「フォアー!」ボールを打ち込んだとき、打ち込まれたときのカドの立たない謝り方、注意の仕方

最近のゴルファー人口の増加とそれに伴うゴルフ場の混雑で、打ち込みのトラブルが増えていると言われます。自分が打ち込んでしまったとき、打ち込まれてしまったとき、どう対処するのが正解なのでしょうか。

大事なのは打ち込んだら“その場”で謝ること

 時間短縮のつもりで打った打球が、前の組への打ち込みになってしまうことがあります。「最後の人がセカンドショットを打ったから」「どうせそんなに飛ばないだろうから」と思って早めに打ったところ、打球が前の組の人の足元近くまでいってしまった……そんなとき、どう対処したらいいでしょうか。

明日のラウンドに備え、屋内で「フォアー!」と叫ぶイメージトレーニングをするゴルフ女子 写真:AC

「前の組に打ち込んだと分かったら、すぐ大きな声で『申し訳ございません』『すみません』などと謝ることは必須です。できれば近くまで走っていき、帽子を脱いできちんとお詫びをするほうが誠実ですね」

 そう教えてくれたのは、人材教育会社の(株)エミー代表取締役をつとめる渡辺満枝さんです。渡辺さんは、プロゴルファーへの接客指導や各種企業の社員研修、講演会などを行なっているマナーの達人です。

「大切なのは、打ち込んだその時、そのホールで謝ることです。後で謝ろうなどと勝手に判断して、ハーフが終わってから謝ったりすると、相手の方は機嫌を損ねていることが少なくありません」

 相手の人が怒るのは、それほど打ち込み行為が危険だからです。万が一、打球が当たったら大変な怪我をしていた可能性がありますし、幸い当たらなくてもヒヤッとさせられたのは間違いありません。思ったよりも球が飛んでしまって前の組が危ないと察知したら、すかさず「フォアー!」と叫んで注意喚起すべきなのは言うまでもありませんが、問題なのは打ち込みに気づかなかったとき。

 前の組の人が一斉に振り返ったり、逃げるような動作をしたりすればすぐ分かりますが、そうでなくても打ち込んだことに気づいた時点で、なるべく早く謝るのがゴルファーとしてのマナーですね。知らんぷりするなどもってのほか、先延ばしもトラブルに発展しがちですから気をつけましょう。

 また、ラウンド中は前方だけでなく隣のホールへ打ち込むこともあります。

「その場合はなおさら、打った本人にも隣のホールでプレーしている人にもボールが見えないわけですから『フォアー!』と大きな声で長めに叫ぶことによって危険を知らせるのがプレーヤーの義務です。さらに隣のホールへ打球を探しに行くときは、大きな声で『失礼します』と言って進入することを告げ、安全を確かめてから入りましょう。打ち終わった後も『失礼しました』と挨拶をするくらいの配慮を示してほしいですね」

 まず一番に安全の確保をし、次にそのホールを回っている方々のプレー進行への気遣いを忘れてはいけません。

「打った人が慌てたり焦ったりするのも分かります。けれども、何も声をかけず隣のホールに突然現れたり、本来そのホールをプレーしている人を無視して打ち込んだ人が先に打ったりするのは危険です。失礼でもあります。そういう行動をとっている人は案外多いので、ぜひ正しい対処を心がけてください」

打ち込まれたら大きく手を振って注意を促す

 一方、自分は打ち込まないよう気をつけていても、後ろの組が打ち込んでくることがあります。後続組が何も言ってこなかったり打ち込んだことに気がつかなかったりする場合は、どう知らせたらいいのでしょうか。

「そういうケースでは、後ろの組のほうを向いて手を振り、大きな声で『危ないですから気をつけてください』と言って、気づいてもらうことが大切です。注意を促しても複数回にわたり打ち込まれた場合は、ハーフ終了後にキャディーマスター室に寄ってそのことを話して注意をしてもらうのがいいでしょう」

 キャディーマスターから言ってもらうと効果がありそうですし、直接のやりとりを控えるのもトラブル回避にはいい方法です。

「知人のゴルファーの体験談で、このようなケースがありました。後ろの組が次のホールのティーイングエリアへ打ち込んできて間一髪だったのに、『フォアー』も『すみません』も何も言ってこない。ボールを探しにも来ないので腹が立ったそうなんです。それでも直接注意はせず、自分たちがその場を離れるとき、打ち込んできたボールをティーアップしておいたのだそうです」

 ボールの持ち主は、ティーイングエリアに来てそのボールが自分のものだと分かったとき初めて打ち込んだことに気がつき、第2打地点にいた知人の組に向かって大きな声で謝ってきたといいます。

 状況や相手の受け取り方にもよるので一概にオススメするわけにはいきませんが、カドが立たないよう注意することに成功した、ユニークなエピソードですね。

 そもそも前の組への打ち込みの多くは、防ぐことができます。渡辺さんは、打球事故を未然に防ぐため2つの機能をフル活用してほしいと言います。

「まず、カートについているナビゲーションの活用です。ナビゲーションによって前のカートまでの距離が分かりますので、その距離とカートの手前に歩いている人がいないかをダブルチェックしてから打ちましょう。また、ティーショットを打つときはIP地点(インタークロスセクション・ポイントの略)をチェックすることも重要です。ゴルフ場によって若干違いますが、大体はバックティーから約250ヤード地点のフェアウェイセンターに旗が立っているのがIP地点です。その旗を目安に、自分の打球はどこまで飛ぶ可能性があるか、その手前に人はいないかを確認してから打ちましょう」

 ただし、ナビゲーションやIP地点を参考にするには、自分の飛距離を把握しておかなければなりません。日ごろのラウンドから自分の最大飛距離がどのくらいなのかチェックしたり、弾道測定器や練習場の距離表示を活用したりして、少なくともドライバーの飛距離だけでも知っておく必要があります。

 それによって打球事故を回避するための一助になりますし、自分の飛距離を把握した攻め方をすればスコアアップという副産物も得られそうです。

【写真】松山英樹やタイガー・ウッズの「フォアー!」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/matsuyama_2021PhoenixOpen_GettyImages-1300710915-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/10/tiger_2009HSBC_GettyImages-56150581-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/10/tiger_2005HSBC_GettyImages-92777922-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/3232776_l-2-150x150.jpg

最新記事