リブゴルフとPGAツアーはどうなる!? 存在が明らかになった「交渉分科会」の役割とタイガーを中心とした不可解な動きとは?

リブゴルフとの交渉を進めてきた選手理事を含むPGAツアーの理事会だが、ローリー・マキロイの理事復帰を巡りドタバタ劇を繰り広げるなど、ここへ来て混乱が報じられている。さらに、理事会とは別に「交渉分科会」の存在が明らかになり、さらなる混乱が予想される事態になってきた。

PGAツアーは以前にも増して混沌

 昨年6月にPGAツアーのジェイ・モナハン会長とリブゴルフを支援するサウジアラビアの政府系ファンド「PIF(パブリック・インベストメント・ファンド)」のヤセル・ルマイヤン会長が、いわゆる「統合合意」を電撃的に発表した直後、PGAツアーの選手たちは一斉に「何も聞いていない」と怒声を上げた。

 そして「モナハン会長は水面下で交渉を行ない、僕たちが知らないうちに合意した」と会長を激しく批判し、以後は選手理事を含むPGAツアーの理事会が主体となってPIFとの交渉を進める形になった。

明らかになった「交渉分科会」メンバーであるマキロイだが、選手理事への復帰は「望んでいない人」の影響でなくなった 写真:Getty Images
明らかになった「交渉分科会」メンバーであるマキロイだが、選手理事への復帰は「望んでいない人」の影響でなくなった 写真:Getty Images

 しかし、今度は選手理事らが秘密裏にコトを推し進めるようになり、気がつけば、他の選手たちは「何も聞いていない」「知らないうちに決まっていた」と呆気に取られる事態に陥っている。

 おまけに、そうやって秘密裏に進められた事柄が、その後に二転三転するドタバタ劇の様相を呈しており、PGAツアーは以前にも増して混沌としている。

 昨今のPGAツアーのドタバタ劇の第一幕は、ローリー・マキロイの選手理事への復帰を巡る騒動だった。

 2022年から理事会メンバーに加わったマキロイは、アンチ・リブゴルフの急先鋒としてアクティブな動きを見せ、PGAツアー選手たちのリーダー役を見事に務めていた。

 しかし、昨年11月に突然、辞任の意向を表明。理由は「もっとやりたいこと、やるべきことがある。そのことに集中したい」というもので、その「こと」は、今年4月のマスターズで優勝してキャリア・グランドスラムを達成することだと見られていた。

 結果的に、マキロイの「悲願」は今年も達成されなかったのだが、それから間もなく、選手理事の1人であるウエブ・シンプソンが任期半ばで理事からの辞意を表明し、自分の後任としてマキロイを指名した。

 マキロイ自身も「僕はみんなの役に立てると思う」と指名を受け入れ、理事会へ復帰する意向を示していた。

 しかし、先週のウェルスファーゴ選手権の開幕前、マキロイは自分が理事としてカムバックすることを「望んでいない人々がいる。歓迎されないのなら、理事には復帰しない」と米メディアに語ったことで、周囲はにわかに騒々しくなった。

 マキロイが理事として復帰するためには、シンプソンを含めた現職理事6名全員の同意が必要となるのだが、米スポーツイラストレイテッドによると、マキロイ復帰に同意せず、カムバックを阻止したのは、タイガー・ウッズ、ジョーダン・スピース、パトリック・カントレーの3名だったそうだ。

 理事の中の半数が自分の復帰を望んでいないと知ったマキロイは「理事会には戻らない」と決意。そのため、辞任するつもりだったシンプソンは、任期が満了する2025年末まで理事職を務めることになり、マキロイ復帰を巡るドタバタ劇は、これで一件落着かと思われた。

ますます不透明になってきたPGAツアーの行く末

【図解】後方線上ドロップの正しい処置と2023年ルール改訂3つの変更点をおさらい

画像ギャラリー

球がレッドペナルティーエリアにあることが分かっているか、事実上確実で、プレー ヤーが救済を受けたい場合、プレーヤーには3つの選択肢がある。それぞれ1罰打で、 プレーヤーは次のことができる。 (1)直前のストロークを行った場所に基づき救済エリアから球をプレーすることによっ てストロークと距離の救済を受ける。 (2)ホールとX点を結んだ後方線上のペナルティーエリアの外に球をドロップすること によって後方線上の救済を受ける。 (3)ラテラル救済を受ける(レッドペナルティーエリアに限る)。救済を受けるための基点 はX点で、球は2クラブレングスでX点よりホールに近づかない救済エリアの中にド ロップし、その中からプレーしなければならない。(ゴルフ規則 17.1dより抜粋)
1.後方線上の救済は「線の上」にドロップしなければならなくなった
2.救済後、風でボールが再び池に入ったら「無罰でリプレース」
3.間違ってインプレーでない球をリプレースしてパットした「2罰打→1罰打」
明らかになった「交渉分科会」メンバーであるマキロイだが、選手理事への復帰は「望んでいない人」の影響でなくなった 写真:Getty Images
今後のカギを握るのは、PGAツアーの選手理事であり「交渉分科会」のメンバーでもあるタイガーなのは間違いない 写真:Getty Images
1 2 3

最新記事