渋野日向子は初日14位発進「妹にドライバーで2回勝てて良かった(笑)」

渋野日向子が出場するレディースアジアンツアー(LAT)のシモーネ・アジアパシフィック・カップが18日に開幕した。渋野日向子は初日を1オーバーの14位、妹でアマチュアの暉璃子(きりこ)さんは3オーバーの24位で終えた。

渋野日向子は最終18番で痛恨のダボ

◆レディース・アジアンツアー(LAT)<シモーネ・アジアパシフィックカップ 8月18~20日 ポンドックインダGC(インドネシア・ジャカルタ) 6806ヤード・パー72>

 レディース・アジアツアー(LAT)のシモーネ・アジアパシフィック・カップが18日開幕。渋野日向子は3バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの73で回り、1オーバーの14位タイでホールアウトした。

初日オーバーパーのスタートとなった渋野日向子 写真:大会提供
初日オーバーパーのスタートとなった渋野日向子 写真:大会提供

 最終18番で痛恨のダブルボギーで順位を落とし、「途中まではなんとか我慢できたんですが、最後が良くなかったので残念です」と悔やんだ。

 姉妹出場が話題となっている渋野の妹・暉璃子(きりこ)さんは、1バーディー、4ボギーの75で回り、3オーバーの24位につけた。

「ずっとパットの距離感が合わなくて、チャンスをものにできなかったのが悔しいです」と振り返った。2人一組の国別チーム戦では渋野姉妹が9位につけ、2日目に巻き返しを図りたいところ。一方、18歳の櫻井心那は2アンダーの5位、篠原まりあは1アンダーの7位と好発進し、チーム戦は2位と2日目もこの調子を維持できるか注目したい。

 渋野は結果には悔しさをにじませながらも、姉妹そろってのツアーでの初ラウンドはかなり楽しかったようで、終始笑顔が見られた。

 渋野は妹とのラウンドに「めっちゃ楽しかったです。ほんとにいつもと変わらない感じだったし、個人的には(妹に)ドライバー(の飛距離)で2回勝てて良かったです。でも、あまり緊張しないタイプだから、普通にいつも通りという感じでした」と満足げ。

 暉璃子さんも「お客さんがいるのは気になるかなと思っていたんですけど、あまり気にならなかったです。普段通りプレーできました」と笑顔を見せた。

【写真】渋野日向子初日のプレーぶりと妹・暉璃子との姉妹ツーショット

画像ギャラリー

初日オーバーパーのスタートとなった渋野日向子 写真:大会提供
初日オーバーパーのスタートとなった渋野日向子 写真:大会提供
初日オーバーパーのスタートとなった渋野日向子 写真:大会提供
初日オーバーパーのスタートとなった渋野日向子 写真:大会提供
姉・日向子と妹・暉璃子(きりこ)の渋野姉妹ツーショット 写真:大会提供
久々の実戦となった渋野日向子 写真:大会提供
3位に入った全英女子OP以来の実戦となった渋野日向子 写真:大会提供

最新記事