3選手が挑む米女子ツアー予選会がスタート! 初日は識西諭里32位、勝みなみ39位、西村優菜61位

来季の米女子ツアー出場権をかけた予選会「Qシリーズ」が12月1日から始まりました。今年は勝みなみ、西村優菜、識西諭里の3選手が挑戦しています。

西村優菜は苦しいゴルフで61位タイスタート

 苦しいゴルフを余儀なくされたのが西村だ。フォールズコースをプレーして、2バーディー、3ボギーの1オーバー。1ストロークで大きく順位が変わる混戦の中、61位タイと出遅れた。

「地面がぬかるんでいる影響もあって、パー4でアイアンが1回しか使えなかった。3番ウッドを持っても届かないホールがあって、その中でいいショットを打ち続けないといけなかった。何ひとつ自分が思うような満足いくショットが打てなかったので残念です」と、悔しがる。それでも、さらにショットを磨いて2日目以降に臨む心構えを見せていた。

戦いの場を求めて1次予選から勝ち上がってきた識西諭里 写真:Getty Images
戦いの場を求めて1次予選から勝ち上がってきた識西諭里 写真:Getty Images

 ロレックス(女子世界)ランキング上位の資格でQシリーズから出場している2人に対し、ただひとり1次、2次を勝ち抜いてここまで進んだ識西が、1アンダー32位タイと日本勢で最も上位にいる。

 1か月前に挑んだ日本のプロテストは最終まで進んだが、43位タイで不合格となっており、来年戦う場を確保するための必死の戦いが続く。

【写真】米ツアーを目指す西村優菜と活躍する古江彩佳のキュートな「黄色コーデ」姿
1 2 3

最新記事