フェアウェイとラフの境目に止まったボール…どうやってアプローチすればいいの?

ラウンドをしていると、「この状況からどうやって打てばいいの!?」というシチュエーションに遭遇することがしばしばある。そんな危機的状況から一発脱出する方法は? ツアープレーヤーの小袋秀人プロに解説してもらった。今回はフェアウェイとラフの境目からのアプローチ。

サンドウェッジで打っていいのはヘッドスピードがある人だけ

 キャリーがわずかに足りず、ボールはグリーン手前のエプロンを転がり落ち、フェアウェイとラフの境目に止まった。砲台グリーンなどでよくあるシチュエーションですよね。

 ボールが芝に寄り掛かるように止まった状況は、どうやって打てばいいのか、どのクラブを使っていいのか迷う人は多いと思います。

境目に止まっているなら、ソール幅のあるユーティリティーを使ってアプローチするのが安全で確実

 真っ先に思い浮かぶ打ち方は、サンドウェッジ(SW)を使ってバンカーショットのように打つ方法です。フェースを開き、ボールの下にヘッドを入れてフワっと浮かす打ち方ですが、この方法は芝の抵抗を強く受けるため、ある程度のヘッドスピードとパワーが必要になります。

 また、力のコントロールが難しいショットですから、距離感も出しにくくなります。

安全なのはソール幅の広いユーティリティーで転がし上げる

 今回紹介するのは、ユーティリティー(UT)を使って転がし上げるアプローチです。

 UTはソール幅が広いため、アイアンやウェッジよりも芝の抵抗を抑えることができます。また、ロフトが立っているクラブですから、小さい振り幅でボールを転がすのに適した番手といえるのです。振り幅が小さくなるほど、正確にインパクトしやすくなり、ミスが少なくなるわけです。

砲台グリーンの下からアプロ―チをする時は、転がし上げるのが安全

 ただし、打ち方には多少の工夫が必要です。低い位置からクラブを入れると、UTを使っても芝に引っかかってしまいます。上からクラブを入れるために、アドレスでは左足に体重をかけ、ややオープンスタンスにするのがオススメ。

 左足を引き、両足のツマ先をやや飛球線側に向けて構えましょう。

スタンスなりにバックスイングして“打ったら終わり”のイメージ

 オープンスタンスで構えたら、スタンスなりにクラブを動かすのがポイント。せっかくオープンスタンスに構えても、インサイドにクラブを引いてバックスイングすると、低い位置からクラブが入ってしまいます。

オープンスタンスなりにバックスイングすれば、自然にアウトサイドイン軌道になり、上からクラブを入れられる

 スタンスなりに始動すればアウトサイドイン軌道になって、ダウンブローでボールをとらえることができます。

 スイング中の体重移動にも気をつけましょう。左足体重でアドレスしていても、スイング中に右足に体重が乗ると、すくい打ちになってしまいます。

 また、芝の抵抗に負けずに球をとらえることも大切です。緩まずインパクトするために“打って終わり”のイメージを持ちましょう。インパクトにエネルギーが集中し、ボールを打ち抜くことができます。転がしアプローチの距離感が合いやすくなりますよ。

取材協力・戸塚カントリー倶楽部(神奈川県)

【指導】小袋秀人(こぶくろ・ひでと)

1991年生まれ、神奈川県出身。2011年の朝日杯争奪日本学生ゴルフ選手権、12年の日本アマチュア選手権を制覇。12年にプロ転向。20年の下部ツアーで初優勝。昨シーズンは同ツアーで賞金ランキング9位に入り、2022年前半のレギュラーツアー出場権を獲得。戸塚カントリー俱楽部所属。

境目からのユーティリティーを使ったアプローチを連続写真で見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/03/52A3248-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3250-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3253-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3256-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3259-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3268-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3269-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3271-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3276-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3284-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3218-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3157-1.JPG-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3184-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/52A3232-2-150x150.jpg

最新記事