体を洗わず汗だくのまま入浴する不届き者も…今一度考えたいゴルフ場でのお風呂マナー | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

体を洗わず汗だくのまま入浴する不届き者も…今一度考えたいゴルフ場でのお風呂マナー

18ホールをプレーして疲れた体を癒やしてくれるゴルフ場のお風呂。ラウンドを終えてついつい気が抜けてしまいますが、利用する際には最低限守らなければいけないマナーがあります。

基本的には銭湯を利用する際のマナーと同じ

 ラウンド終了後は湯船につかり、同伴者とその日のプレーを振り返りながら会話をするのは楽しいものです。

ラウンド後のお風呂を楽しみにしているゴルファーも多いはず 写真:AC
ラウンド後のお風呂を楽しみにしているゴルファーも多いはず 写真:AC

 湯船につかっているとつい気が抜けてしまうので、ほかの利用者が不快に感じる行動をとってしまうゴルファーも多いようです。ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は、ゴルフ場のお風呂を利用する際のマナーについて以下のように話します。

「まず、ラウンドを終えてロッカーから脱衣所に向かう際はスリッパに履き替えるようにしましょう。人気メーカーのシューズや似たようなものを履いているゴルファーがいた場合、取り違えが起きてしまう可能性がありますし、絶対に盗まれないとも言いきれません」

 飯島氏は湯船につかる際の注意点について以下のように話します。

「基本的には銭湯を利用する際のルールやマナーと同じですが、近年は利用する機会が少ないので、そもそも知らない人も多いです。湯船につかる前に、プレー終了後は汗もかいていますし土や芝が腕や脚に付着している可能性もあるので、必ず体を洗ってから入るようにしましょう」

「また、使用したシャワーの温度は元に戻すようにします。夏は温度を低く設定する人が多いですが、そのままにしてしまうと次に利用する人がびっくりしてしまいます」

 ほかにも「湯船にタオルは入れない」「風呂おけと椅子はきれいにして置き場に戻す」など、次の利用者のことを考えた気遣いが必要です。さらに飯島氏は、周囲を不快にするような大声での会話もマナー違反だと話します。

「同伴者との話がつい盛り上がり、大声で笑いながら会話をしている人を見かけることがありますが、ゴルファーが共有で利用するスペースであることを忘れてはいけません。中にはゆっくり湯船につかりたい人もいるでしょう」

「会話を全くするなとは言いませんが、ほかの人が不快に感じない声量で話すように心がけることが大切です」

アメニティーの持ち帰りは絶対にダメ

バスタオルの持ち出しは犯罪行為です 写真:AC
バスタオルの持ち出しは犯罪行為です 写真:AC

 浴室から出る際はタオルで体を拭いてから脱衣場に戻り、着替えや髪の毛を乾かしていきますが、香水などニオイを発するものを使用する際には注意が必要です。

「ラウンド後に何かしら予定がある人は、香水やヘアワックスをつけることもあると思いますが、ニオイがきついものはなるべく避けるべきです。脱衣場はニオイがこもりやすいので、不快に感じる人がいてもおかしくありません」

「また、ドライヤーや化粧水などのアメニティーを使用した場合は、次の利用者のことも考えて必ず元の位置に戻すよう心がけましょう」

 ゴルファーの中には、まれに備え付けのタオルやアメニティーを大量に持ち帰る人がいるそうですが、ルールやマナー以前に犯罪行為なので、そのような行為は決して許されることではありません。

 ゴルフ場のお風呂は多くの人が共用する施設であることを今一度認識し、他人が不快に感じるような振る舞いを避け、マナーを守って利用するよう心がけたいところです。

【写真】ラウンドの疲れも吹き飛ぶ…天然温泉が自慢のゴルフ場

画像ギャラリー

地下1300メートルから湧き出る天然温泉が楽しめる紫塚GCの大浴場(男湯) 写真:ゴルフ場提供
紫塚GC葛城Cの名物ホール・9番 写真:ゴルフ場提供
湯ヶ島GC&ホテルリゾート温泉「猫越ノ湯(ねっこのゆ)」の露天風呂。日帰り温泉もあり 写真:ゴルフ場提供
湯ヶ島GC&ホテルリゾート。左にある洋館が、クラブハウスとホテル 写真:ゴルフ場提供
三甲GC 榊原温泉Cの露天風呂。歴史ある名湯で冷えた体をじっくり温めよう 写真:ゴルフ場提供
三甲GC 榊原温泉C。プロ野球OB選手がゴルフNo.1の称号をかけて競う「プロ野球OBゴルフ選手権」の開催コース。2021年7月に5回目の大会が催された 写真:ゴルフ場提供
紫塚GCリゾートホテルの宿泊者専用女性浴場 写真:ゴルフ場提供
紫塚GCリゾートホテルの宿泊者専用女性浴場には、贅沢な造りの個室パウダールームを完備。女性に大好評だ 写真:ゴルフ場提供
紫塚GCのヴィラ内メインベッドルーム 写真:ゴルフ場提供
湯ヶ島GC&ホテルリゾート「猫越ノ湯」の大浴場 写真:ゴルフ場提供
湯ヶ島GC&ホテルリゾート「猫越ノ湯」のサウナ 写真:ゴルフ場提供
湯ヶ島GC&ホテルリゾート「猫越ノ湯」の脱衣所 写真:ゴルフ場提供
湯ヶ島GC&ホテルリゾートのデラックスツインルーム 写真:ゴルフ場提供
三甲GC 榊原温泉Cの大浴場(男湯)。長さ10メートル以上の大きな浴槽が特徴 写真:ゴルフ場提供
「フォレストヴィラ榊原温泉」アルブル棟(プレミアムスイート)の露天風呂 写真:ゴルフ場提供
「フォレストヴィラ榊原温泉」アルブルの客室。外に出れば、そこは10番ホール 写真:ゴルフ場提供
喜連川CCのサウナ。ドライサウナで設定温度約80度。10人前後が入れる広さ 写真提供:アコーディア・ゴルフ
セゴビアGC イン チヨダの男性サウナ。ドライサウナで設定温度100度 写真:ゴルフ場提供
セゴビアGC イン チヨダ 写真:ゴルフ場提供
喜連川CC 写真提供:アコーディア・ゴルフ
ロペCのサウナ。ドライサウナで設定温度は約95度 写真:ゴルフ場提供
ロペC 写真:ゴルフ場提供
千葉国際CCのサウナ。ドライサウナで設定温度90度 写真:ゴルフ場提供
千葉国際CC 写真:ゴルフ場提供
朽木GCのサウナ(女性用)。遠赤外線サウナで、設定温度は約90度 写真:ゴルフ場提供
朽木GC 写真:ゴルフ場提供
シャワーを熱湯にする人やアメニティーを持ち帰る人など、マナー以前の行いをするゴルファーがいることは事実
ラウンド後のお風呂を楽しみにしているゴルファーも多いはず 写真:AC
バスタオルの持ち出しは犯罪行為です 写真:AC
鳴尾ゴルフ倶楽部の名物「鳴尾丼」は牛肉を玉子でとじた、いわゆる他人丼
鳴尾ゴルフ倶楽部のシンプルな洋朝食
大阪ゴルフクラブの名物「牛ばら肉のカレーうどん」
間違ってもこんなに食べてはいけません!(写真はイメージです)

最新記事