踏むのは絶対ダメだけど… パッティングのとき同伴者のラインを「またぐ」のはセーフなの?

グリーン上を移動する際、同伴者のパッティングのラインを踏むのは明らかなマナー違反ですが、またぐのは大丈夫なのでしょうか。

ロングパットの際は「予期せぬライン」で踏んでしまう可能性も

 パッティングはスコアが決まる重要な局面であり、グリーンの芝が繊細に作られていることもあって、さまざまなルールやマナーがあります。

ラインを読む菅沼菜々 写真:Getty Images
ラインを読む菅沼菜々 写真:Getty Images

 なかでも注意したいのが、カップインまでのボールの軌道をイメージした「ライン」にまつわるものです。グリーン上を移動するときは、同伴プレーヤーのラインを踏まないように気を付ける必要があります。

 では、同伴者のラインの向こう側へ行きたい場合は、またいで歩いてもいいのでしょうか。レッスンプロの関浩太郎氏は以下のように見解を述べます。

「『絶対に禁止されている行為』というわけではありません。ただし、一つ注意点として覚えておいてほしいのが、『距離があるパッティングの場合、ラインは必ずしも真っすぐとは限らない』ということです」

「短いパットであれば傾斜や起伏を考慮する必要はあまりないため、ラインもほとんど直線といっていいでしょう。一方で、数メートルもある長めのパットを同伴者が打とうとしている場合は、傾斜や起伏を加味する必要が生じます。ラインも、大きく緩やかにカーブを描いている可能性があります」

「ストレートラインだと勝手に決めつけてまたごうとしたら実際はスライスやフックで、相手が打とうとしていた場合、膨らんだ弧の部分に足がかかってしまう恐れがあります」

「とくにビギナーは自分のパットで精いっぱいなので、他人のラインがどうなるかまでは読みきれないと思います。多少遠回りになっても同伴者のラインを踏んでしまうリスクを回避するためには、またいで渡らないほうが無難でしょう」

自分のラインを踏んでしまうことにも注意

 自分がパッティングをする際に、相手のラインに足がかかりそうになったときは、どのようなことに注意すべきなのでしょうか。関氏は以下のように話します。

「ワングリップ程度しか距離が残っていないのであれば、同伴者のラインもカップに向かって集中しているので、踏んでしまいそうになる状況もあるかもしれません。自分のものはもちろんですが相手のラインを踏むのは言語道断なので、少し足を大きめに広げて打つことになるでしょう。しかし正しい構え方ではなくなるので、ミスをする恐れも増します」

 相手のラインを踏むことは、途中の芝目が変わるなどして不利な立場にさせてしまう恐れがあります。「お先に」パットで同伴プレーヤーのラインを踏んでしまいそうなら、マークして自分の順番を待つのが無難でしょう。

【写真】意外と分かってない? 同伴者が打つとき「立っていい場所」「ダメな場所」

画像ギャラリー

怒られてしまう可能性がある立ち位置はココ!飛球線後方に立つのはマナー違反です
ショットをしようとしているゴルファーの邪魔にならない理想的な立ち位置はここ
ラインを踏む可能性があると思う時は「ここを踏んでも大丈夫ですか?」と同伴競技者に確認しよう
ラインを読む菅沼菜々 写真:Getty Images

最新記事