何となくで選ぶのはご法度? 消耗品だからこそベストなものを… グローブこそ試着が絶対必要なワケ

ゴルフ用品の中でもグローブは比較的安価な値段で売られているため、ゴルファーによってはあまり深く考えずに購入している人もいるかもしれません。とはいえ、グローブはクラブと体をつなぐ唯一の接点でもあるため、正しい選び方や扱い方を理解しておくことが大切です。

「サイズ」といっても大きさはメーカーによってまちまち

 クラブと体をつなぐ唯一の接点でもあるグローブ。スイング時にクラブが滑らないようにするだけでなく、手を保護する役割などゴルフにおいては重要なアイテムの一つですが、当然自分に合ったものを選べるかどうかでスコアにも大きく影響を与えます。

 では、グローブを選ぶ際はどのようなことを意識すればいいのでしょうか。池袋ゴルフアカデミー代表でレッスンプロの村井良行氏に話を聞きました。

適切なグローブ選びがショットの出来を左右する? 写真:AC
適切なグローブ選びがショットの出来を左右する? 写真:AC

「グローブを選ぶうえで最も大切なのは『自分にぴったり合ったサイズを選ぶこと』です。大きすぎると遊びができてしまい、グローブの中で手がズレてしまいます。逆に小さすぎてしまうと指の曲げ伸ばしが難しくなり、グリップが握りにくくなるだけでなく手を痛めることになってしまいます」

「ビギナーがグローブ選びでよくある失敗は『試着しないで買ったらサイズ感が合っていなかった』というものです。サイズといってもメーカーによって若干異なりますし『手の厚み』『指の太さや長さ』などは人それぞれ違います」

「グローブを装着したときのフィット感も『どこまでピッタリか』『どこまで余裕を持たすか』といったものは個人の好みにも左右されるため、買う前に必ず試着をするようにしてください」

 また、グローブの素材には大きく分けると「天然皮革」「合成皮革」の2種類がありますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。村井氏は次のように話します。

「天然皮革は素材の薄さと柔らかさが特徴で、抜群のグリップ力とフィット感があります。とはいえ、合成皮革に比べて耐久性やコストパフォーマンスの面で劣るのがデメリット。一方、合成皮革は柔軟性こそやや劣るものの、コストパフォーマンスの良さや耐久性の強さが特徴といえるでしょう」

「では、どちらがオススメかというと合成皮革のグローブです。天然皮革は数回利用しただけで使えなくなってしまうことも多いため、価格も安く性能もそれなりに高い合成皮革を使っているプレーヤーがほとんどでしょう」

 ゴルフ場や練習場を訪れると、まれに両手にグローブを付けているゴルファーを見かけますが、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

「日焼けをしたくない人や握力に自信のない方はグローブを両方つけるのがオススメです。そうすることで片手だけ不自然に日焼けすることを防げますし、握力が弱くてもクラブをしっかりと握れてショットが安定しやすくなります」

破けたグローブは必ず交換を

この程度の穴でも交換すべきです 写真:AC
この程度の穴でも交換すべきです 写真:AC

 さらに村井氏は「グローブは消耗品なので定期的に交換する必要がある」と言い、次のように話を続けます。

「交換の目安は人によって異なるものの、グローブが破けたら必ず新しいものを買うべきです。破けたグローブをそのまま使っているとクラブをしっかり握れなくなり、ショットの精度も低くなってしまいます」

「そして、ラウンド時はグローブを複数枚用意しておくといいでしょう。ショットの際はインパクトの瞬間に大きな力がかかるため、ラウンド中にグローブが破けることも珍しくありません。汗や雨で濡れてしまった際も、グローブを交換できれば清潔かつ快適な状態でプレーを続けることができます」

 自分のベストなパフォーマンスを発揮するためにも、適切なグローブ選択は必須であると言えるでしょう。また、グローブは消耗品でもあるため、ラウンド中にダメになってしまうことも想定して常に複数枚用意しておいたほうがよさそうです。

【写真】1枚1150円でも高品質! これがコスパ最強な「コストコ」の羊皮ゴルフグローブです

画像ギャラリー

「コストコ」のゴルフグローブ「Kirkland Signature Golf Glove(カークランドシグネチャーゴルフグローブ)」(4枚セット4598円、送料込み)
コストコのグローブは4枚パック(4598円、送料込み)で販売されている
ミディアムを注文。サイズ的にはほぼピッタリでした!
縫製もしっかりしていました。ちなみにMade in Indonesia
女性ゴルファーの「両手グローブ」は、男性ゴルファーにとって「力がない人用」のイメージがある
右手用グローブには、左手と同じタイプの他に「フィーリング」や「使い心地」を優先したタイプもある
雨スイング時の注意点の一つ「握る強さを変えない」を実践しやすいのが「両手グローブ」のメリット
適切なグローブ選びがショットの出来を左右する? 写真:AC
この程度の穴でも交換すべきです 写真:AC

最新記事