<中間速報>首位逆転! 竹田麗央が河本結に4打差つけてトップ浮上…勝負はいよいよ後半戦へ

最終日を迎えた国内女子ツアー「ブリヂストンレディス」。全選手がハーフターンを迎え、前半でスコアを5つ伸ばした竹田麗央(たけだ・りお)が通算15アンダーで単独首位に立っている。

「ブリヂストンレディス」最終日 全選手がハーフターン

◆国内女子プロゴルフ<ブリヂストンレディスオープン 5月16~19日 袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県) 6731ヤード・パー72>

 大会最終日を迎えた国内女子ツアー「ブリヂストンレディス」。

 全選手が前半9ホールを終え、スコアを5つ伸ばした竹田麗央が通算15アンダーで単独首位に立った。

単独首位に浮上した竹田麗央 写真:Getty Images
単独首位に浮上した竹田麗央 写真:Getty Images

 竹田はスタートの1番から3連続バーディーを奪取。4番をパーとし、5、6番でも連続バーディーを奪った。

 単独2位には最終日を首位で出た河本結。通算11アンダーで竹田を追走。

 通算8アンダーの3位タイに年間女王の山下美夢有、レギュラーツアー1勝のリ・ハナがつけ、通算7アンダーの5位に高橋彩華と続く。

 今季の国内初戦を戦う吉田優利は、通算3アンダーの16位タイで後半をプレーしている。

【動画】舞台裏にカメラが潜入…竹田麗央の初Vを見守る小祝さくら&脇元華ら選手たちの“絆”が感動的と話題に

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

単独首位に浮上した竹田麗央 写真:Getty Images
1 2

最新記事