クラブは磨いてもキャディーバッグは買ってから一度も掃除してない…プロに聞いたお手入れテクニック | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

クラブは磨いてもキャディーバッグは買ってから一度も掃除してない…プロに聞いたお手入れテクニック

クラブをはじめとした用具をきれいな状態に保つことはあっても、キャディーバッグも常に掃除する人はあまりいないかもしれません。キャディーバッグはどのように手入れすればよいのでしょうか。

バッグをひっくり返せば予想外のものが出てくる?

 クラブのフェース面に土や砂が詰まっているとボールのスピン量に大きく関わるほか、グリップのゴムも劣化しているとスイングに悪影響を及ぼしてしまいます。

暗くてよく見えないキャディーバッグの奥にはいろんなものが落ちているかも 写真:AC
暗くてよく見えないキャディーバッグの奥にはいろんなものが落ちているかも 写真:AC

 このようなプレーで直接使用する用具はメンテナンスを行う機会があっても、キャディーバッグまで汚れを取り除くなど手入れをしている人は多くないかもしれません。

 では、キャディーバッグはどのように手入れをするのがベストなのでしょうか。レッスンプロの山本昌夫氏は次のように話します。

「雨の日にラウンドした後は特に内部に湿気が溜まりやすくなり、さらにカバーをかけたりすると空気の通りが悪くなるので、そのままにしておくといずれバッグにカビが生えてきたり、スチールシャフトのサビの原因になることも考えられます。そのため、帰宅後にはクラブをはじめポケットに入っている小物類も全部出してバッグを逆さまにし、陰干しして乾燥させることをオススメします。また、ラウンド中は準備や片づけを速やかにしなければならないので、誤ってティーやボールマーカーのような小物をクラブをしまうところに落とすこともあります」

「深いので普通に腕を突っ込んでも取れませんが、逆さまにすると結構いろいろなものが出てきます。クラブを出し入れしている最中に混入したとされる芝のかすや土、落ちてきた木の葉、宅配便でバッグを運ぶ際に衝撃や傷からクラブを保護するためのクッション材が出てくることもあります。キャディーバッグは軽いに越したことはないので、定期的にポケットの中を全部出したり、ひっくり返して底の部分を確認するなりして、不必要なものを処分するようにしましょう」

「一方で、外側については頻繁に掃除や手入れをする必要はないと思います。土などのちょっとした汚れなら濡れたタオルで軽く水拭きしてあげれば取れるでしょう」

 普段からキャディーバッグの中を入念にチェックする人はあまりいないでしょう。もしかすると、ずっと探していて見つからなかったものが出てくるかもしれません。

もっときれいにしたければ材質ごとに適切なクリーニングを

 では、もっと徹底的に手入れを施したい際はどのようにすれば清潔感のある美しいバッグによみがえらせることができるのでしょうか。

 まず、外側は材質によって適切なメンテナンス方法が変わってきます。エナメル質は傷や汚れに非常に強い特徴を持ち耐久性にも優れている一方で、長時間日光や水にさらされるとやがて変色やひび割れを起こすことが考えられます。そのような劣化を防ぐためには、1カ月に1回程度の頻度でエナメル質専用のクリームを塗ると効果的です。

 次に、合成皮革やナイロンは安価でありながら丈夫さを兼ね備えた素材ですが、汚れがひどくなると水拭きだけでは落ちにくくなるため、水で薄めた中性洗剤をタオルにしみ込ませて拭き取りましょう。また、合成皮革は時間が経過するにつれてはっ水効果が低下しやすく、水の弾きにくさを感じたらはっ水スプレーを吹きかけると長持ちします。

 そして、天然皮革は比較的値段が高めで表面は使い込んでいくうちに色が変わり「エイジング」として深みを出している人も多いです。ただし、天然素材であることから特に手入れはしっかりとしなければならず、オイルを塗って保湿をし、ひび割れやカビの発生を防ぎます。

 内側は簡単に掃除をすることが難しいと思われがちですが、クラブのグリップ部分にタオルを巻きつけて擦るように動かせば、ある程度の汚れはすぐに取り除くことができます。

 キャディーバッグが多少汚れていたとしてもスコアには直接影響しないため、普段から手入れを頻繁にする人は多くないかもしれません。しかし、時には表面を磨いてあげたりポケットの中を整理したりすれば、よりスマートな印象を持たれるようにもなるでしょう。年末の大掃除のついでに、キャディーバッグもきれいにしてみてはいかがでしょうか。

【写真】100均でそろう! ゴルフシューズのお掃除テクニック

画像ギャラリー

アルカリ電解水、マイクロファイバーか布切れ、食器用洗剤、歯ブラシ、メラミンスポンジと、ほぼ100均でそろうものばかり
アウトソールは歯ブラシで細かい部分に入り込んだ汚れをかき出す
ミッドソールはメラミンスポンジで磨く
アッパーは合皮などの場合はアルカリ天然水を、天然皮革は専用クリーナーを使い、マイクロファイバーなどで磨く
暗くてよく見えないキャディーバッグの奥にはいろんなものが落ちているかも 写真:AC

最新記事