「ウソ! マックより安いじゃん」 物価高の米国でマスターズ会場のサンドイッチはたったの1.5ドル!?

今年もマスターズの季節がやってきます。松山英樹、タイガー・ウッズはどんなプレーを見せてくれるのでしょうか。ところでパトロン(ギャラリー)がどんなものを食べているか知っていますか? 世界最高峰の夢舞台のグルメ事情は意外にも…。

食事はサンドイッチのみだが、値段は激安

 ゴルフトーナメント観戦をしたことのある方ならご存じの通り、日本ではグルメに力を入れているトーナメントが多いです。ランチタイムにはフードコートやキッチンカーにギャラリーが長蛇の列をつくります。食事はスポーツ観戦の楽しみの一つになっています。

マスターズの会場内に数カ所あるコンセッションスタンド(売店)
マスターズの会場内に数カ所あるコンセッションスタンド(売店)

 では、観客のことを「パトロン」と呼ぶ世界最高峰のメジャートーナメント「マスターズ」のグルメ事情はどうなのでしょうか。

 実は意外にもかなり質素で、食事はサンドイッチしかありません(朝10時まではモーニングメニューとしてマフィンなども販売)。しかも物価が高騰している米国にもかかわらず、昨年の大会では最も安い「エッグサラダ」や「ピメントチーズ」のサンドイッチが1.5ドル(約200円)、「マスターズクラブ」というハムとチーズのサンドイッチが3ドル(約400円)でした。

 物価高騰の米国では一般的なランチが20ドル(約2600円)くらいはかかります。先日、米国のマクドナルドで日本なら240円で購入できるエッグマックマフィンを注文したところ、なんと4.57ドル(約630円)でした。マスターズのランチはマクドナルドよりも安上がりなのです。

 小腹が空いた時の“おやつ”は比較的種類が豊富です。1本1ドルのバナナ、チョコレート、クッキーなど、どの商品も1.5ドル以下で購入できます。

ホスピタリティーはメジャーならでは! ビールが大人気

 値段はリーズナブルなマスターズでの食事事情ですが、スタッフのホスピタリティーは素晴らしいです。商品購入に迷っていたりすると、マスターズカラーのポロシャツを着たスタッフが声をかけてくれます。お昼の時間帯はかなり混雑しますが、オペレーションがしっかりしているためストレスなく商品を購入できます。

 包装や飲み物の使い捨てカップはすべてマスターズのロゴ入り。飲んだ後のプラスチック製カップやお菓子を、お土産として持ち帰るパトロンが多いようです。

 晴れた日は25度くらいまで気温が上がるマスターズ開催時のオーガスタナショナルゴルフクラブ。湿度が低く、日本の夏の高級リゾートのようで本当に快適な気候です。

 そして、この地で飲むビールが最高! 2022年大会では、ビールが飛ぶように売れていました。このビールの値段は5ドル(約650円)。先日、米国のホテルのバーでビールを頼んだところ10ドル(約1300円)かかりました。マスターズの会場ではビールも格安。パトロンにとってはうれしい限りですね。

【写真】マスターズ会場のフードメニュー表や名物のサンドイッチを見る

画像ギャラリー

2022年大会のメニュー表
「マスターズクラブ」という名のついたハムとチーズのサンドイッチ
スナック類の品揃えが豊富で安い
右手にビール、左手には飲み終わった大量のカップを持つパトロン
カメラを向けると笑顔で応えてくれたスタッフの皆さん
マスターズの会場内に数カ所あるコンセッションスタンド(売店)

最新記事