昔はしょぼかったクラブハウスの売店 品ぞろえ豊富になったのはなぜ? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

昔はしょぼかったクラブハウスの売店 品ぞろえ豊富になったのはなぜ?

最近ゴルフを始めた人は知らないかもしれないが、一昔前のクラブハウス内の売店には古いボールやティー、グローブなどの消耗品がちょっと売られているだけでした。ところが最近、どこのゴルフ場も品数豊富。町の量販店と引けを取らないようなところもあります。どうしてここまで充実したのか、調べてみました。

大手ゴルフ場運営会社がプロショップとしてリニューアルしたから

 ゴルフ場のクラブハウス内の売店で、商品を購入する機会が以前と比べて格段に増えました。以前は忘れ物をしたときに仕方なく購入する程度でした。ボールやグローブはゴルフショップで購入するより明らかに高い印象がありましたから、プレーに必要なアイテムはラウンド前日までにゴルフショップで買いそろえていました。

 ところが昨今はボールやグローブの販売価格もゴルフショップとほとんど変わらず、品ぞろえも豊富になっています。「ボールが足りなくなったらハウス売店で買えばいいや」という意識になっています。

大手ゴルフ場運営会社以外のゴルフ場でもクラブハウス内売店の充実が進んでいる(写真はイメージ)
大手ゴルフ場運営会社以外のゴルフ場でもクラブハウス内売店の充実が進んでいる(写真はイメージ)

 今でもハウス売店がしょぼいゴルフ場はありますので、決して油断はできないのですが、忘れ物や不足品に対して過剰に身構える意識は薄れています。

 どうしてハウス売店の品ぞろえが充実し、販売価格も良心的になってきたのでしょうか。ゴルフ場関係者に聞いてみました。

「それは大手ゴルフ場運営会社さんの功績だと思います。PGMさんとアコーディア・ゴルフさんが日本に入ってきたとき、アメリカの発想でハウス売店をプロショップと呼ぶようになりました」

「『せっかくゴルファーがここに来るんだから、何でモノを売らないの?』というのが彼らの発想でした」

「それまで日本のゴルフ場は、『忘れ物をしたら売っていますよ』というスタンスでした。ボールを忘れたら『売っていますよ』。グローブを忘れたら『売っていますよ』。でも、品ぞろえは少なく、定価販売でした」

「その意識を大手ゴルフ場運営会社が変えました。『ゴルフウエアを全身そろえます』ということをやり始めたのも彼らですし、アコーディア・ゴルフさんはプロショップに専門のスタッフを配置してクラブを売ったり、フィッティングをしたり、グリップ交換したりするようになりました」

「そうすると大量仕入れができるようになりますから、高く売らなくてもよくなりました。ゴルフ場の意識が変わったから、メーカーさんの意識も変わったんだと思います。卸値を安くしてくれたので、今はどこのゴルフ場もボールが10種類以上置いてありますし、グローブも6種類以上サイズ別に並んでいるのが一般的になりました」

「メーカーさんがゴルフ場でキャンペーンを張ってくれたりするケースもあります。双方が工夫をするようになりました」

「それによってゴルファーの意識も変わりました。ゴルフ場で商品を購入しようという意識になりました。そもそもゴルフショップがない地域の人たちはゴルフ場でモノを買うしかないですから。でも最近はインターネットでゴルフ用品を購入する人も増えているんですけどね」

ゴルフ場によって商品構成に工夫を凝らすケースも増加

 インターネット販売に対抗するため、最近は特定のブランドをたくさん置くなど、専門色を出しているゴルフ場も増えているそうです。

「ゴルフ場はゴルフショップほどの売場面積はありませんから、ゴルフショップと同じような品ぞろえをしても個性が発揮できません」

「むしろ、ゴルフショップでは取りそろえることができないブランドをたくさん置くことによって地域一番店になり、『あのゴルフ場に行ったらアレを買うよね』だったり、『あの商品が欲しいからあそこのゴルフ場に行こうよ』と思ってもらいたい気持ちはありますね」

 ボールやグローブなどは銘柄、型番、サイズが決まっていればどこで買っても一緒ですが、ゴルフウエアやゴルフクラブはやっぱり実物を見たり触ったり試着(試打)したりしてから買いたいものです。そういうニーズをハウス売店は満たしてくれます。

 筆者はゴルフシューズが経年劣化でそろそろ買い替えどきと感じているのですが、ゴルフショップに行くと他の商品に目移りしてシューズが後回しになっています。

 このままだとラウンドの途中にシューズが履けない状態になり、ゴルフ場で新しいシューズを購入することになるのではないかと予想しています。

【画期的】持っていない人の残り距離も測定できる最新レーザー距離計「R2G MATE1」

画像ギャラリー

8月22日より先行予約発売を開始したレーザー距離計「R2G MATE1(アールツージーメイトワン)」
自分が動くことなく同伴プレーヤーの距離を測れる機能は画期的
自分が動くことなく同伴プレーヤーの残距離を測れる機能は画期的な「R2G MATE1(アールツージーメイトワン)」
オンオフを切り替えられるスロープ機能も搭載
ピンキャッチャー機能でピンの後ろに障害物があっても正確に残距離の測定が可能
大手ゴルフ場運営会社以外のゴルフ場でもクラブハウス内売店の充実が進んでいる(写真はイメージ)

最新記事