「ショートゲームは左右同じ振り幅にすべき」は絶対じゃない!? 知っておきたい“振り幅”の正解とは?

アプローチやパターでは「左右同じ振り幅」が基本といわれていますが、プロや上級者を見ていると必ずしもそうはなっていないような気がします。トップやフォローを小さくした方がいいのか、それとも「左右同じ振り幅」がやっぱり基本なのか。アプローチとパターの「振り幅」について筒康博(つつ・やすひろ)コーチに聞きました。

形だけ「同じ」にするよりも結果を重視する

 みなさんは、アプローチやパターで「しっかり打つ」と決めた時に、バックスイングとフォロースルーどちらを大きくしますか。

しっかり打つことを意識した時に、「バックスイングが大きくなる」タイプと「フォロースルーが大きくなる」タイプがいるが、大事なのは「結果」と「再現性」
しっかり打つことを意識した時に、「バックスイングが大きくなる」タイプと「フォロースルーが大きくなる」タイプがいるが、大事なのは「結果」と「再現性」

 基本は「左右同じ振り幅」ですが、「結果」と「再現性」がハッキリ良くなっているなら片方だけが大きくなっても問題ありません。

 またアプローチの場合、ラフのようにインパクトでヘッドが抜けにくい場所と芝の少ない場所では、同じ距離で打ってもフィニッシュの大きさは必然的に変わります。

 コースでは結果が重要です。「フォローを出すとランが増える」や「バックスイングを大きくするとボールが高く上がる」など、自分だけのルールは他人と共有する必要はありません。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

【写真】自慢したくなる高級感! キャメロンの最新パター「チャンピオンズチョイス」4機種詳細画像

画像ギャラリー

「チャンピオンズチョイス ニューポートプラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポートプラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポートプラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポートプラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポートプラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポートプラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート1.5プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート1.5プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート1.5プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート1.5プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート1.5プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート1.5プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2.5プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2.5プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2.5プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2.5プラス ボタンバック」
「チャンピオンズチョイス ニューポート2.5プラス ボタンバック」
スコッティ・キャメロンの新しい「チャンピオンズチョイス」パター
グリーンが速く大きなストロークをしなくても距離が合うなら、インパクト時の方向性「フェース向き」を重視してフォロースルーは「小」になる
「左右同じ振り幅」という形から覚えることで、形に表れにくい「テンポ」や「力感」のバランスがよくなる
しっかり打つことを意識した時に、「バックスイングが大きくなる」タイプと「フォロースルーが大きくなる」タイプがいるが、大事なのは「結果」と「再現性」
1 2

最新記事