20球くらい練習したって意味ない? スタート前にショット練習が必須な本当の理由

「20球やそこら練習したところで変わらないだろう」などと考えて、スタート前のショット練習を省略するゴルファーも少なくないですが、果たしてそうなのでしょうか?

スタート前にショット練習をするのは「ミスの傾向を知るため」

 ラウンドの日は道中のトラブルによる遅刻などを避けたりプレーの準備などに余裕を持つために、スタートの1時間前までにクラブハウスに到着しておくのが慣例となっています。

練習施設が充実していると少しでも早く到着してじっくり打ちたくなります
練習施設が充実していると少しでも早く到着してじっくり打ちたくなります

 大半のゴルファーはスタート前には最低限パッティングの練習をして、グリーンの転がり具合をチェックするなどして過ごします。

 また、多くのゴルフ場には打球練習場(ドライビングレンジ)が併設されていますが、クラブハウスから離れていて移動が億劫だったり時間に余裕がなかったりすると、「20球やそこら練習したところで変わらないだろう」などと考えて、ショット練習を省略してしまうゴルファーも少なくないようです。

 やはり、スタート前のショット練習は、できる環境なら必ずしておくべきなのでしょうか? レッスンプロの関浩太郎氏は以下のように話します。

「ラウンド前のショット練習は、必ずするべきだと思います。たまに、体を温めるためにショットの練習はした方がいいと考えているゴルファーがいますが、体をほぐすだけなら素振りでも十分可能です」

「あえてショットの練習をするのは、『その日に出やすいミスの傾向を把握するため』です。ミスショットがまったく出ない絶好調の日のほうが珍しいわけですから、必ずその日のコンディションに応じて出やすいミスはあります」

 具体的にはどのような部分を確認しておくべきなのでしょうか?

「ミスの傾向には、ボールが上下左右どちらに飛びやすいのか、ダフリやトップが出やすいかなどがあります。『今日はダフリが少し多いな』と感じたら、いつもよりクラブを短く持つようにする、『スライスが多いな』と感じたら、いつもよりフックグリップに変えてみるなど、スタートホールまでに微調整を行うと当然スコアは変わってきます」

その日のコンディションを知るためには20~30球あれば十分

【写真】スタート前は練習! ホールアウト後は“ととのう” サウナ自慢のゴルフ場5選

画像ギャラリー

セゴビアGC イン チヨダの男性サウナ。ドライサウナで設定温度100度。写真:ゴルフ場提供
セゴビアGC イン チヨダの男性大浴場。広々としていて、水風呂もあり 写真:ゴルフ場提供
セゴビアGC イン チヨダの女性用パウダールーム。各ブースに分かれていて、湯上がり後のスキンケアやお化粧も快適にできる。写真:ゴルフ場提供
セゴビアGC イン チヨダ14番ホール「ガスパーチョ」。プレッシャーがかかる浮島グリーンが目玉。写真:ゴルフ場提供
海外旅行気分が味わえる、セゴビアGC イン チヨダのクラブハウス。写真:ゴルフ場提供
喜連川CCのサウナ。ドライサウナで設定温度約80度。10人前後が入れる広さ。写真提供:アコーディア・ゴルフ
風情ある喜連川CCの露天風呂。“天然の美容液”といわれる天然温泉が、敷地内から湧き出ている。写真提供:アコーディア・ゴルフ
なだらかな地形を活かして造られた、喜連川CC。写真提供:アコーディア・ゴルフ
ロペCのサウナ。ドライサウナで設定温度は約95度。写真:ゴルフ場提供
ロペCの男性露天風呂。お湯は、敷地内から湧出する天然温泉。写真:ゴルフ場提供
露天風呂とはまた趣の違う、ロペCの内風呂。写真:ゴルフ場提供
ロペCの9番ホールから、ホテルとテラスレストランを望む。写真:ゴルフ場提供
自然の地形を活かしたレイアウトの千葉国際CC。写真:ゴルフ場提供
千葉国際CCのサウナ。ドライサウナで設定温度90度。写真:ゴルフ場提供
千葉国際CC女性ロッカー室のメイクルーム。写真:ゴルフ場提供
朽木GCのサウナ(女性用)。遠赤外線サウナで、設定温度は約90度。写真:ゴルフ場提供
明るい光が差し込む朽木GCの大浴場(男性用)。写真:ゴルフ場提供
攻めごたえあり、腕磨きにも最適な朽木GC。写真:ゴルフ場提供
練習施設が充実していると少しでも早く到着してじっくり打ちたくなります
時間があるからといって、あまり打ちすぎるのも良くないようです 写真:AC
1 2

最新記事