「置いて行かれたくない」林菜乃子がノーボギーで今季2度目の初日首位発進 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「置いて行かれたくない」林菜乃子がノーボギーで今季2度目の初日首位発進

林菜乃子が宮里藍サントリーレディスの初日に7バーディー、ノーボギーの65で回り、7アンダーの暫定首位タイでホールアウトした。「バーディーは取れるだけ取りたい」と意気込む。

自己ベストタイの「65」は約1年ぶり

◆国内女子プロゴルフ<宮里藍 サントリーレディスオープン 6月9~12日 六甲国際ゴルフ倶楽部 (兵庫県) 6527ヤード・パー72>

 林菜乃子が宮里藍サントリーレディスの初日に7バーディー、ノーボギーの65で回り、7アンダーの首位タイ発進を決めた。自己ベストタイの「65」は昨年のリゾートトラストレディス以来で約1年ぶり。完璧な内容と思いきやピンチもあった。

パットが冴えて初日首位タイ発進を決めた林菜乃子 写真:Getty Images

「今日はボギーになりそうなホールが2つありました。8番パー4と10番パー4をバンカーで入れてしまったのですが、ここをパーで切り抜けたのがよかった」

 さらに前半に3つと後半は4つのバーディーを奪ったが、11番パー3では7メートル、13番パー4では10メートルの長い距離のバーディーパットを決めるなど、パットが冴えた。

「このコースのグリーンはすごく好きで、タッチが合わせやすいので、思い切りピンを狙っていこうとキャディーさんと話していました」

 師匠の芹澤信雄からアドバイスをもらったことも大きい。

「今週は好きなグリーンなんですと言ったら、自分のタッチを信じて思い切ってバーディーを狙って来い」と言われました。今日スコアが出てうれしいです」

 林にとって今週は好きなコースだけに、ここからさらに勢いに乗りたい。スイングに関して師匠の芹澤から「左脇は空けないでスイングすること、しっかり左に振り切ってフィニッシュすること」と助言をもらい、少しずつ試合で60台を出せるようになり自信もついてきた。

 ちなみに初日にトップに立つのは3週前のブリヂストンレディスオープン以来だ。この時は8位タイに終わり、「マネジメントをうまく決められず、ふがいないと思っています」と、悔しさをにじませていた。

「明日からはピン位置もどんどん変ってくると思うし、周りのレベルも高い。置いて行かれたくない。まずはベストを尽くして、バーディーは取れるだけ取りたい」

 今季は14試合に出場して10試合が予選落ちとまだ波はあるが、初日トップに立ったチャンスを生かしたいところだ。

林 菜乃子(はやし・なのこ)

1997年5月17日生まれ、神奈川県出身。2018年にプロテスト合格し、19年からツアーに本格参戦。20-21シーズンは賞金ランキング53位、メルセデスランキング52位と、いずれも惜しくもシード権に届かなかったが、今季の前半戦出場権を得て戦っている。ユピテル所属。

この記事の画像一覧へ(11枚)

画像ギャラリー

全米OP出場の経験を生かし好発進した西村優菜 写真:Getty Images
西村優菜と稲見萌寧 写真:Getty Images
西村優菜 写真:Getty Images
LPGAアワードでの一コマ 写真:Getty Images
西村優菜 写真:Getty Images
西村優菜 写真:Getty Images
西村優菜 写真:Getty Images
西村優菜と稲見萌寧 写真:Getty Images
3ツアーズで見せた女子プロ戦隊ポーズ 写真:Getty Images
西村優菜 写真:Getty Images
パットが冴えて初日首位タイ発進を決めた林菜乃子 写真:Getty Images

最新記事