吉田優利や臼井麗香など現役シード選手の姉妹が続々登場! 女子プロテスト2次予選が開幕

最終プロテストへの出場権をかけた2次予選がいよいよ開幕。有名選手の姉妹が多数出場するなど、今年も予選から注目度が高いプロテストになっています。

米ツアー出場経験もある山口すず夏は2次予選敗退

 女子ツアーへの2つ目の関門、プロテスト二次予選が始まりました。

 8月の1次テストで幕を開けた厳しい戦い。目指すのは、11月に行われる最終テスト(1~4日、茨城県・大洗GC)です。

 1次予選で上位に入った選手と、「1.前年のプロテスト最終予選出場者まで進んだ者」「2.6月24日時点でロレックスランキング400位まででエントリー済の者のうち上位30人」「3.JLPGAが認めた者」が加わったのが2次予選。3つの会場でそれぞれ72ホール行われ、最終プロテストへの出場権を争います。

米女子ツアーへの出場経験もある山口すず夏だったが、今年は2次予選で姿を消した 写真:Getty Images
米女子ツアーへの出場経験もある山口すず夏だったが、今年は2次予選で姿を消した 写真:Getty Images

 日程的に最初の2次予選(A地区)は、すでに宍戸ヒルズCC(茨城県)で4日間のプレーを終えています。104人が出場して、最終テストへとコマを進めたのは35人。2次予選の段階ですでに”足切り“が行われ、最終日まで進めたのは73人だけ。

 米ツアー出場経験もある山口すず夏選手も、3日目で予選カットされてしまい4日間プレーできずに終わってしまいました。最終日までプレーできた選手も半分以下がここで脱落。今年、合格の夢を絶たれています。

 A地区の2次予選を突破した35人の中には、吉田優利選手の妹、鈴(りん)選手や、植竹希望選手の妹、愛海選手、臼井麗香選手の妹、蘭世選手、江澤亜弥選手の妹、亜希選手など、プロの妹たちがたくさんいるのも特徴です。

 また、今年の全米女子オープンに予選から出場した識西論里(おにしゆり)選手や、QTからツアーでプレー経験もある幡野夏生選手、ナショナルチームのメンバーだった六車日那乃選手なども生き残っています。

 2次予選は、いずれも11日からのB地区(三重県・伊勢CC)C会場(広島県・呉CC)と、あと2つの戦いが残っています。それぞれ、A会場と同程度の人数が勝ち残る予定となっています。

11月から行われる最終プロテストは今年も熱い戦いになりそう

 最終テストには、日本女子アマ優勝の寺岡沙也加選手など、実績のある者たちも加わり、さらに厳しい戦いとなります。最終プロテストに出場できても、合格するのは20位タイまで。

 出場人数とタイの人数によってはっきりしたことは言えませんが、18%程度しか生き残れません。1次から考えると4%以下と言われる究極のサバイバルレースなのです。

 プロテストに合格しても、すぐに試合に出られるわけではありません。約1カ月後に行われ、ツアーのシード落ち選手なども加わるQT(クォリファイイングトーナメント)で上位に入らなければツアーには出られません。

 ツアーの門戸を開放するという目的で、プロテストに受からなくてもQTには挑めた(もちろん厳しいハードルがあってのものですが)時期もあるのですが、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)はこれを変更し、基本的にプロテスト合格者しかQTを受けられなくなっているのが現状です。

 4月時点で17歳以上の女子(出生時)で、ハンディキャップインデックス5.0以内なら、実績に関わらず一次から受験できるプロテスト。けれども、その先には高い高い壁が立ちはだかっています。

 ゴルフをするには最高の季節を迎えた日本ですが、プロを目指す選手たちにとっては厳しいサバイバルレースの真っただ中。まずは2次予選を突破しないと次はない、という戦いはまだまだ続きます。

【尾関彩美悠がトップ合格】昨年プロテストの主な合格者とスコア

画像ギャラリー

8アンダーで見事トップ合格を果たした尾関彩美悠 写真:Getty Images
2位は5アンダーの高久みなみ 写真:Getty Images
3位は2アンダーの泉田琴菜 写真:Getty Images
4位は1アンダーの佐藤心結 写真:Getty Images
5位タイはイーブンパーの新真菜弥 写真:Getty Images
5位タイはイーブンパーの丹萌乃 写真:Getty Images
5位タイはイーブンパーの藤田かれん 写真:Getty Images
5位タイはイーブンパーの竹田麗央 写真:Getty Images
米女子ツアーへの出場経験もある山口すず夏だったが、今年は2次予選で姿を消した 写真:Getty Images

最新記事