「キャディーバッグの中に放置」は厳禁! 夏のゴルフに向け、清潔なグローブを維持する方法

ゴルフクラブの寿命や手入れの仕方は多くの人が気になるのに対し、グローブについては「どうやって手入れすべきか」といった点までは知らない人も多いでしょう。

洗濯機には入れず、手洗いをするのがベスト

 グローブは、ゴルフを始める時にまず用意すべきものの一つ。ラウンドはもちろん練習においても必要になります。ほとんどの人が使うグローブですが、手入れの仕方などは詳しく知らないという人もいるのではないでしょうか。

汗をかいてもそのままキャディーバッグの中に放置している人も多い 写真:AC
汗をかいてもそのままキャディーバッグの中に放置している人も多い 写真:AC

 グローブの手入れ方法について、レッスンプロの関浩太郎氏は以下のように話します。

「グローブを使用した後にそのままキャディーバッグの中に入れ、放置してしまうゴルファーが非常に多いです。皮脂や手汗がついたグローブをほったらかしにするのは非常に不潔。加えて汚れが蓄積されるとグリップ性能が急激に低下する恐れがあります。そうなると、素手の状態でクラブを持っているのとあまり変わらなくなってしまうので、定期的に洗濯をして本来持つべき性能を保てるようにしなければなりません」

 洗濯の仕方や頻度については以下のように話します。

「天然皮革で作られたものは性質上、洗濯はオススメできませんが、それ以外の『全天候型』と呼ばれる合成皮革や人工皮革のものは洗って汚れを落とすことが可能です。毎回洗濯する必要はありませんが、練習やラウンドを2~3回するごとに1回洗えば清潔で、なおかつグリップ力も維持されます」

「パッケージに「合成皮革」や「人工皮革」と書かれているグローブは、30~35度くらいのぬるま湯で手洗いをするのがベストな方法です。汚れがひどい場合は中性洗剤を含ませると簡単に落とせます」

「洗濯機に入れるのは望ましくないでしょう。激しい水流で水温も低いため、生地の傷みが速くなってしまう可能性があります。さらに、色が濃いグローブは特に色移りしやすいとも言われ、他のものと一緒に洗濯するのは避けた方がいいです。洗い終わったグローブは、直射日光の当たる場所で干すと必要以上に乾燥して感触が固くなってしまうため、風通しの良い場所で陰干しをするといいでしょう」

 天然皮革の場合は水に濡れると滑りやすくなることから、手洗いを含めて洗濯はせず、乾いたタオルで水分をふき取って同じく陰干しすると良いとされます。

グローブの新たな素材「ナノテクノロジー」がオススメ

 では、グローブに関する知っておいた方が良いことは、ほかにどのようなものが挙げられるのでしょうか。

「最近では、グローブの新たな素材として『ナノテクノロジー』を取り入れていますが、これらは天然皮革と同等程度の薄さや柔らかさを持ちながら、グリップ性能や耐久性が飛躍的に向上しているので『素手に近い感覚で破れにくい』という特徴があります。そのため、今までのグローブよりも長い期間使用できる点でオススメです」

 グローブはグリップをつかむ力を強め、摩擦から手を保護してくれる大切なものです。保管方法によっては劣化を速めてしまうため、上記の手入れ方法を取り入れて良い状態を保つようにしましょう。

【図解】意外と簡単!? “DIY”でグリップ交換するときの基本的な手順

画像ギャラリー

新品のグリップを用意する 写真:AC
基本的にゴルフショップ等で買ってくるものは、新しいグリップ、下巻きテープ(両面テープ)、溶剤 写真:AC
劣化したグリップをシャフトを傷つけないようにしながら、カッターなどで取り除く 写真:AC
劣化したグリップをシャフトを傷つけないようにしながら、カッターなどで取り除く 写真:AC
溶剤を吹き付けて貼ってあった下巻きテープをきれいに拭き取る 写真:AC
新しい下巻きテープをグリップの幅に巻き付ける。らせん状にせず、縦に2本被せるなどの簡便な方法でも良い 写真:AC
グリップエンド部分に水滴などが入り込むとサビの原因になるので、下巻きテープでしっかりフタをする 写真:AC
粘着面を露出させた下巻きテープに溶剤を吹き付ける 写真:AC
グリップの内側にも溶剤を吹き付けるとグリップが入りやすい
シャフト部分を傷がつかないように固定して、グリップを一気に押し込む
溶剤が乾かないうちにグリップの向きなどを調整する。風通しの良い場所で半日ほど放置して完全に定着させる
汗をかいてもそのままキャディーバッグの中に放置している人も多い 写真:AC

最新記事