10ヤードずつの距離の打ち分け “両手グリップ分”を1目盛りにするとうまくいくってホント?

あわよくばピンに寄せたいと考える100ヤード以内。でも現実は、グリーンにさえ乗らないというケースも多いでしょう。距離の打ち分けができていない人が多いからです。いったいどうしたら10ヤード単位で距離を打ち分けられるのでしょうか?

30、50、100ヤードは練習しても、その中間が“穴”に

 ビギナーや中級者がスコアアップをしたければ、「100ヤード以内のアプローチを徹底的に練習しなさい」と言われます。

10ヤードの打ち分けができないと、なかなかスコアは良くなっていきません 写真:AC
10ヤードの打ち分けができないと、なかなかスコアは良くなっていきません 写真:AC

 実際よく練習している人は、30ヤード、50ヤード、100ヤードなど、3パターンくらいの距離に自信を持っているようです。

 けれども、いざコースに出ると100ヤード以内から常にピンに寄せるのは難しいものです。それどころか、グリーンにさえ乗せられないケースも少なくないのではないでしょうか。

 練習しているのになかなか上達しないのは、なぜでしょうか。

「練習する距離に“穴”があるからです。30、50、100ヤードなど3パターンくらいの距離をいつも練習している人は、それ以外の距離は練習していないから“穴”になっています。例えば、70ヤードを打つ場合、『50と100の中間より少し抑えめにバックスイングを上げる』と素振りで振り幅を確認するのでしょうが、それでは感覚に頼りすぎでうまくいきません」

 そう指摘するのは、一般アマチュアはもちろん、プロを目指すジュニアからツアープロまで幅広い層のゴルファーを教えるプロコーチの山田直知氏(5UNDERS GOLF)です。

 得意な距離を持つことは武器の一つになる一方、練習していない“その中間”が弱点になっているというのです。

「“穴”を埋めるには、50ヤード以上のアプローチを10ヤード刻みで打ち分ける必要があります。たとえ3パターンの得意な距離があっても、その距離をぴったり打つことより、中間の距離を打たなければならないことのほうが圧倒的に多いからです」

「50、60、70、80、90と、10ヤード刻みで打ち分ける練習をしておけば“穴”がない。40ヤードから100ヤードまで、どんな距離からでもグリーンに乗せられるのはもちろん、左右の曲がりがなければ1ピンか2ピンに寄せられるはずです」

 一体どんな練習をしたら、そんなにうまく打ち分けられるのでしょうか。

「まず、アプローチで多用するクラブを1本決めます。プロや上級者は58度のウェッジを使う選手が多いのですが、アマチュアの方にも使えると思います。ちなみに、58度だとフルショットで90ヤードくらい飛びます。フルショットといってもショートアイアンですから、スリークォーター(フルショットの4分の3くらいのトップ)程度のスイングです」

「次に、40ヤードから50ヤードで自分の好きな距離を見つけましょう。練習場には50ヤードの表示板が多いため、アマチュアの方は50ヤードが合わせやすい距離だと思います。それを基準にして10ヤードずつ距離を上げながら打っていきます。50ヤードが基準の人は、60、70、80、90。45ヤードが好きな人はそれを基準に、10ヤードずつ距離を上げ、55、65、75、85、フルショットというふうにい打っていきましょう」

 10ヤード刻みの距離感を打ち分けられれば、50ヤードか100ヤードという大雑把な距離感から、“その中間”を埋めることができます。

 とはいえ、そんなに細かい打ち分けができるのか不安です。アマチュアにもできる“10ヤードごとに距離を打ち分ける”コツはあるのでしょうか。

「皆さんやっていると思いますが、バックスイングの大きさによって距離を変えていく方法が比較的やりやすくて確実です。ただし、クラブヘッドをヒザまで、腰まで、ワキまで、肩まで上げるというふうにクラブの振り幅を変えるのではなく、“手”をどれだけ上げるかを意識することです」

 確かにクラブヘッドをどこまで上げるかだと手首の折れ方によって不安定になりがちですが、自分の“手”を上げる位置ならコントロールできそうです。

両手グリップ分ずつバックスイングを大きくしていく

【写真】打点と重心が一致するから距離がバラつかない! ミズノ新作「S23ウェッジ」

画像ギャラリー

S23ウェッジ(ホワイトサテンブラッシュ仕上げ) 価格:2万4200円(税込み)
S23ウェッジ(カッパーコバルト仕上げ) 価格:2万4200円(税込み)
ミズノの新作「S23ウェッジ」 (左)ホワイトサテンブラッシュ仕上げ 、(右)カッパーコバルト仕上げ
ミズノの新作「S23ウェッジ」 (左)ホワイトサテンブラッシュ仕上げ 、(右)カッパーコバルト仕上げ
ミズノの新作「S23ウェッジ」 (左)ホワイトサテンブラッシュ仕上げ 、(右)カッパーコバルト仕上げ
ミズノの新作「S23ウェッジ」 (左)カッパーコバルト仕上げ、(右)ホワイトサテンブラッシュ仕上げ
ミズノの新作「S23ウェッジ」 (左)カッパーコバルト仕上げ、(右)ホワイトサテンブラッシュ仕上げ
10ヤードの打ち分けができないと、なかなかスコアは良くなっていきません 写真:AC
1 2

最新記事