ボールのラインを合わせても入る確率が変わらない… 一回試して欲しい第3のパッティング方法とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

ボールのラインを合わせても入る確率が変わらない… 一回試して欲しい第3のパッティング方法とは?

パットの際にボールのラインをターゲットに合わせる人と合わせない人がいます。どちらのタイプにもメリットとデメリットがあります。そこで、どちらのメリット&デメリットも考慮した“第3の方法”を筒康博コーチがコースで試してみました。

ステップ1 ボールからカップまで「真っすぐライン」を作る

 ゴルファーのみなさんはパッティングで「ボールのラインをターゲットに合わせるかどうか?」を何度か試したことがあると思います。

パット時にボールのラインを「合わせる」、「合わせない」人も“第3の方法”ならグリーンの外からでも狙いやすい
パット時にボールのラインを「合わせる」、「合わせない」人も“第3の方法”ならグリーンの外からでも狙いやすい

 ボールのラインを「合わせる」、「合わせない」というどちらの方法を取っても、アマチュアの場合は「入る時は入るし、入らない時は入らない」という結果になることが圧倒的に多いのではないでしょうか。

 さらに、緻密にボールのラインを合わせていると、「プロ気取り」や「ただのスロープレーヤー」といわれかねないので「合わせない」派のゴルファーの方が多い気がします。

タッチや傾斜を読みながら、あえてボールからカップへ「真っすぐなライン」を頭の中にイメージする
タッチや傾斜を読みながら、あえてボールからカップへ「真っすぐなライン」を頭の中にイメージする

 そこで“第3の方法”をコースで試したので紹介します。この方法の最大のメリットはボールのラインを合わせる作業がないのでスロープレーにもならず、「頭の中だけでできる」ところです。

 まず普通にグリーンの傾斜やタッチを想像しながら、ボールからカップまで真っすぐなラインを頭の中に引きます。

 つまり、曲がる場合の「どれぐらいの方向に打ち出すのか?」を決める基準線を先に作ってしまうのです。

ステップ2 実際に曲がるぶんの「打ち出し方向」にセット

 次にストロークの強さに合わせた方向に、架空のラインをイメージします。

ボールからカップまで真っすぐの「基準線」を作ってから、曲がるぶんの「打ち出し方向」を決める
ボールからカップまで真っすぐの「基準線」を作ってから、曲がるぶんの「打ち出し方向」を決める

 実際にボールのラインを合わせるよりも精度は落ちます。ですが、正確にセットアップする必要もなく、ボールのラインに意識を集中することもないので、タッチ(強さ)に専念できるのがメリットです。

 スライス傾斜であれば、「基準線より何センチ左かな」とイメージします。実際には全くラインを引いていませんので、同伴競技者からは普通にプレーしているだけにしか見えないでしょう。

ステップ3 カップインまでの「幅(ゾーン)」で打てる

【4万2900円】いよいよ発売される話題のパター「TRI-BEAM」詳細画像

画像ギャラリー

「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
パット時にボールのラインを「合わせる」、「合わせない」人も“第3の方法”ならグリーンの外からでも狙いやすい
タッチや傾斜を読みながら、あえてボールからカップへ「真っすぐなライン」を頭の中にイメージする
ボールからカップまで真っすぐの「基準線」を作ってから、曲がるぶんの「打ち出し方向」を決める
2本のラインをイメージすることで強さや打ち出し方向に神経質にならず「カップインする幅(ゾーン)」がイメージできる
1 2

最新記事