「ツアー中継でやってたから」で勘違いしがち! グリーン周りのスプリンクラー正しい救済の受け方

トーナメント中継を見ていて、プロがグリーン周りのスプリンクラーヘッドにかかる場合に、無罰で救済を受けている様子を目にした記憶がある人もいるのではないでしょうか。その印象が強いため、自分のプレーでも同じ処置をしている人もいるかもしれませんが、実は知らず知らずのうちに違反している可能性があるのです。

【動画】マキロイが“”間違ったドロップ処置”をした実際の映像と正しい処置の解説です


CBSゴルフのインスタグラム(@golfoncbs)より

【図解】後方線上ドロップの正しい処置と2023年ルール改訂3つの変更点をおさらい

画像ギャラリー

球がレッドペナルティーエリアにあることが分かっているか、事実上確実で、プレー ヤーが救済を受けたい場合、プレーヤーには3つの選択肢がある。それぞれ1罰打で、 プレーヤーは次のことができる。 (1)直前のストロークを行った場所に基づき救済エリアから球をプレーすることによっ てストロークと距離の救済を受ける。 (2)ホールとX点を結んだ後方線上のペナルティーエリアの外に球をドロップすること によって後方線上の救済を受ける。 (3)ラテラル救済を受ける(レッドペナルティーエリアに限る)。救済を受けるための基点 はX点で、球は2クラブレングスでX点よりホールに近づかない救済エリアの中にド ロップし、その中からプレーしなければならない。(ゴルフ規則 17.1dより抜粋)
1.後方線上の救済は「線の上」にドロップしなければならなくなった
2.救済後、風でボールが再び池に入ったら「無罰でリプレース」
3.間違ってインプレーでない球をリプレースしてパットした「2罰打→1罰打」
スプリンクラーヘッドに載ってしまった場合はもちろん救済が受けられるが… 写真:GettyImages
1 2 3

最新記事