「ベスト更新といっても白ティーでしょ」はお門違い! アマチュアがバックティーを使う利点とは?

せっかくベストスコアを更新しても「レギュラーティーじゃね」とマウントされたり、「バックティーからプレーするとうまくなるよ」といわれたゴルファーは多いと思います。そもそもレギュラーティーより「後ろからプレー」するメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか、インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博(つつ・やすひろ)ヘッドコーチに話を聞きました。

レギュラーとバックでコースレートは「数打」しか変わらない

 コースの難易度を示すコースレートは、スクラッチプレーヤーが10回ラウンドした平均値を起点にコースの全長や高低差、風や標高、バンカーの配置やレイアウトなど様々な要素を加え算出しているといわれています。

 コースレートが高いほど「難しい」、低いほど「やさしい」ので多くのゴルファーにとっての指標となっています。

レギュラーティーでプレーしているゴルファーがバックティー使用で感じるのは、景色の違いによる心理的なプレッシャー
レギュラーティーでプレーしているゴルファーがバックティー使用で感じるのは、景色の違いによる心理的なプレッシャー

 では、やさしいとわれる「レギュラー」と難しい「バック」や「ブラック」では、コースレートはどれぐらい違うのか確認したことはありますか?

 そもそも「ティーを選べる」のは、ゴルファー個々の飛距離なりにコースを楽しめるためです。

 男子プロより短いコースでプレーする、女子プロの優勝スコアには誰も文句をいいません。なのに、なぜかレディースティーやレギュラーティーでスコアがいいと、周りの男性ゴルファーが「白(赤)からじゃ本当のスコアじゃない」というのはお門違いかも知れません。

 ちなみに一番短いレディースティーと一番長いバックティーで何十打も変わらないことは、「コースレート」が証明しています。

「バックティー=うまい人」という勘違いは申請ルールが原因

 コース全体のプレー進行が遅延しないために、多くのゴルフ場ではバックティーの使用申請が必要になっています。

 このことが「飛ばし屋でうまいゴルファー」が使うティーという勘違いを生み出しているという話もよく聞きます。

カートからの動線から逸れた場所にあるバックティーを使用する場合、「スムーズなプレー進行」を確保するためハンディキャップ申請が必要なゴルフ場が多い
カートからの動線から逸れた場所にあるバックティーを使用する場合、「スムーズなプレー進行」を確保するためハンディキャップ申請が必要なゴルフ場が多い

 ゴルフ場としてはスロープレーしなければ誰が使用してもいいのですが、ラウンド前に「スロープレーするかしないか」を調べる有効な手段がないため、「とりあえずハンディキャップ」といっているだけです。

 バックティーの使用申請することで、「スロープレーしない」と宣言したことにもなります。事実、プレー後にスコアを提出してハンディキャップ以内じゃなかったからといって、出入り禁止になったゴルファーはいないはずです。もし出入り禁止になったゴルファーがいるのなら、それは「遅い」か「迷惑」だっただけでしょう。

「月例がバックティーだから」「試合と同じティーで」など、普段のプレーでも試合が基準のゴルファーでない限り、バックティー使用はマストではないのです。

 コース全長が短くても、狭くて難しいコースはたくさんありますし、物足りないほど簡単に感じるならベストスコアを大幅に更新すればいいのです。

通い慣れたコースであれば「たまにバックティー」もあり

【写真】バックティーから飛ばせ!? 最新売れ筋ドライバーランキング

画像ギャラリー

2023年10月の売れ筋ドライバー第1位 G430 MAX ドライバー(ピンゴルフジャパン) 有賀園ゴルフ調べ
2023年10月の売れ筋ドライバー第2位 B2 HTドライバー(ブリヂストンゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年10月の売れ筋ドライバー第3位 B1 STドライバー(ブリヂストンゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年10月の売れ筋ドライバー第4位 RMX VD/X ドライバー(ヤマハ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年10月の売れ筋ドライバー第5位 RMX VD/M ドライバー(ヤマハ) 有賀園ゴルフ調べ
レギュラーティーでプレーしているゴルファーがバックティー使用で感じるのは、景色の違いによる心理的なプレッシャー
カートからの動線から逸れた場所にあるバックティーを使用する場合、「スムーズなプレー進行」を確保するためハンディキャップ申請が必要なゴルフ場が多い
前後のプレー進行に迷惑がかからないなら「バックティー」の使用ができるゴルフ場もある
怒られてしまう可能性がある立ち位置はココ!飛球線後方に立つのはマナー違反です
ショットをしようとしているゴルファーの邪魔にならない理想的な立ち位置はここ
1 2

最新記事