“駅前”のインドア練習場が全盛だけど…わざわざ郊外まで行って大型練習場で球を打つメリットって何? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

“駅前”のインドア練習場が全盛だけど…わざわざ郊外まで行って大型練習場で球を打つメリットって何?

都心から少ししか離れていないにも関わらず、250~300ヤードもあるような広大な敷地を持つゴルフ練習場がいくつもあります。では、大型練習場にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

広いほうが飛距離も伸びるし曲がりも少なくなる?

 ゴルフ練習場には、住宅地にあるような小規模なものから郊外によく見られる大型の練習場、さらには最新の測定機能を有するシミュレータータイプのものまでさまざまな種類が存在します。

広々して距離が長い練習場のほうが気持ちよく飛ばせますが、上達にもいいのでしょうか?
広々して距離が長い練習場のほうが気持ちよく飛ばせますが、上達にもいいのでしょうか?

 都心から近いところでは200ヤードもあれば大きいほうといえるかもしれませんが、少し郊外に足を伸ばすと距離が250~300ヤード、打席数も200~300もあるようなかなり規模の大きい練習場はたくさんあります。

 大型の練習場は「駅から遠い」など移動が面倒なケースも多いですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。レッスンプロの山本昌夫氏は以下のように話します。

「大きな練習場で練習すればするほど、飛距離の向上を期待できるのが最大のメリットだと思います。小さな練習場では、どちらかというとスイングづくりに重点を置いて打つようになります。確かにスイングの正確性を求めることも大切ではありますが、ビギナーにとっては飛距離を段々と長くしていくことも非常に大事です」

「広い練習場に行くと、ヤード数が書いてある看板やネットに取り付けられた的など目標物もたくさんあるので、無意識のうちに『あそこまで飛ばしてやるんだ!』と思うようになります。そして、スイングのパワーが増大するとともに体も次第に温まってくるので、より遠くまで飛ばしやすくなります。実際は目標物に届かなくても構わないので、とにかく『思いっきり飛ばしたい』という気持ちを高められるのが大型練習場の魅力の一つではないかと考えます」

「最近増えている室内練習場や『シミュレーションゴルフ』と呼ばれるものは、打たれたボールのスピードなどをもとに推定飛距離が表示されることがありますが、本当にそのくらい飛んだのか実感が湧かない人も多いのではないでしょうか。その点、広い打ちっ放しなら自分の打ったボールがどのあたりまで飛んだか目視できるので、確信を持って練習を進めることができます」

曲がり幅が大きいうちはスライサーは右打席、フッカーは左打席

 また、飛距離を出そうとすると左右に曲がってしまいがちな人にはオススメの打席の選び方があると山本氏は話します。

「大型練習場に限った話ではありませんが、スライスしてしまう人は右端、反対にフックしやすい人は左端の打席を利用すると良いでしょう。なぜかというと、右に逸れるボールを打ちがちな場合は右側に、対して左に逸れるボールを打ちがちな場合は左側にネットがあると嫌でもそれを回避しようとするからです」

 ある程度腕前が上がってくると、左に曲がるドローボールの人は右打席を、右に曲がるフェードボールの人は左打席を嫌がるようになりますが、まだまだ曲がり幅が大きいうちは、上記の打席選びのほうが練習効果が上がるようです。

「自分がどのくらいスライス、またはフックするのかが気になって曲がる方向とは反対側の打席を選ぶ人も多いはずですが、わざわざそれを確認するだけのために1球当たり10~20円を払うのはもったいないと思います」

 上級者は弾道が多少曲がっていたとしてもスイングをすぐに修正して再び真っすぐに打つことが可能ですが、ビギナーはクラブを振ることだけで精一杯になってしまうので、スライスやフックの改善まではなかなか手が回りません。

 練習場で少しでも修正できたほうが、実際のラウンドでOBを連発したり打ち込みになる可能性は低くなります。ビギナーはコース上で周りに迷惑をかけないためにも、無計画にボールを打ち続けるより、1球1球をしっかり弾道の改善に充てましょう。

 大型の練習場には、開放的でボールを遠くまで飛ばせて爽快感があったり、打席数が多いので待ち時間も少なかったりと、さまざまなメリットが挙げられます。さらに「球があまり飛ばない」「ドライバーがよく曲がってしまう」といった悩みも解消できそうです。

【写真】意外と分かってない? 同伴者が打つとき「立っていい場所」「ダメな場所」

画像ギャラリー

怒られてしまう可能性がある立ち位置はココ!飛球線後方に立つのはマナー違反です
ショットをしようとしているゴルファーの邪魔にならない立ち位置に
ラインを踏む可能性があると思う時は「ここを踏んでも大丈夫ですか?」と同伴競技者に確認しよう
広々して距離が長い練習場のほうが気持ちよく飛ばせますが、上達にもいいのでしょうか?

最新記事