蝉川泰果の快挙を知らない人も多い!? 男子と女子のゴルフツアー注目度はなぜ大きく差がついた? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

蝉川泰果の快挙を知らない人も多い!? 男子と女子のゴルフツアー注目度はなぜ大きく差がついた?

蝉川泰果選手が95年ぶりに日本オープンをアマチュアで制覇するなど、例年以上に話題が多かった日本男子ツアー。しかし、ゴルフをたしなむ人でも、この快挙を知らない人が結構いるという事実。どうしてここまで男女で人気の差がついてしまったのでしょうか?

ラウンド中に男子ツアーの話がまったく出なくなった

 このところゴルフ仲間とラウンドに行くたびに感じるのが「男子ゴルフの話題がまったく出ない」ことです。

 女子ゴルフの話題は毎回必ずと言っていいほど出ます。岩井千怜選手や川崎春花選手などの話題は出るのに、男子ゴルフの話題はまったく出ないので、心配になって河本力選手や蝉川泰果選手の話題を振ると、存在すら認識していなかったりします。

 蝉川泰果選手のパナソニックオープンでのアマチュア優勝と、日本オープンでの95年ぶりのアマチュア制覇は歴史的快挙だと思うのですが、一般的なエンジョイゴルファーには「アマチュアでまた1人強い子が出てきたみたいだね」といった程度の印象しか残っていないようです。

第1回大会の赤星六郎選手以来、アマチュアで日本オープンを制覇した蝉川泰果選手 写真:JGTOimages
第1回大会の赤星六郎選手以来、アマチュアで日本オープンを制覇した蝉川泰果選手 写真:JGTOimages

 それは2019年11月の金谷拓実選手のアマチュア優勝(三井住友VISA太平洋マスターズ)や2021年9月の中島啓太選手のアマチュア優勝(パナソニックオープン)も同じで、日本のツアーでアマチュア選手が勝つことに誰も驚かなくなっています。

 これは女子ツアーも同じです。2003年9月の宮里藍選手(ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン)、2012年6月のキム・ヒョージュ選手(サントリーレディスオープン)、2014年4月の勝みなみ選手(KKT杯バンテリンレディスオープン)のアマチュア優勝くらいまではみんな驚いていました。

 しかし2016年10月の畑岡奈紗選手(日本女子オープン)、2018年7月のクリスティン・ギルマン選手(センチュリー21レディス)、2019年10月の古江彩佳選手(富士通レディース)のアマチュア優勝は驚きが薄れていました。

 結局のところ、勢いのある若手選手がツアーで台頭しているかどうかに関係なく、「女子ゴルフは見るけど男子ゴルフは見ない」というのが、筆者の周りにいる50~60代男性ゴルファーの基本スタイルになっているような気がします。

松山英樹に続く世界で戦える男子選手の台頭に期待

1 2 3

最新記事