リブゴルフ全14戦が終了 メジャーへの道は限りなく狭まり下位選手は失業!? “理想郷”の未来はどこに?

今年のリブゴルフは個人戦とチーム戦が同時進行されるレギュラー大会13試合、チーム戦のみの最終戦1試合の合計14試合が開催された。フィル・ミケルソンは参戦したいという選手の問い合わせがひっきりなしと喧伝するが、甘くはない現実も明るみになってきている。

最低1名はリブゴルフから落ち、戦う場所は米欧ゴルフ界にはない

今も変わらず人気者のフィル・ミケルソン 写真:GettyImages
今も変わらず人気者のフィル・ミケルソン 写真:GettyImages

 お金の魅力がリブゴルフの最大の魅力であることは間違いない。そして、リブゴルフが創始された初年度と年間14試合のフルスケジュールで実施された今年は、「誘われた人」と「手を挙げた人」が、その魅力を存分に味わってきた。

 しかし、今季終了後から実施されることになるリブゴルフの「サバイバルゲーム」は、なかなか厳しいものとなる。

 来季もそのまま生き残れるのは、リブゴルフ独自のポイントランキング上位24名のみ。25位から44位の「オープンゾーン」に入った20名はチーム間のトレードの対象となり、そのうちの4名から8名は所属先のない「遊軍」扱いとなる。グレーム・マクダウェルやチャール・シュワーツェルといった元メジャーチャンプも、このオープンゾーンに位置付けられ、今は自らの来季の「行く先」を静かに待つ身となっている。

 そして、45位から48位の4名は「ドロップゾーン」、いわゆるシード落ちとなり、今季から初実施されるオープンQ(クォリファイング)を勝ち抜けば、再びリブゴルフに戻ることもできる。ケプカの弟チェイスは、シード落ちした4名のうちの1人だ。

 しかし、落ちるのが4名なのに、オープンQから復帰できるのは、わずか3枠のみとなり、もう1枠はアジアツアーを1位で終えた選手に授けられる。つまり、最低でも1名は来季のリブゴルフからキックアウトされ、その選手が戦う場所は少なくとも米欧ゴルフ界にはない。

 そう考えると、そもそもは「高額賞金がギャランティーされている甘い体質」などと言われたリブゴルフが、これからは熾烈な生き残り合戦に変わりつつある。

 そして、生き残ることができれば、ビッグマネーを手にするチャンスが得られる。だが、世界ランキングのポイントを稼ぐことはできず、メジャー大会への道も閉ざされつつある。さらに言えば、リブゴルフに2025年以降の未来が到来するかどうかも定かではない。

 それでもミケルソンは「今でもリブゴルフに来たがっている選手は大勢いる」「希望者からの問い合わせは、ひっきりなしだ」と自慢げに言っている。

 そんな言葉を聞くたびに、「Really?」と問い返したくなる。

文・舩越園子
ゴルフジャーナリスト/武蔵丘短期大学客員教授。東京都出身。百貨店、広告代理店に勤務後、1989年にフリーライターとして独立。1993年に渡米。在米ゴルフジャーナリストとして25年間、現地で取材を続け、日本の数多くのメディアから記事やコラムを発信し続けてきた。2019年から拠点を日本へ移し、執筆活動のほか、講演やTV・ラジオにも活躍の場を広げている。

【写真】バスの中とは思えない豪華内装! PGAツアー仕様“キャンピングカー”は高級ホテルのスイートルーム並み

画像ギャラリー

メジャー2勝、ジョン・デーリーのRV。日本で言うところの観光バスを居住できるようにカスタマイズ(写真は2002年のもの) 写真:Getty Images
メジャー2勝、ジョン・デーリーのRVの室内。大好きなギターもRVならツアー会場に持っていける(写真は2002年のもの) 写真:Getty Images
メジャー2勝、ジョン・デーリーのRVの室内。まるで高級ホテルのスイートルームと見まがうばかり 写真:Getty Images
ジョーダン・スピースも“RVライフ”を好む選手の1人 写真:Getty Images
全米プロを制したブルックス・ケプカに駆け寄りハグをするローリー・マキロイ 全米プロゴルフ選手権のフェイスブック(@pgachampionship)
全米プロを制したブルックス・ケプカに駆け寄りハグをするローリー・マキロイ 全米プロゴルフ選手権のフェイスブック(@pgachampionship)
全米プロを制したブルックス・ケプカに駆け寄りハグをするローリー・マキロイ 全米プロゴルフ選手権のフェイスブック(@pgachampionship)
全米プロを制したブルックス・ケプカに駆け寄りハグをするローリー・マキロイ 全米プロゴルフ選手権のフェイスブック(@pgachampionship)
“クラブプロの星”マイケル・ブロックとケプカのハグ 全米プロゴルフ選手権のフェイスブック(@pgachampionship)
惜敗したビクトル・ホブランと握手するケプカ 全米プロゴルフ選手権のフェイスブック(@pgachampionship)
ウェルズファーゴ選手権で記者の囲み取材に答えるPGAツアーコミッショナーのジェイ・モナハン氏 写真:Getty Images
英サッカー・プレミアリーグ、ニューカッスル・ユナイテッドの会長であり、サウジアラビアの国営石油企業「サウジ・アラムコ」の会長を務めるヤセル・アル・ルマイヤン会長(右)。スポーツビジネス界にとどまらない経済界の大物だ 写真:Getty Images
RBCカナディアンオープン開幕に先立って行われたプレーヤーミーティングに向かうジェイ・モナハン会長 写真:Getty Images
グレッグ・ノーマン(右)とヤセル・アル・ルマイヤンPIF会長(中央)の蜜月はあっさり終わった!?(左はドナルド・トランプ前大統領。写真は2022年のリブゴルフ・ベドミンスター大会) 写真:Getty Images
最終戦で優勝し、歓喜のシャンパンファイトをするブライソン・デシャンボー率いる「クラッシャーズGC」 写真:GettyImages
今も変わらず人気者のフィル・ミケルソン 写真:GettyImages
「禁止されている品目」として、大きく注意喚起されている
電子機器(携帯電話、ノートパソコン、タブレット、ポケットベル等)、ラジオ、テレビや音楽再生機器、旗、横断幕等、カメラ(静止画を個人的に使用するだけなら練習日は撮影可能)、足先の尖ったイス、折り畳みのひじ掛けイス、折り畳みでないイス、ベビーカー
飲食物、メタルスパイクシューズ、はしご、潜望鏡、セルフィー・スティック、約25センチ×25センチ×30センチ以上のリュックやバッグ
スマホ完全禁止のマスターズでは、外部と連絡をとる手段は公衆電話のみ
1 2

最新記事