プロ9年目の苦労人、江澤亜弥が2位タイ発進!

江澤亜弥が5バーディー、1ボギーの「68」で回り、4アンダーで2位タイスタートを切った。明日以降は「冷静に自分のゴルフに徹していきたい」と語った。

◆国内女子プロゴルフ<ニッポンハムレディスクラシック 初日◇8日◇北海道・桂ゴルフ倶楽部 6763ヤード・パー72>

2位タイと好調な発進 ほか10名

 プロ9年目の江澤亜弥が初日、5バーディー、1ボギーの「68」で回り、2位タイ発進を決めた。

「パッティングがよく決まってくれたのかなと思います。途中でボギーになりそうなところもあったのですが、うまくパーセーブができて、それを取りこぼさなかったところが良かったのかなと思います」

江澤亜弥選手 初日1番ホールでのティーショット 写真:Getty images

 2013年のプロテストに合格した江澤亜弥。プロ8年目ながら未勝利で、まだシードも獲得したことがない。もっとも成績が良かった年は2015年。レギュラーツアー34試合に出場し、「ニトリレディス」と「ゴルフ5レディス」の11位タイが最高位。だが、賞金ランキングは73位でシード獲得に失敗している。その後はステップ・アップ・ツアーを中心に戦う日々が続いていた。しかも2019年の獲得賞金はゼロ。

 不調の要因については、「ドライバーが右にも左にも両方いっちゃうし、収拾がつかないゴルフでした」と振り返る。

 コロナ禍で立て続けに試合が中止となり、限られた出場試合数のなか、2020年に出場したレギュラーツアーは「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の1試合しかなく、そこでも予選落ち。ステップ・アップ・ツアーも4試合中、棄権1回、予選落ち2回と散々な結果だった。

 だが、2021年に出場したレギュラーツアーのアース・モンダミンカップは予選通過して57位タイ。ステップ・アップ・ツアーは6試合ですべて予選通過している。

「今シーズンから少しずつよくなってきて、コーチが言っていることも、できるようになり感覚がつかめるようになりました。今年のアース・モンダミンで予選を通過できたのは大きな自信になりましたし、ステップでもコンスタントに予選を通過できているので、自信につながっています」

 ちなみに同期は鈴木愛。先週の資生堂レディスオープンで優勝した姿を見て感じることも多い。

「ずっと強い選手で遠い存在。久しぶりに優勝して涙流すのをみてすごく良かったなと思います。まだまだ愛ちゃんに追いつけるレベルじゃないけれども、がんばりたいなと思っています」

明日以降については、「コースの距離が長く難しいので、冷静に自分のゴルフに徹していきたいと思います」と前を向いた。

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/GettyImages-1327542877_resize-150x150.jpg

最新記事