李知姫、比嘉真美子、臼井麗華らが下位に沈む… 明暗分かれた女子ファイナルQT

女子QTのファイナルステージ最終日が終了、若林舞衣子が通算11アンダーでトップ通過を果たした。来季のレギュラーツアー前半戦出場権(第1回リランキングまで)を獲得するには35位以内が目安だったが、明暗が分かれた。

初日から飛び出した若林舞衣子が1位で突破

◆国内女子プロゴルフ<JLPGAファイナルQT 11月29日~12月2日 JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県) 6442ヤード・パー72>

 来季のツアー出場権を決める女子ファイナルQTの最終日が行われた。レギュラーツアーの前半戦(第1回リランキング)出場を獲得するには35位以内が目安となっていた。

 そんな中、首位で通過したのは若林舞衣子。4日間を通算11アンダーでまわり、その表情は晴れ晴れとしていた。最終日は3バーディー、3ボギーの72で回り、4日間で一度もオーバーパーを打たなかった。

見事にトップ通過を果たした若林麻衣子 写真:Getty Images
見事にトップ通過を果たした若林麻衣子 写真:Getty Images

「今回は3回目のQTでしたが、一番余裕を持って挑めました」と笑顔。出産後にツアー復帰し、3歳の息子を持つ母だが「オフは子どもとの時間を大事にしてリフレッシュしたい」とつかの間の休みを楽しむつもりだ。ただ、「なるべくQTは避けたい。来季こそはシード獲得します」と意欲を燃やす。

 今年、プロテストに合格した新人選手たちの奮闘も目立った。2001年生まれ沖縄出身の荒川怜郁は通算8アンダーの4位でフィニッシュ。2003年生まれで、プロテスト1位通過の神谷そらは通算7アンダーの7位、2002年生まれの鶴瀬華月は通算6アンダーの13位で、来季前半戦出場権を勝ち取った。

 ルーキーとして来季開幕戦から出場を決めた荒川は、「やっと終わったなという感じです。今はとことん休みたい(笑)。ゆっくり休んで練習とトレーニングを始めて、開幕に向けて準備していきたい」と地元沖縄での試合を楽しみにしている。

20年間シードを守った李知姫は63位に終わる

【写真】女子ファイナルQT 主な選手の順位とスコア

画像ギャラリー

葭葉ルミ 6位(7アンダー) 写真:Getty Images
脇元華 11位(6アンダー) 写真:Getty Images
新垣比菜 14位(5アンダー) 写真:Getty Images
柏原明日架 19位(4アンダー) 写真:Getty Images
大出瑞月 21位(4アンダー) 写真:Getty Images
竹田麗央 22位(3アンダー) 写真:Getty Images
岡山絵里 24位(3アンダー) 写真:Getty Images
大城さつき 35位(2アンダー) 写真:Getty Images
林菜乃子 39位(1アンダー) 写真:Getty Images
山路晶 47位(1オーバー) 写真:Getty Images
辻梨恵 51位(1オーバー) 写真:Getty Images
藤田光里 52位(2オーバー) 写真:Getty Images
大西葵 54位(2オーバー) 写真:Getty Images
酒井美紀 60位(3オーバー) 写真:Getty Images
鶴岡果恋 65位(4オーバー) 写真:Getty Images
比嘉真美子 82位(7オーバー) 写真:Getty Images
臼井麗香 88位(9オーバー) 写真:Getty Images
見事にトップ通過を果たした若林麻衣子 写真:Getty Images
「まずは体を休めてオフに考えたい」李知姫は通算4オーバーの63位に終わった 写真:Getty Images
1 2

最新記事