸」レッスンはじめ、女子ツアーでキャディーも務める。

【動画】見事な肩の入れ替え! 吉田優利の“OKバーディー”につけた圧巻ショット実際の映像

この記事の画像一覧へ(3枚)

画像ギャラリー

両肩は「水平に回る」わけではなく、アドレスで前傾姿勢を取った「斜めの軸」に対して入れ替わる
「フラットショルダー」(写真左)は上半身が大きくブレるため、スイングのバランスを崩す原因になる
前傾姿勢を保ちながら両肩が入れ替わるコツは、構えた「お尻の位置」を背面にキープしておくこと
1 2

最新記事