ドライバーが200ヤードしか飛ばないんだけど…スコア70台って現実的に目指せるの?

ゴルフでは飛距離が出るほうが有利なことは間違いないでしょうが、ドライバーが200ヤードしか飛ばないゴルファーでも、スコア70台を達成することは可能なのでしょうか?

飛距離200ヤードで70台を出すためのゲームプランとは?

 ゴルフを始めたばかりのビギナーは、まず100切りを目標にして練習やラウンドをこなしていきます。100切りできるゴルファーは全体の3割ほどしかいないといわれていますが、達成後は早速80台、70台を目指すツワモノもいます。

憧れの70台は飛ばなくても達成できる? 写真:AC
憧れの70台は飛ばなくても達成できる? 写真:AC

 70台を目指すとなると、努力だけでなく身体的なセンスが必要になってくる気もしますが、ドライバーの平均飛距離が200ヤードの男性ゴルファーでも達成可能でしょうか? 東京都目黒区でハリーゴルフスクールを経営するレッスンプロのハリー石川氏は、以下のように話します。

「日本のゴルフ場の場合、白ティー(レギュラーティー)からプレーすると総ヤーデージが6000~6200ヤードくらいのコースが多いですが、このくらいであれば達成できなくはないです。パー4でだいたい360ヤードほどなので、ドライバーで200ヤード打って残り距離が160ヤードです。160ヤードであれば、5番アイアンもしくはユーティリティー等でパーオンを狙うことができます」

「しかし、青ティー(バックティー)からプレーする場合は、総ヤーデージが6400ヤードはあるので70台は相当難しいです。パー4がだいたい380ヤードあるので、ドライバーで200ヤード打って残り180ヤードを3番ウッドなどで狙うことになります。ドライバー飛距離200ヤードのゴルファーの3番ウッドの精度はそこまで高くないはずなので、パーオンはほぼ不可能になります。70台を目指す場合は、最低でもハーフ3~4オーバーで回らなければならないので、すべてのホールで一定確率以上のパーオンを見込めなければなりません」

 パーオンが狙えない場合は寄せワンを狙うしかないので、アプローチやパターの技術がより必要となります。しかし石川氏は、例外もあると話します。

「同じコースで何度もラウンドしている年配ゴルファーのなかには、ドライバー平均飛距離180~200ヤードぐらいでも、バックティーから70台で回る人はいます。このような人は、フェアウェイウッドが異様にうまく、コースを熟知しているのでアプローチとパターで寄せワンを確実にとってきます。ただ、初めてのコースで同じようにプレーできるかといわれると難しいと思うので、どこでも70台が出せる実力があるとはいえないかもしれません」

 年齢を重ねると、どうしても飛距離は落ちてきてしまいがちですが、アマチュアの場合、アプローチは衰えることなく上達し続ける人も多いといわれています。

200ヤードを220ヤードに伸ばせればドライバー以外も良くなる

 ただ、一般的な男性アマチュアが70台を目指すのであれば、結局ドライバーで220ヤード飛ばせるようになることがベターだと石川氏は話します。

「そもそも年配の方を除いて、一般的な男性ゴルファーでドライバーが200ヤードしか飛ばない人は、技術的に何かしらの欠点がある可能性が高いです。例えばボールの曲がり幅が大きいぶん前に進んでいなかったり、吹け上がったりしていることも考えられます」

「正しいスイングを学びドライバーで220ヤード飛ばせるようになれば、全体的にレベルアップして他のクラブもうまく打てるようになるはずです。70台を目指すためには、総合的なスキルが必要になってくるので、今回のテーマからすると本末転倒ですが、ドライバー飛距離200ヤードで70台を目指すよりも、ドライバー飛距離を少しでも改善することが一番の近道だと思います」

 このように、ドライバー飛距離が200ヤードでも70台を目指すことは、簡単ではありませんが可能です。とはいえ、比較的若いゴルファーなら、飛距離アップに取り組むのがベストかもしれません。

【動画】これがハリー石川氏考案「2000円でヘッドスピードを上げる方法」です

【連続写真解説】 ツアープロ直伝「目玉のバンカー攻略法」 一発脱出のコツは「クローズ」

画像ギャラリー

目玉バンカーは砂に埋まったボールの下にヘッド入れることがポイント。クローズフェース、クローズスタンスで構えると砂にエネルギーを伝えやすくなる
左足体重で構えたら、スイング中もキープ。フィニッシュを取ろうとせず、「打って終わり」のイメージでインパクトにエネルギーを集める
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
スタンスもフェースも“クローズ”にしてアドレス。左足体重をキープしたまま、上からドンとヘッドを落とすのが目玉バンカーから脱出するコツ
憧れの70台は飛ばなくても達成できる? 写真:AC
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
ヘッドをポンと置けば、オープンフェース気味のドライバーならフェースが右を向く
ソールの後方まで地面に据わったスクエアな構え
ソール後方が浮いているとフェースがかぶってしまいがち
ソールの後方まで地面に据わったスクエアな構え
一見問題ない構えに見えるが、ヘッドのお尻が浮いてしまったNGアドレス
1 2

最新記事