池ポチャ回避に「マネジメントの失敗ですね」西郷真央、運も味方につけて2週連続優勝へ王手

西郷真央が2週連続優勝に王手をかけた。ヤマハレディースオープン葛城の3日目に西郷が4バーディー・ノーボギーで回り、通算12アンダーの単独トップで最終日を迎える。

5番ロングホールで池ポチャの危機も「ラッキーだった」

◆国内女子プロゴルフ<ヤマハレディースオープン葛城 3月31日~4月3日 葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県) 6590ヤード・パー72>

 そつのない盤石なゴルフは、ベテランプロのような貫録が漂う。

年間3勝目、2週連続優勝へ、独走態勢の西郷真央 写真:Getty Images

 3日目の西郷真央のスコアは4バーディー・ノーボギーの68。通算12アンダーの単独トップで最終日を迎える。

「ボギーなしのプレーができたのは良かったです」と満足しているが、実はツキもあった。

 5番(パー5)のロングホール。2打目がグリーンをオーバーして、奥の池に落ちるかと思いきや、かかっている橋のへりに当たって跳ね返ってきた。3打目を58度のウェッジで3.5メートルに寄せて、きっちりとバーディーを奪うところは、運も味方につけた形だ。

 会見場で初めてそのことを知った西郷は「(池に落ちず)なんとかギリギリに残ったとばかり思っていましたが、それはマネジメントの失敗ですね……。結果的にはラッキーだったかなと思います」と笑っていたが、運も実力のうちとはよく言ったもの。

 9番(パー4)では、13メートルのロングパットを決めるとギャラリーから大きな歓声が沸き起こった。

「ここですごく気持ちが楽になりました。歓声をたくさんいただいて、すごく気持ちよかったです」

 最終18番も残り80ヤードを54度のウェッジで20センチに寄せて難なくバーディー。西郷の技術も光るが、コースも味方しているような1日だった。

 今季は開幕戦のダイキンオーキッドレディスと先週のアクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIで優勝しており、今大会は2週連続優勝に期待がかかる。

 2位のペ・ソンウとは5打差。逃げ切りでの優勝も濃厚だが、「2位との差とか、2週連続優勝とかは考えずにいきたい」と冷静に前を向いた。

西郷真央(さいごう・まお)

2001年10月8日生まれ、千葉県出身。2019年、高校在学中にプロテスト合格。2020-21年シーズンはトップ10フィニッシュが21回と安定した成績を残した。2022年シーズンは開幕戦で初優勝を挙げると、4戦目となるアクサレディスで早くも2勝目を挙げた。島津製作所所属

【インタビュー動画】2連勝したら何語る?西郷真央、先週優勝直後の喜びの声

1 2

最新記事