これからゴルフを始めるビギナーです! →レッスンは「個別」or「グループ」どちらを選べばいいの?

上達のためにとレッスンに通うことを検討している場合、中には「グループ」と「個別」のどちらにすべきか迷っている人もいるでしょう。自分に合ったレッスンを受けるためにも、それぞれの特徴を知っておくことが大切です。

ビギナーであればグループレッスンがオススメ

 一般的にゴルフレッスンは「グループ」と「個別」の2つに分けられます。しかし、これから本格的にゴルフを始めようとしているビギナーであれば、「どちらを選べばいいの?」「どのような違いがあるの?」と疑問に思うはず。

 それぞれの特徴や違いについて、自身が運営するWEBサイト「プロだけが知っているゴルフ上達への道」でゴルフ知識を紹介している、レッスンプロの川端いっせい氏に話を聞きました。

グループレッスンのほうがいろいろな気づきを得られる? 写真:AC
グループレッスンのほうがいろいろな気づきを得られる? 写真:AC

「グループレッスンは数人の受講生が同時にレッスンプロから指導を受けるのが特徴です。料金も比較的安く抑えられており、さまざまな課題を持っている仲間と一緒にレッスンを受けられます」

「受講生1人にかけられる時間は限られますが、教わったことを反復して練習する時間も取りやすく、ゆっくりとゴルフの基礎を覚えられます。また、グループレッスンを受けることで他の受講生のスイングも観察できるため、いろいろな気づきを得られる可能性があります」

 また、周囲にゴルフをしている人がおらず、孤独を感じている人も少なくありません。そんな人はグループレッスンを受けることで他の受講生とも自然に距離が縮まるので、ゴルフ仲間を作るいい機会にもなるでしょう。

 一方、個別レッスンの特徴について川端氏は次のように説明します。

「個別レッスンは、その名の通りマンツーマンでレッスンプロから指導を受けられるものです。料金設定はグループレッスンに比べて高めの傾向ですが、そのぶん密にコミュニケーションが取れるため、自分が思っていることや悩み、分からないことはすぐに相談できるのがメリットと言えます」

 両者を比較した場合、「マンツーマンで教えてくれる個別レッスンのほうが上達が早いのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし川端氏は「ビギナーはグループレッスンがオススメです」と言い、以下のように話を続けます。

「個別レッスンは密にコミュニケーションを取りながら進めることができますが、一方でレッスンを受ける側にもゴルフに対するかなりの知識と理解力が必要になります。個別レッスンはゴルフの知識も豊富で自分のスイングがある程度理解できている人には有効ですが、そうでなければ効果に大きな差は感じないでしょう」

他の受講生の存在がモチベーションアップにも

他の受講生のスイングを見るだけでもビギナーは勉強になる 写真:AC
他の受講生のスイングを見るだけでもビギナーは勉強になる 写真:AC

 さらに川端氏は、ビギナーがグループレッスンを受けることで得られるメリットについて、次のように話します。

「グループレッスンは料金が安価ですし、他の人たちのスイングを見られるのはビギナーにとって大きなメリットです。私のスクールではグループレッスンの料金は個別レッスンの半額以下ですし、ゴルフの上達を目的としている他の受講生の存在は、モチベーションの維持や課題克服へのいい刺激にもなるはずです」

 ゴルフレッスンは効率良く短期間で上達を目指すうえで必要不可欠。中でもこれからゴルフを本格的に始めようとしているビギナーであれば、まずはグループレッスンを受けて他の受講生と切磋琢磨(せっさたくま)しながら上達を目指すのが良さそうです。

 もちろん、上達のためにはレッスンプロとの相性や通いやすい立地も重要です。これらの条件を考慮しながら、気になったところの体験会に参加してみたりして、自分に合ったレッスンを見つけてみてください。

【写真解説】ビシッと伸びた左腕! フォローが決まる片手打ち練習のやり方

画像ギャラリー

右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
フォローで左ヒジが引けてしまう「チキンウィング」はボールがつかまらず飛距離をロスする原因。キレイに腕が伸びるフォローを目指そう
フォローのヘッドの向きに注目。トゥが上を向いていれば、左腕をターンさせながらスイングできた証拠。フェースが上を向いている場合はチキンウィングになっている
グループレッスンのほうがいろいろな気づきを得られる? 写真:AC
他の受講生のスイングを見るだけでもビギナーは勉強になる 写真:AC

最新記事