コース管理の皆さんに感謝! グリーンの「カップ位置」が毎日変わるのには納得の理由がいくつもあった | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

コース管理の皆さんに感謝! グリーンの「カップ位置」が毎日変わるのには納得の理由がいくつもあった

ゴルフ場の営業が終了した後、グリーンのカップは新しい位置に変えられています。では、なぜ毎日変える必要性があるのでしょうか。

カップの擦り切れ防止が一番の理由

 グリーンに設けられたカップは、各ホールのゴール地点として非常に重要な役割を持っています。ラウンドに頻繁に行く人には「行きつけのコース」を持っている場合も多いですが、同じゴルフ場で複数回プレーしていると、カップの位置がいつも変わっていることに気づくでしょう。

コース管理の皆さんが毎日のようにカップを切り直す作業をしています
コース管理の皆さんが毎日のようにカップを切り直す作業をしています

 では、どのような目的からカップの位置を毎日変えるのでしょう。ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は以下のように話します。

「カップの『擦り切れ』を防止するのが、位置を度々変える一番の理由です。グリーン上では全員がカップをめがけてボールを打ち、最終的にカップインしたボールを拾いに行きます。グリーンはゴルフ場にある芝の中で最も短く刈り込まれているため、圧力や衝撃にめっぽう弱い特徴があります。

 カップの位置がずっと同じだと、特定の場所が集中的に踏まれ続けるため、周りの芝だけがボロボロになってしまいます。ですから、カップを切る場所は営業終了後に毎日変えて芝にかかるストレスを分散し、局所的に病気になったり劣化しないようにしているのです」

 また、既に一部が病気にかかっていることが確認された際には補修が必要となるので、修理箇所から遠く離れたところにカップを切って、ゴルファーがあまり近づかないようにするケースも存在するようです。

 飯島氏は、グリーンの保護以外にも、カップの位置を毎回変える理由があると話します。

「カップの内側は、一番上の部分から1インチほどの深さまで、地中の層がむき出しになっていることが多いです。この状態だと土中の水分が露出しているところから蒸発して乾燥し、カップの輪郭がぼやけて形がキレイでなくなってしまいます。各ホールの最後の1打を決める場所として相応しい、見栄えの良さを保つことも、カップの位置を変える2つ目の理由になっています」

 あえて上部から1インチのところまで土をむき出しにしている理由は、トーナメントを行う際に遠くからでもカップの場所が分かるように白いペンキなどで着色するためです。

 しかし、通常営業時は、作業に時間がかかることに加えて、次のローテーションで埋め戻すときにペンキの一部がはみ出て跡になる可能性もあるため、着色は行わないことが多いようです。

基本的には決まった位置を順にローテーションさせる

 では、カップを設ける位置の変更は何か計画立てて行われるものなのでしょうか。飯島氏は以下のように話します。

「一般的には、グリーン上であらかじめカップを切る位置を4~6カ所程度決めておき、毎日ローテーションで変えています。しかし、雨が降ると予想される日に、低い位置にカップを切ってしまうと雨水が流れ込んでしまうため、そのグリーンで最も高いところに設定し、表面排水の影響を受けないように配慮します。そのため、雨の日のパッティングは傾斜を転がし上げなければならず、通常よりも難易度が増すとされています」

 グリーンやカップの保護だけでなく、難易度の調節を目的にカップを切る場合もあります。例えば、ティーイングエリアの位置を前にしてホールの距離を短くする代わりに、カップ位置は傾斜の強い攻略しにくい場所に切り、ゲーム性を高める工夫をすることもあるようです。

 ちなみに、カップを切る際には「ホールカッター」と呼ばれる専用の器具が用いられます。T字になっているハンドルを回しながら押し込むと、グリーンの上部が切り取れる構造になっています。新しいカップを切り、切り取った土と芝を前回のカップ位置に埋め戻して整地するのがローテーションの大まかな流れです。
 
 ホールカッターは、垂直に押し込まないとカップが斜めになってしまい、さらに元のカップは跡形もないようにきれいに均さないとボールの転がりにも影響が出てしまいます。熟練した技を持っていないとできない仕事でもあるのです。

 グリーンの芝は非常に繊細で、ちょっとしたことでもすぐに傷みが発生してしまいます。カップの位置を変えるのは、ゴルフに戦略性を与えるだけでなく、グリーンに相応しい絨毯のような美しさを守るためになくてはならない作業なのです。

【写真19枚】18ホール毎日だから結構な手間…これがカップを切り直す作業の実際です

画像ギャラリー

まず「ホールカッター」という先端が筒状の器具を新しくカップを切る箇所に垂直に入れて芝と根っ子の深さまで切る
まず「ホールカッター」という先端が筒状の器具を新しくカップを切る箇所に垂直に入れて芝と根っ子の深さまで切る
切った部分をバケツに入れておく
次にホールカップと同じ深さまでカッターを入れて土を取り除く
現在カップが切られている箇所からホールカップを引き抜く
引き抜いたホールカップを先ほど新しく切ったホールに設置する
引き抜いたホールカップを先ほど新しく切ったホールに設置する
新しいホールカップにピンを立てる
新しいホールカップにピンを立てる
古いほうのホールに新しいホールから引き抜いた土を埋め戻す
新しいホールから取り除いた芝と根っ子の部分の断面を整える
古いホールの土の量を調整する
新しいホールから取り除いた芝と根っ子を古いホールに埋め戻す
丸く残った継ぎ目を整え、見えづらくして出来上がり
丸く残った継ぎ目を整え、見えづらくして出来上がり
丸く残った継ぎ目を整え、見えづらくして出来上がり
丸く残った継ぎ目を整え、見えづらくして出来上がり
丸く残った継ぎ目を整え、見えづらくして出来上がり
丸く残った継ぎ目を整え、見えづらくして出来上がり

最新記事