早朝プレーで暑さを回避 アーリーバードのススメ

いよいよ夏本番、連日最高気温が30度を超え、外を散歩するだけでも汗だくになることも増えてきました。そこで、熱中症の危険もあるこの季節にオススメのプレースタイルを紹介します。

酷暑の昼間を避け夏でも快適にプレーできる

 これからの時期、ゴルフ場は緑が生い茂って、まさに「自然の中で運動をする気持ちよさ」を体感できる季節です。しかし、ここ数年は熱中症の危険性に警鐘が鳴らされており、真夏にプレーするのを避けようと考える人も多いかもしれません。(筆者も一番暑い時期は練習場やショートコースに行くぐらいにしています)

 ただ、真夏の時期でも比較的快適にプレーする方法があります。それがアーリーバードです。

前も詰まることなく涼しいうちにサクッと回れるのがアーリーバードの魅力

 そもそも、アーリーバードとは早朝にプレーを開始するスタート枠のこと。英語のearly birdは「早起きの人」という意味があります。

 アーリーバードでプレーするメリットはいくつかありますが、まずは夏の一番暑い時間を避けてプレーすることができること。アーリーバード用のスタート枠はほとんどが日の出から朝の5時台スタートとなっているので、比較的涼しい時間帯にプレーすることができます。

 さらに、ほとんどのアーリーバードはスループレーとなっているので、プレー時間はかかっても5時間ほど。トップスタートともなれば前が詰まらないので、もっと早く終わる場合もあります。朝の5時にスタートすれば、10時にはホールアウトできる計算なので、お風呂に入って帰宅しても午後の時間を有意義に楽しむことができます。ゴルフは1日かけて行うレジャーというイメージがあるかもしれませんが、アーリーバードは朝活に近いイメージですね。

 また、行き帰りの渋滞に巻き込まれることが少ないのもメリットかもしれません。

 もちろん、朝早いので自宅を出るのは3~4時台になります。寝坊や睡眠不足には十分気をつけて、前日からコンディションを整えることは必須ですね。

アーリーバードでも熱中症対策は必須

 いくらアーリーバードとはいえ、真夏の時期は太陽が出てくればそれなりに気温は上がります。従って、熱中症対策は必須です。日焼け止めや帽子をかぶる、いつでも水分補給ができる準備をするのはもちろん、様々な熱中症対策のアイテムを活用することをオススメします。

 近年では有名コースでもアーリーバードを取り入れるゴルフ場も増えてきているので、普段はなかなかプレーできないコースをちょっとお得な価格でプレーするというのもいいかもしれません。夏でも快適なゴルフを楽しみたいというゴルファーの方はアーリーバードもお試しあれ!

この記事の画像一覧へ(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/earlybird-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/resize_3rd_green_royalstgeorgesGC-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/パター画像1-150x150.jpg

最新記事