ボールのラインを合わせても入る確率が変わらない… 一回試して欲しい第3のパッティング方法とは?

パットの際にボールのラインをターゲットに合わせる人と合わせない人がいます。どちらのタイプにもメリットとデメリットがあります。そこで、どちらのメリット&デメリットも考慮した“第3の方法”を筒康博コーチがコースで試してみました。

ステップ3 カップインまでの「幅(ゾーン)」で打てる

 あとは自分のタッチに集中して打つだけです。緻密なラインではないぶん、カップインまでが「帯状」に幅広くイメージできるので、意外にも「カップを大きく使える」効果を実感しました。

 もう一つのメリットは、曲がりと強さのバランスといったグリーンの読みや自分のミスに対する納得感があることです。ラインを合わせて「そのどおり打ったのに」的な気持ちにならず、ミスを引きずらないのも隠れたメリットなのかも知れません。

2本のラインをイメージすることで強さや打ち出し方向に神経質にならず「カップインする幅(ゾーン)」がイメージできる
2本のラインをイメージすることで強さや打ち出し方向に神経質にならず「カップインする幅(ゾーン)」がイメージできる

 ボーリングやビリヤードでも、ボールにラインを引かず「頭の中のビジュアルだけ」で正確にプレーすることが誰でもあります。

 逆に、目に見えているものばかりに頼りすぎてしまい、「ラインを合わせなきゃ入らない」という思考になってしまうよりいいのかも知れません。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

【4万2900円】いよいよ発売される話題のパター「TRI-BEAM」詳細画像

画像ギャラリー

「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#1】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#2】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【6M】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【#7】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
「TRI-BEAM(トライ ビーム)パター」【DOUBLE WIDE CS】
パット時にボールのラインを「合わせる」、「合わせない」人も“第3の方法”ならグリーンの外からでも狙いやすい
タッチや傾斜を読みながら、あえてボールからカップへ「真っすぐなライン」を頭の中にイメージする
ボールからカップまで真っすぐの「基準線」を作ってから、曲がるぶんの「打ち出し方向」を決める
2本のラインをイメージすることで強さや打ち出し方向に神経質にならず「カップインする幅(ゾーン)」がイメージできる
1 2

最新記事