ビギナーやアベレージゴルファーには“スパイクレスシューズのほうが滑りにくい”! 最新機器でのテストで判明

スパイクシューズとスパイクレスシューズ。最近はグリップ力の差は少なくなってきていると言われますが、選ぶ際に気をつけることはあるのでしょうか。ゴルフコーチでスポーツシューフィッターの神谷幸宏氏に聞きました。

スパイクシューズは鋲部分に集中して強く圧がかかる

 以前はソールに鋲がついたスパイクシューズが主流でしたが、最近は交換式の鋲がついていないスパイクレスシューズも勢力を伸ばしています。どちらがいいのか、決め手がなく迷うゴルファーも多いのではないでしょうか。ビギナーやアベレージゴルファーにとってはどちらがいいのか、ゴルフコーチでスポーツシューフィッターの神谷幸宏氏に聞きました。

スパイクレスシューズの進化により、スパイクシューズとどちらを選ぶべきか迷う人も多いのでは? 写真:山上忠
スパイクレスシューズの進化により、スパイクシューズとどちらを選ぶべきか迷う人も多いのでは? 写真:山上忠

 以前はカジュアルな印象で“ガチ”のプレーには向かないという先入観があったスパイクレスシューズですが、最近のモデルはグリップ力が飛躍的に向上し、プロも試合で使用しています。

「シューズの鋲を交換したことがない」というゴルファーも珍しくなく、ソールの凹凸のすり減りは買い替えのサインと割り切って、スパイクレスにネガティブなイメージを持つゴルファーは少なくなっているようです。一方で「鋲があると滑らなそうで、安心する」というゴルファーも根強く、多くのメーカーからスパイクモデルとスパイクレスモデルが発売され、人気を二分しています。

 デザインも価格も同じような、スパイクとスパイクレスで迷ったらどちらを購入すべきか、そんな悩みを解決するヒントになりそうなのが、足圧の移動を解析する機器「スイングカタリスト」を使ったテスト結果です。

「計測ではソールのパターンによって圧のかかり方が違うことが判明したんです」と明かす神谷氏。次のように詳しく説明してくれました。

「スパイクシューズのように鋲が強調されたタイプとスパイクレスのようにソール全体が接地するタイプの比較では、スパイクシューズは鋲部分に集中して強く圧がかかるのに対し、スパイクレスは段差が少ないため力のかかる部分が広く、圧が分散されていました」

スパイクレスは面で受け止めるからズレに強い

【写真】シューズの買い替えで必須の手順/緩みにくい紐の通し方

画像ギャラリー

カカトのフィット感を確かめるには、手でシューズを動かしてみるといい。足とシューズが一緒に動くならフィットしている 写真:山上忠
カカトのフィット感を確かめるには、手でシューズを動かしてみるといい。足とシューズが一緒に動くならフィットしている 写真:山上忠
サイズが分かりにくかったらインソールを出して確認してみるといい。ツマ先に1センチの余裕があるのが理想です 写真:山上忠
サイズが分かりにくかったらインソールを出して確認してみるといい。ツマ先に1センチの余裕があるのが理想です 写真:山上忠
履いたら必ず立った状態で歩いたりスイングの形をつくったりして足に当たる部分がないかチェック 写真:山上忠
履いたら必ず立った状態で歩いたりスイングの形をつくったりして足に当たる部分がないかチェック 写真:山上忠
写真のようにシューホールの上2つを使って輪っかをつくり、紐の先を輪っかに通すようにすると、結ぶまでに緩まず調整もしやすい 写真:山上忠
写真のようにシューホールの上2つを使って輪っかをつくり、紐の先を輪っかに通すようにすると、結ぶまでに緩まず調整もしやすい 写真:山上忠
ゴルフコーチ兼スポーツシューフィッターの神谷幸宏氏
フットジョイのシューズだけでも、多岐にわたる素材や機能のゴルフシューズが存在。どう選べばいいか迷ってしまうが、足に合っていることが一番重要 写真:山上忠
やはり一般アマチュアにはBOAタイプがおすすめ 写真:山上忠
スパイクレスシューズの進化により、スパイクシューズとどちらを選ぶべきか迷う人も多いのでは? 写真:山上忠
足裏にかかる圧力の変化を解析できる「スイングカタリスト」 写真:山上忠
1 2

最新記事