「寄らなくても一発脱出」だけなら練習場で上達できる! バンカーショットの“人工マット”練習法

多くのアマチュアが苦手にしているバンカーショット。練習の機会が少なくコースによって砂の状態がバラバラなため、上達が難しいショットの一つです。そこで、バンカーショットで「一発脱出する」ための条件と人工マットでも習得できる方法を筒康博コーチにレクチャーしてもらいました。

打ち方の良し悪し以前にバンカーショットが難しい「理由」

 セルフプレーでラウンドする多くの人にとって、バンカーは完全なハザードです。トーナメントのようにバンカー内の砂が均一でない場合も多く、慣らしていないカチカチに固まった砂も多々あります。

アマチュアにとって、なかなか練習機会のないバンカーショット。練習場でできる「一発脱出」するための方法を筒コーチが解説
アマチュアにとって、なかなか練習機会のないバンカーショット。練習場でできる「一発脱出」するための方法を筒コーチが解説

 まるでベアグランドのような状態の砂から、「高いアゴをクリアするためフェースを開いてエクスプロージョン」なんてできるはずもありません。結果、入らないに越したことはないハザードになっています。

 それでもスロープレーにならないために一発脱出する必要があり、悪条件バンカーにも対応できる準備をしておく必要があります。

 ほとんどショットでは「アドレスに対してダフらない」ことが求められます。しかしバンカーショットの場合は真逆の対応、砂にクラブが触れないようにアドレスしてボールを直接打たずにダフらなければいけないのです。

 普段のショットで「やってはいけないこと」を意図的に行う必要があるから難しいのです。

直接打たないボール位置を覚えるに「目玉焼き」イメージが必要

 バンカーショットが難しいのは「フェースを開く」「コックを使う」「上から打ち込む」など、「正しい打ち方」がたくさんあるからです。

 確かに「寄せるため」には状況に合わせたテクニックが必要ですが、普段から練習機会が少ないバンカーからの一発脱出には、スイングよりも「バンカー独自のルーティン」に慣れる方が練習効果は大きいと思います。

クラブヘッドを砂の置かないことと直接打たないことに慣れるために、「目玉焼き」の白身ごと打てるようなイメージを持つ
クラブヘッドを砂の置かないことと直接打たないことに慣れるために、「目玉焼き」の白身ごと打てるようなイメージを持つ

 練習場の人工マットでもいいので、まず「クラブヘッドを置かずにアドレスする」ことに慣れましょう。

 砂に触れてしまうペナルティーを恐れるあまり、ボールの位置よりもはるかに高い場所にアドレスする人も多く、ホームランのミスショットを引き起こします。

 インパクトでボールの下にヘッドを潜り込ませる必要があるバンカーショットでは、砂の近くギリギリにアドレスできる方が有利です。「ボールを直接打たないインパクト」を可能にするため、できる限り左足寄りのボール位置に目が慣れることが重要です。

「目玉焼きの白身」ごとインパクトしても、「黄身」であるボールはクラブのロフトと砂の絨毯と一緒に飛んでくれるので、ホームランの心配は限りなく少なくなります。

ボールが上がる角度を得られる「ロフト」と「抵抗」に慣れる

この記事の画像一覧へ(3枚)

画像ギャラリー

アマチュアにとって、なかなか練習機会のないバンカーショット。練習場でできる「一発脱出」するための方法を筒コーチが解説
クラブヘッドを砂の置かないことと直接打たないことに慣れるために、「目玉焼き」の白身ごと打てるようなイメージを持つ
ボールの高さはクラブのロフトに任せる。シャフトを飛球線方向に傾けるほどロフトは小さくなりフェースを開くほど大きくなる
1 2 3

最新記事