切り返しで力を入れると飛距離は出ない! ヘッドが加速する左手1本ドリル

飛距離を稼ぐうえで、スイング中のどこで力を入れるのかは大きな問題です。ところが、アマチュアゴルファーの多くは、力を入れるポイントを間違っていることが多いです。今回は川上優大プロにヘッドスピードを効果的に上げるためにはどうしたらいいのかを聞いてみました。

スイングの最下点を過ぎた辺りでヘッドスピードMAXに

 アマチュアゴルファーに多く見られるのは、ダウンスイングの切り返しで力を入れるパターンです。クラブを素早く下ろしたいからだと思われますが、切り返しで腕に力を入れてしまうと、上半身全体にリキみが生まれます。

その状態でクラブを振り続けると体重が右足に残り、結果的にヘッドスピードが上がらず、飛距離は伸びません。

 また、ボールを強く叩こうとインパクトに意識が集中すると、ダウンスイングで上半身が突っ込みます。やはりヘッドスピードが上がらず、飛距離は伸びません。

フォローでクラブを立てるイメージでクラブを振り抜く
フォローでクラブを立てるイメージでクラブを振り抜く

 ボールに最大限の力を伝えるには、どこで力を入れるか考えるよりも、どこでヘッドスピードをMAXにするかを考えるべきです。それが結果的に理想の力の入れ方につながります。

 ヘッドスピードをMAXにするポイントは左足の前、ボールを少し過ぎた辺りです。スイングの最下点を過ぎてクラブヘッドが上がりかけるところでヘッドスピードがグンと加速するイメージを持つと、クラブを素早く振れるようになるだけでなく、力を入れるポイントも自然と理解できます。

 スイングの最下点を過ぎた辺りでヘッドスピードをMAXにするには、クラブヘッドが低い位置を通過することを意識しながら、ダウンスイングで左腰をしっかりと回すことです。

 その際、フォローで左ワキが開いたり、両手が体から離れる動きはNGです。フォローでクラブを立てるつもりで振り抜くとそれらの動きを防ぐことができます。

クラブを逆さにしてボールの左側で音を鳴らす

 フォローでクラブを立てるイメージがわかない人は、次のドリルを行ってみましょう。まず、ドライバーを逆さにしてヘッドに近い部分を左手1本で握ります。右手は左ワキの下を通して中指を真上に向けましょう。左手をホールドした状態でスイングします。

 クラブを振ったときのビュンという音がボール位置よりも左サイドで鳴るようにしましょう。左ワキが開かないこと、左手が体から離れないこと、スムーズなリストターンを行うことがボールの左サイドで音を鳴らすポイントです。

ドライバーを逆さにして左手1本で持ち、右手を左ワキの下に入れたら、ボールの左サイドで音が鳴るようにスイング
ドライバーを逆さにして左手1本で持ち、右手を左ワキの下に入れたら、ボールの左サイドで音が鳴るようにスイング

 ただし、切り返しで左腕に力を入れて右足に体重が残ったり、左ワキが開く、左手が体から離れる人は、いくらスムーズなリストターンを行ってもボールの左サイドで音は鳴りません。

 また、腕だけを振るのではなく、ダウンスイングではしっかりと左腰を回すことも忘れないようにしましょう。

 ボールの左サイドで音が鳴るようになったら、ドライバーを通常どおりに握ってスイングします。ドリルのイメージを残したまま振ると、ヘッドスピードがスイングの最下点を過ぎた辺りでMAXになるだけでなく、フォローからフィニッシュまでの形も簡単につくることができます。

 さらに、フォローから後の動きを意識することで、切り返しで力を入れる必要がなく、グリップもガチガチに握らなくてもいいことも理解できます。ダウンスイングは腕を下ろすことから始めるのではなく、腰が回り、体重が左足に移動してから腕を下ろす順序を理解できれば、自然とヘッドスピードが上がり、力の入れどころも分かります。

取材協力・Golf Brothers(東京都立川市)

【指導】川上優大(かわかみ・ゆうた)

1993年、東京都生まれ。12歳からゴルフを始め、2015年にプロ転向。16年にABEMAツアーの「ひまわりドラゴンカップ」で優勝。21年のファイナルQTで5位に入り、今季はレギュラーツアーを主戦場とする。父が開設したインドアゴルフ練習場『Golf Brothers』で時間があるときはレッスンも行っている。

【解説画像】ヘッドを加速させる左手1本ドリル

画像ギャラリー

ヘッドスピードがMAXになるポイントを意識しながら、フィニッシュまで一気に振り抜く
ヘッドスピードがMAXになるポイントを意識しながら、フィニッシュまで一気に振り抜く
ドリルと同じイメージで普通にドライバーを握ってスイングする
ダウンスイングは腰が回り、体重が左足に移動してから腕を下ろす
ダウンスイングは腰が回り、体重が左足に移動してから腕を下ろす
インパクトを意識し過ぎると、上半身が目標方向に突っ込んでしまうので、ヘッドスピードは上がらない
切り返しで力を入れると、体重が右足に残ったままスイングするので、ヘッドスピードが上がらない
フォローでクラブを立てるイメージでクラブを振り抜く
ドライバーを逆さにして左手1本で持ち、右手を左ワキの下に入れたら、ボールの左サイドで音が鳴るようにスイング

最新記事