ビギナーや中級者も使えるの? 大手ブランドではない「地クラブ」って何だ!?

「地ビール」や「地酒」のように、ゴルフクラブにも「地クラブ」というカテゴリーが存在するのをご存知だろうか? 実際、よく耳にしているという方も多いかと思う。耳にすることは多くても、実際にはどんなクラブなのか? 「地クラブ」について説明しよう。

量販店には並ぶことがほとんどない小規模メーカーのクラブ

 一般的に地クラブと呼ばれるものは、量販店に並ぶことがほとんどない、小規模なメーカーによって作られたクラブやヘッドパーツのことをさしている。

 都心ではなく、地方で開業し、地域に根ざした形で営業していることから、「地クラブ」と呼ばれるようになった。この辺は「地酒」や「地ビール」と同じだ。

「地クラブ」を取り扱うゴルフ工房では、様々なヘッドから自分にあったクラブを組み上げることができる

 ただし、ゴルフクラブの場合は、小規模なメーカーながら、自社製品以外に、大手メーカーのOEM(製造委託品)を請け負っている地クラブメーカーもある。

 小規模メーカーながら、クラブ作りのノウハウを知り、高い技術力を持っている会社も多数存在しているというわけだ。

 また、さまざまなこだわりを持って作成される地クラブメーカーの自社製品は、ひとつひとつ、細部にまでこだわって、丁寧に作られていることも多く、大手メーカーの大量生産品とは違う高品質なオンリーワン製品も多くなっている。

 大量生産ではないので、それぞれのパーツの特徴がはっきりしているというわけ。

 先進的な素材を採用して、突出した性能を搭載したものを製作したり、万人受けを狙わず個性的なデザインを取り入れるなど、大手メーカーにはない部分に魅力を感じる人も多い。

 製品としてではなく、パーツとして販売しているところも多く、プレーヤーに合わせて、シャフトを選べるなど、カスタマイズがしやすい点も魅力といえる。

幅広いユーザーに対応できるラインアップも増えてきた

 以前は、一部のトップアマチュアにしか使いこなせないような製品がメインだったが、最近はターゲットごとの性能をはっきりさせているものも増え、アベレージゴルファーでも、自身のプレーを補ってくれる性能が体感できるアイテムをラインアップするメーカーも増えてきた。

大手ブランドと同様に試打してクラブを選ぶこともできる

 個々のスイングやパワー、ヘッドスピードに合わせてカスタマイズしやすいので、より自分に合った性能を引き出しやすいという。

 アイアンやウェッジのソールを使う人に合わせて削り、プレーヤーがより扱いやすくするサービスを取り入れているメーカーも数多くある。様々な点で自分仕様にできると、地クラブメーカーから離れられないゴルファーも多く存在している。

 ただ、漠然と流行モノを使っていればいいという考えではなく、自分のゴルフスタイルをしっかり持っている人にとっては、ニーズを満たしてくれるアイテムを組み合わせることでオンリーワンを作り出す楽しさも味わえる。

 道具にこだわって、地クラブを使うようになったら、今までできなかったことができるようになった。スコアもショットの内容もステップアップできた。そんな声も届いている。

 自分らしいゴルフプレーのために、地クラブメーカーのクラブをぜひ試してみて欲しい。

取材協力:ゴルファーズ・ガレージ・サムライ

この記事の画像一覧へ(6枚)

画像ギャラリー

最初から自分好みにカスタマイズできるのも「地クラブ」の強み
ドライバーだけでも数多くの「地クラブ」メーカーが存在
アイアンはやや上級者向けのモデルが多い印象
ニーズにあった1本が必ず作れるのもうれしい
「地クラブ」を取り扱うゴルフ工房では、様々なヘッドから自分にあったクラブを組み上げることができる
大手ブランドと同様に試打してクラブを選ぶこともできる

最新記事