「なんかしっくりこない」下手なのに仕切りなおすのは気が引ける? ゴルフ好き名医が教える自律神経の整え方

野上雅子

2021年10月13日

ライフ

いつものルーティンで構えたはずなのに、なんかしっくりこない。そんなとき、どうしますか? どうせ仕切り直しても結果は一緒だろうとそのまま打ってしまいますか? 自律神経の名医で熱心なゴルファーでもある小林弘幸医師は、自律神経の見地から必ず仕切りなおすべきと話します。

ちょっとした違和感がほぼミスショットにつながる

 ボールに構え、さあ打とうとしたところで違和感が……。アナタなら、構えをいったん解いてやり直しますか? うまく打てる保証もないのに仕切り直すのは気が引けるから、そのまま打ってしまいますか?

アドレスの違和感は。目標に対して真っすぐ向けていないことを体が感じ取っているのかも 写真:Getty Images

「何か気になることがあったら、初心者でもアドレスを解いたほうがいいですよ」

 そう教えてくれたのは、自律神経の研究で知られる順天堂大学医学部の小林弘幸教授です。

「気になることがあるのにそのまま打てば、必ずと言っていいほどミスショットになるからです。構えたときに感じる違和感は、“迷い”や“不安”と言い換えられるものです。ネガティブな要素を自覚したところから交感神経が優位になり、スイングやリズムを乱すのです。また、不安を持ったまま打ってミスショットをした場合、『やっぱり仕切り直せばよかったなあ』と後悔します。それがストレスになって、さらに交感神経を高めますので、悪循環になりかねません」

 なるほど、ボールに構えたときの違和感は、だいたいがネガティブな要素から生じています。目標方向を向いているだろうか、このクラブでいいだろうか、風が強くなってきてイヤだな、スパットを見失ってしまった、どちらに曲がるかわからない……、皆さんも少なからず心当たりがあることでしょう。

 もし実際に構えがズレていたら、そのまま打てばミスショットになります。たとえ正しい構えを取っていても、不安をもった時点で交感神経が高まり、いつものスイングができずにミスをしてしまいます。

 そうならないようにするには、違和感を感じたら、アベレージゴルファーでも、たとえビギナーでも勇気をもって仕切り直すべき、と小林先生は勧めます。

「一から手順を踏み、構えを始めからやり直しましょう。足の向きやスパットなど、違和感を感じた点を特にしっかり確認すれば、もう不安はなくなるはずです。落ち着いてショットに臨めますので成功率は上がります。プレーの進行を気にする人もいますが、そのまま打ってミスをしたために、打ち直しをしたりボール探しをしたりするより、結果的にスムーズにいきますので、気にする必要はありません」

小林式ここぞのパットでの仕切り直し術

 最後に、ここぞというパットを決めたいときに有効な小林先生流の“仕切り直し術”をお伝えしましょう。

 仕切り直しといっても、この場合は一から全部の手順をやり直す必要はありません。一度セットしたパターヘッドを打つ直前に一度持ち上げ、スパットを再確認して、改めてボールの後ろに置き直すのです。そうすることで迷いがなくなり、入る確率が高くなるそうです。

「大事なパットは無意識にラインを膨らませて読んでしまいがちなのですが、パターヘッドを置き直すことで、ラインを再確認して合わせることができます。あとは迷わずボールを打ち出すだけです。もし外れても自分の思ったところへ打ったのなら納得がいきますし、自分がラインをどう読み間違えたか分かるので修正ポイントもはっきりしますよ」(小林弘幸先生)

 近いうちにバーディーチャンスがきたら、ぜひ試してみたいですね。

■小林弘幸(こばやしひろゆき)/順天堂大学医学部教授。日本スポーツ協会公認ドクター。国内における自律神経研究の第一人者として、トップアスリートやアーティストのコンディショニングやパフォーマンス向上指導に携わる。『自律神経を整える習慣・運動・メンタル』(池田書店)、『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム)など著書多数

【自律神経とは?】
全身に張りめぐらされた末梢神経で、内臓の働きや血液の流れや体温調整など生命を維持するための機能を司る。自律神経は「交感神経」と「副交感神経」とに分けられ、「交感神経」は体をアクティブにする役目、「副交感神経」は体をリラックスさせる役目を担っている。車に例えると、アクセルとブレーキのように、両者が交互にバランスよく働くことによって心身ともに快調を保つことができる。このバランスが乱れると、スポーツや仕事のパフォーマンスに影響があるだけでなく、身体的にも精神的にもダメージを与える。

【イメトレ用】イ・ボミのよどみないアドレスの入り方とナイスショットを画像で見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/10/IMGR3_931504-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/10/IMGR3_931507-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/10/IMGR3_931509-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/10/IMGR3_931511-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/10/IMGR3_931529-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/2021DriveChipPutt_GettyImages-1342530351-2-150x150.jpg

最新記事