渋野日向子が“ジャパン”入り決定! 畑岡・古江・笹生と女子ゴルフ国別対抗戦に出場

米女子プロゴルフ協会が11日(現地時間)、5月に開催される女子ゴルフの国別対抗戦「インターナショナルクラウン」に出場する各国メンバーを更新。日本からは渋野日向子の参戦も決定した。

日本は米ツアー優勝経験者の4人に

 5月に開催される女子ゴルフの国別対抗戦「ハンファ・ライフプラス・インターナショナルクラウン」(5月4~7日、カリフォルニア州・TPCハーディングパーク)に出場する8カ国(米国、日本、韓国、スウェーデン、イングランド、タイ、オーストラリア、中国)のメンバーが最終決定した。4月3日付の世界ランキングで決定した各国4人の有資格者の中から、米女子プロゴルフ協会(LPGA)が7日までに出場可否を確認し、11日に出場選手のリストを更新した。

5月4日から開催される「ハンファ・ライフプラス・インターナショナルクラウン」に出場が決定した渋野日向子 写真:Getty Images
5月4日から開催される「ハンファ・ライフプラス・インターナショナルクラウン」に出場が決定した渋野日向子 写真:Getty Images

 日本チームは畑岡奈紗、古江彩佳、笹生優花の3人は出場の意思を表明していたが、3番手の山下美夢有と次点の西郷真央が国内メジャーの「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」を優先して出場を辞退。そこから渋野日向子に出場権が下りてきた。これで日本は米ツアーを主戦場にする4人の出場が確定したが、いずれも米ツアーで優勝経験がある布陣で、大会制覇への期待が高まる。

 日本のライバルとなる韓国は、元世界1位のコ・ジンヨンを始め、米ツアー通算5勝のキム・ヒョージュ、米ツアー通算4勝のうちメジャー制覇3回のチョン・インジ、米ツアー2年目のチェ・ヘジンに決まった。2021、22年韓国ツアーで2年連続賞金女王のパク・ミンジ(世界ランキング22位)が辞退し、次点のチェ・ヘジンの出場が決まった。

 また、中国チームの有資格者で、日本ツアーを主戦場にする森田遥とセキ・ユウティンは出場を辞退している。

【顔写真】“一流の証”50位以内に9人を送り込む日本女子の最新ワールドランキング

画像ギャラリー

世界ランキング13位の畑岡奈紗 3.99ポイント 写真:Getty Images
世界ランキング18位の古江彩佳 3.25ポイント 写真:Getty Images
世界ランキング21位の山下美夢有 3.03ポイント 写真:Getty Images
世界ランキング31位の笹生優花 2.49ポイント 写真:Getty Images
世界ランキング36位の西郷真央 2.31ポイント 写真:Getty Images
世界ランキング38位の渋野日向子 2.24ポイント 写真:Getty Images
世界ランキング43位の稲見萌寧 2.02ポイント 写真:Getty Images
世界ランキング44位の川崎春花 1.98ポイント 写真:Getty Images
世界ランキング48位の西村優菜 1.91ポイント 写真:Getty Images
5月4日から開催される「ハンファ・ライフプラス・インターナショナルクラウン」に出場が決定した渋野日向子 写真:Getty Images

最新記事