今夜開幕の米女子ツアーはマッチプレー“ベガス決戦” 2年連続で準優勝の古江彩佳は念願の頂点なるか!?

シーズン唯一のマッチプレー競技となる「Tモバイル・マッチプレー」が4月4日から8日にかけて開催。日本からは畑岡奈紗(はたおか・なさ)、古江彩佳(ふるえ・あやか)、笹生優花(さそう・ゆうか)、勝みなみ(かつ・みなみ)、渋野日向子(しぶの・ひなこ)、稲見萌寧(いなみ・もね)の6名が出場する。

古江「マッチプレーをするためにもとにかく頑張るしかない」

◆米国女子プロゴルフ<Tモバイル・マッチプレー 4月4〜8日 シャドークリークGC(ネバダ州) 6804ヤード・パー72>

 米女子ツアーで初めて「ストロークプレー」と「マッチプレー」を組み合わせた競技形式で行われる「Tモバイル・マッチプレー」が本日より米ネバダ州で開幕。日本勢は畑岡奈紗、古江彩佳、笹生優花、勝みなみ、渋野日向子、稲見萌寧が出場する。賞金総額は200万ドル。

「Tモバイル・マッチプレー」2年連続で準優勝の古江彩佳 写真:GettyImages
「Tモバイル・マッチプレー」2年連続で準優勝の古江彩佳 写真:GettyImages

 5日間で競う今大会は、最初の3日間はストロークプレーで戦い、2日目に予選カットを行う。3日目終了時の上位8人が4日目からのマッチプレーに進み優勝を争うというフォーマット。開催地は1989年に実業家スティーブ・ウインがトム・ファジオに設計を依頼して造った豪華プライベートコースだ。
 
 一昨年、昨年と、この大会2年連続準優勝の古江は、開催地であるラスベガスに帰ってきた印象を「またここに戻ってきてよかったなというのはあります」と述べ、自身が2年連続で準優勝している昨年大会までからフォーマットが一新していることに関しては、「方式が違うのでそこがより難しいかなと思いますけど、決勝に上がるためにも、マッチプレーをするためにもとにかく頑張るしかないと思います」と決意を表明した。

 去年、一昨年は(大会の開催日が)5月で今年は4月だが、コンディションはどうかという質問に対しては、「状態としてはぼちぼちで、コースはいつもよりは寒い時期なのでそのぶん飛ばないのがこのコースかなと。短くはないぶん、感覚的にも長くなってすごく難しくなっているかなと思います」と答えた。

 今季は予選落ちが続き、シーズンで唯一のマッチプレー競技となる本大会で流れを変えたい渋野は、初めて訪れたラスベガスの印象を「まだ噴水のところとか行ってないからラスベガス感はないですね(笑)」と明るく答える。3日間のストロークプレーからマッチプレーへと移行する今回のフォーマットについては「マッチプレーはやったことないですし、初めての経験ですので、まずは2日間しっかりいいプレーができるように頑張りたいです」とコメントした。

 どんなことを意識してプレーしたいかという質問に対しては「フォーマットは違ってもゴルフはゴルフなので、しっかり1個でも自信持ってできるように頑張りたいです」と答え、意欲を見せた。

 日本勢のスタート時間(日本時間)は以下の通り。なお、大会の模様は連日WOWOWで中継される。

1番スタート
3日23:48 畑岡奈紗

10番スタート
3日23:26 渋野日向子
4日0:10 古江彩佳
4日3:32 勝みなみ
4日4:16 笹生優花
4日4:27 稲見萌寧

【写真】米国女子ポイントランキング 日本勢の順位をチェックする

画像ギャラリー

3位 古江彩佳(727.058) 兵庫県出身 写真:Getty Images
17位 畑岡奈紗(320.464) 茨城県出身 写真:Getty Images
26位 西村優菜(250.325) 大阪府出身 写真:Getty Images
40位 笹生優花(176.225) 東京都出身 写真:Getty Images
49位 稲見萌寧(141.000) 東京都出身 写真:Getty Images
51位 西郷真央(137.867) 千葉県出身 写真:Getty Images
97位 勝みなみ(28.600) 千葉県出身 写真:Getty Images
「Tモバイル・マッチプレー」2年連続で準優勝の古江彩佳 写真:GettyImages

最新記事