意外な交流? 青木瀬令奈が公開した“虎戦士”との食事会ショットにコメント続々 「次は甲子園でご飯会」

プロゴルファーの青木瀬令奈(あおき・せれな)がインスタグラムを更新。自身のコーチ兼キャディーを務める大西翔太(おおにし・しょうた)、阪神タイガースに所属するプロ野球選手・梅野隆太郎(うめの・りゅうたろう)さんと食事を共にしたことを報告しました。

「沖縄の自主トレ振りのご飯会」

 女子プロゴルファーの青木瀬令奈がインスタグラムを更新。“異競技アスリート”との食事会を報告しました。

今季初勝利の期待がかかる青木瀬令奈(写真は昨年の「Tポイント×ENEOS」) 写真:Getty Images
今季初勝利の期待がかかる青木瀬令奈(写真は昨年の「Tポイント×ENEOS」) 写真:Getty Images

 6月3日にアップした投稿で「決起集会」と書き出した青木は1枚の写真を公開。「沖縄の自主トレ振りのご飯会でした」と阪神タイガースに所属するプロ野球選手・梅野隆太郎さんと食事を共にしたことを明かしています。

 青木は今年1月に沖縄で行われていた梅野さんの自主トレに参加。ゴルフと野球の共通点を見いだしつつ、「ワンチームで頑張ろう」と誓い合った仲間であることを当時のインスタグラムにつづっています。今回の投稿では自身のコーチ兼キャディーを務める大西翔太を交えた3ショットをアップし、サムズアップを決めながら笑みを浮かべる貴重なプライベートショットを披露しました。

 さらに青木は「10年以上第一線で活躍し続けてるアスリートとして共感できたり勉強になったりととても充実した時間でした!!」とコメント。また、「自分のぬるい部分が見えてくるぶん意識が高くなりますね」ともつづり、改めてプロの世界で長く活躍することの難しさを感じたようです。

 この投稿にファンからは「競技は違えど切磋琢磨、すてきな関係ですね」「梅ちゃんとご飯とかうらやましいです」「次は甲子園でご飯会」「こういう交流がお互いいい刺激に」など、アスリート同士のつながりを称える声が多数寄せられました。

 そんな青木は6日開幕の「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」に出場予定。初日を神谷そら、アマチュアの六車日那乃と同組で回り、今季初勝利を目指す戦いが始まります。

青木 瀬令奈(あおき・せれな)

1993年2月8日生まれ、群馬県出身。2021年の「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」で4年ぶりとなるツアー2勝目を挙げ、全英女子オープンに初出場。また、2022年に発足した「JLPGAブライトナー」と銘打った新制度で、大里桃子、勝みなみ、申ジエ、原英莉花、吉田優利とともに初代「ブライトナー」に就任。ツアー通算5勝。リシャール・ミル所属。

【写真】「競技は違えど切磋琢磨」 青木瀬令奈&大西翔太&阪神・梅野隆太郎との“異業種”3ショット これが実際の投稿です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

今季初勝利を狙う青木瀬令奈(写真は昨年の「Tポイント×ENEOS」) 写真:Getty Images
1 2

最新記事