飛距離はいらん! ショットの安定性を重視したいなら「クラブを短く持つ」スタイル | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

飛距離はいらん! ショットの安定性を重視したいなら「クラブを短く持つ」スタイル

ラウンド中に「クラブを短く持ってみれば?」と先輩ゴルファーからアドバイスを受けたことがあるビギナーは多いかもしれません。クラブを短く持つと、どのようなメリットがあるのでしょうか?

短く持つ=ショットの難易度が下がる

 クラブを短く持ってショットをすることを、海外では「チョークダウン」や「グリップダウン」と表現します。国内男子ツアーで2018年、19年と連続賞金王に輝いた今平周吾選手は、曲がらないドライバーやアイアンなど安定したショットが有名ですが、常にクラブを短く持ってショットをする特徴的な選手でもあります。

クラブを短く持ってショットを打つ今平周吾 写真:JGTOimages
クラブを短く持ってショットを打つ今平周吾 写真:JGTOimages

 ラウンド経験の浅いビギナーは、ラウンド中に同伴者から「球が安定してないからクラブを短く持てば?」とアドバイスを受けたことがあるという人も多いかもしれません。

 プロゴルファーも、場面によって取り入れることがある「クラブを短く持つ」ことは、実際にどのようなメリットがあるのでしょうか?

 レッスンプロの三浦辰施氏は、以下のように話します。

「クラブを短く持つことで、ショットの難易度を下げることができます。基本的に、クラブの難易度はクラブの長さに比例するので、長ければ長いほど難易度は上がります」

「そのため、クラブを短く持つことによって、ミート率が上がる仕組みです。ミート率が悪い人や球が曲がってしまう人には、短く持つようにアドバイスをすることもあります」

 しかし、クラブを短く持ったからといって、ショットが必ず安定するわけではないと話します。

「長いクラブより短いクラブのほうが、振り回そうとしないので当たりやすくなるという考えもあるのですが、クラブを短く持っても、手先でこねくり回したスイングになってしまっては意味がありません」

「クラブを短く持ったからといって、縮こまったスイングになってはいけないので、腕を長く使って、体全体で打てるようになることが大前提です」

飛距離をとるか安定性を求めるか

 では、どのような場面でクラブを短く持ってショットするのが良いのでしょうか?

「ボールを曲げたくない、ミスショットをしたくない場面でクラブを短く持つと良いです。どんな場面でもミスショットはしたくないものですが、曲がったとしても飛距離を出したいという場面ではクラブを長く持ったほうが良いです」

「当然ながら、クラブを短く持つと方向性は安定するものの飛距離は落ちるので、長いクラブだから短く持つというよりは、ボールを曲げたくない場面でクラブを短く持つ、と考えておくのが良いでしょう」

「クラブをしっかり振れていないビギナーが、クラブを短く持つとミートして普段より飛ぶということもありますが、基本的には飛距離か安定性かどちらを優先するかになります」

 さらに、三浦氏は「ビギナーの場合、ドライバーは短く持った方が安定する人が多い」と話します。

 ドライバーがスライスしてしまうビギナーは少なくないので、クラブを短く持つことにより、ショットの難易度を下げることができるのはもちろん、ドライバーの調子が悪いときに行う応急処置としても効果的です。

 自分の実力と場面に合わせて使い分けていくと、よりスコアがまとまりやすくなると言えるでしょう。

【写真】ドライバーのミート率が“劇的”に上がる!? 「ハーフスイングドリル」とは?

画像ギャラリー

スイング幅の小さなハーフショットならフェースの芯でとらえる確率も上がるし、フェースのどこに当たったかも理解できる
ベルトのバックルを右に向けてから左に向けると、体の回転するようになる
ハーフショットを行う際は、右の上腕が体から離れないようにすると体は自然に回る
ハーフショットを行う際は、右の上腕が体から離れないようにすると体は自然に回る
ハーフショットを行う際は、右の上腕が体から離れないようにすると体は自然に回る
ハーフショットを行う際は、右の上腕が体から離れないようにすると体は自然に回る
ティーショットをミスして落ち込むゴルファーも多いはず… 写真:AC
クラブを短く持ってショットを打つ今平周吾 写真:JGTOimages

最新記事