意外とあいまいな「カップ1個分」は具体的にどこを指す? “王道”は仮想カップの端か真ん中かベテランプロの見解は?

パッティングの時に傾斜で曲がる程度を「ボール1個分」や「カップ1個分」と表しますが、どのように意識して打ったらいいのでしょうか。

パッティングはわかりやすい目標設定が大切

 グリーンでパッティングをするときには、距離を合わせるためにどれくらいの強さで打ったらいいか、傾斜でどの程度ボールが曲がるのかを考えなければなりません。

「ボール1個分」とはどこを指すのか?
「ボール1個分」とはどこを指すのか?

 指標として「ボール1個分」や「カップ1個分」という具体的な目安を使うときがありますが、具体的にはどこを狙えばいいのでしょうか。現役のシニアツアープロで、ゴルフスクールを経営している梶川武志氏は以下のように話します。

「ボールの直径は約4.3センチで、カップの直径は10.8センチです。つまり、カップの大きさはボールの約2.5倍になります。ボール2個分くらいまでは想像がつきやすいですが、3個以上になってくると段々と感覚がズレてきてしまいます」

「そのときには10.8センチのカップを想定して『カップ1つ分』とか『カップ2つ分』とイメージして曲がり幅を想定します。実際に、その分だけ曲がるかどうかは観察と経験が必要ですが、目標を設定するという意味では、ボールやカップなど具体的なものを想定しているので設定がしやすくなります」

「そして、カップ1個分右と想定した場合は、実際のカップの右フチから仮想のカップを一つ右側において、その想定カップの右端が目標の点になります。つまり実際のカップの右フチから10.8センチメートルの部分が目標になるということです。ただし『カップのセンターを狙うのだから、目標は想定カップの右端ではなくセンターだ』と考える人もいますので、どちらを選択するのかは自分で決めておく必要があります」

「目標の点を決めたら、ボールの真ん中と狙う目標の点を結びます。ボール側は印刷されている文字やアライメントラインなどを真上にして基点とするといいでしょう。次に、実際のボールの後ろに立って、基点と目標の線上でボールの近くにあるスパット(目印)を見つけます。そして、そのスパットに対してボールを打ち出していくといいでしょう」

視線はあくまでカップではなく目標ライン

 また、梶川氏はパッティングをするときの注意点や目標ラインに対する考え方について、以下のように話します。

「ありがちな間違ったパッティングラインの見方としては、『せっかく目標を設定しても、打つ直前に実際のカップを見てしまう』ということが挙げられます。視線はあくまで想定した目標点を意識しながら、自分で設定したスパットに向けて打つことが大切です」

「そして、打った後もすぐにボールを追いかけるのではなく、スパットを正確に通ったかどうかを確認するようにしましょう。次からのライン読みの修正につながります。この確認をしておかないと、ライン読みが違っていたのか、自分のミスヒットなのかの判断ができなくなります」

 たとえ目標が正しくても、打つ力が強すぎるとボールの曲がりが少なくなりますし、弱いと思った以上に曲がってしまうこともあります。その日の自分のパッティングの調子を見ながら、目標を設定することも大切だそうです。

 さらに、その日の調子によって曲がりが大きく見えたり、小さく見えることもあります。スタート前のパッティング練習で曲がり幅の見え方を確認することも重要です。ラウンド当日の朝には、このような目的意識を持ってパッティング練習をしてみるといいでしょう。

【写真解説】手首ユルユルが逆にいい! パッティングが安定する肩を使わないストローク法

画像ギャラリー

親指を外して手首を緩めてストローク。手首支点でストロークするとヘッド挙動がブレなくなり、フェース面を管理しやすくなる
手首に角度をつけて構えると、動かしづらくなってストローク中に体が動いてしまう。手元の位置を高くしてアンコックでアドレスする
手首支点でストロークすると、ヘッドがブレにくくなって方向性が安定する。また、手首を使えば感性が生きるようになって距離感も合いやすくなる
手首支点でストロークすると、ヘッドがブレにくくなって方向性が安定する。また、手首を使えば感性が生きるようになって距離感も合いやすくなる
手首支点でストロークすると、ヘッドがブレにくくなって方向性が安定する。また、手首を使えば感性が生きるようになって距離感も合いやすくなる
手首を固定して肩でストロークするのはNG。体の動きが大きくなってスエーする原因になる
「ボール1個分」とはどこを指すのか?
怒られてしまう可能性がある立ち位置はココ!飛球線後方に立つのはマナー違反です
ショットをしようとしているゴルファーの邪魔にならない理想的な立ち位置はここ
ラインを踏む可能性があると思う時は「ここを踏んでも大丈夫ですか?」と同伴競技者に確認しよう

最新記事