スチールシャフトの“突然ポッキリ”は意外と起こる! 改めて知っておきたい梅雨時期の保管とメンテナンス

分かっているけど意外とおろそかにしがちな「ゴルフクラブのメンテナンス」。梅雨時期は特に気をつけないと、ゴルフクラブの劣化を早めてしまうそうです。そこで、改めてこの時期にやっておくべきクラブメンテナンス方法を聞きました。

お手入れと保管に要配慮! スチールシャフトのサビに注意

 だいぶ暖かくなり半袖でゴルフができる季節になってきましたが、本格的な夏を前に待っているのが梅雨。

 アマチュアゴルファーにとって、雨のゴルフはなかなかスコアをまとめられず苦手としている人も多いと思いますが、それと同時にクラブに関しても気をつけなければならない点がたくさんあります。

 ゴルフフィールズユニオンゴルフ店の小倉勇人店長に、梅雨の季節、クラブに関して気をつけるべきことを教えてもらいました。

ゴルフ量販店にグリップコーナーには数多くの商品が陳列されている
ゴルフ量販店にグリップコーナーには数多くの商品が陳列されている

「梅雨の季節、いちばん気になるのはスチールシャフトのサビです。スチールシャフトの表面はメッキがしてあり、そうそうサビるものではありません。ですが、内側はデリケートなので、見た目が大丈夫でも内側のサビが進行していて突然“ポッキリ”なんてこともあるんです」

「雨の日にラウンドした後には、しっかり乾拭きしてから陰干しし、ちゃんと乾燥させることがとても大事です」(小倉店長)

 放っておけば乾くだろうと油断すると、気づかないうちにシャフト内部のサビが進行してしまうことがあるので、雨の日のラウンド後は、面倒でもちゃんとクラブのお手入れをするようにしましょう。

 また、普通シャフトのグリップエンド側の後端はグリップを装着する際にテープで塞がれておりシャフト内に水は入りにくくなっています。ただし、グリップエンドの「穴」に異物が刺さったり、長くグリップ交換をしていないせいでテープが劣化したりしていると、この穴からシャフト内に水が入ってしまうこともあります。

 そうなったら内部のサビが急激に進行する危険性があるので、この「穴」は貫通させないように気をつけましょう。

 なお、クラブ自体を直接雨で濡らしていなくても、クラブの保管方法によってはサビのリスクは十分にあるので、クラブの置きどころにも注意してほしいと小倉店長はいいます。

「梅雨の季節は、結露によるサビにも注意が必要です。梅雨の季節というのは湿度が高いですし、暑いようで意外と寒暖差も大きい時期。ガレージや物置、車のトランクなど湿度や気温の変化の大きいところにクラブを置きっぱなしにしておくと、シャフトに空気中の水分が結露してサビを生みます」

「やはり気温・湿度が安定している人間の生活空間、つまり自宅の室内でクラブを保管するようにすることが大事ですよ」(小倉店長)

滑るグリップはミスのもと! 梅雨前にぜひグリップ交換を

 雨のゴルフでもう1つ気をつけたいのが、グリップです。雨に濡れたグリップは滑りやすく、すっぽ抜けてクラブを飛ばすなどの事故の危険があるだけでなく、握りのズレやそれを嫌がってのリキミにもつながります。

 とくにグリップが古くなって劣化していると、雨の日の安定性は大きく劣化します。グリップが雨で濡れたことで、皮脂や汚れが浮いてくるとさらに滑りやすくなります。

 普段からグリップをいい状態に保っておくことはもちろんですが、汚れやすい雨の日のゴルフの後は、グリップをきちんと掃除しておくことも大事です。

梅雨前はグリップ交換の絶好のタイミングでもある 写真:PIXTA
梅雨前はグリップ交換の絶好のタイミングでもある 写真:PIXTA

「グリップは、使わなくても時間の経過で材質が劣化していくので、できれば1年に1度くらいは交換してほしいです。雨に備えるという意味でも、梅雨前というのはグリップ交換のいいタイミングかもしれません」

「最近は雨の日に滑りにくいことを謳ったグリップもありますので、雨が苦手という人はそういうグリップをチョイスするのもオススメです」(小倉店長)

 ちなみに小倉店長自身も、ムジークの「ドライコンパウンド」という雨でも滑りにくいグリップを愛用しているそうです。

 アイオノマー(プラスチック)系の素材は濡れるとヌルヌルすると感じる人もいるので、一般的にはラバー(ゴム)系の素材のほうが雨に強いといわれており、繊維の織り込まれた「コード入り」のほうがより滑りにくいという声も多いそうです。

 また小倉店長は、雨の日はグローブをせずにプレーし、手やグリップをタオルでまめに拭くように気をつけているとのこと。グローブも雨でも滑りにくい性能のものもありますので、そういったものを使うなど、グリップと手の両方への配慮をするのがよさそうです。

「パターのグリップでは、『スーパーストローク』のような表面がツルッとしたポリウレタン系のものはとくに注意が必要です。普段はしっとりなめらかで手にフィットしますが、水に濡れるとヌルヌルした感触が出て滑りやすくなります」

「濡れたまま放置すると表面がふやけるような感じで劣化が早まりますので、プレー後のお手入れも気をつけてほしいですね」(小倉店長)

 いよいよ到来する梅雨の季節、クラブを長持ちさせるためにもしっかりとメンテナンスを行って欲しいです。

【写真】交換するグリップはどれにする!? グリップ売れ筋ランキング

画像ギャラリー

2023年8月の売れ筋グリップ第1位 ゴルフプライド ツアーベルベットシリーズ(日本フェイウィック) 有賀園ゴルフ調べ
2023年8月の売れ筋グリップ第2位 ゴルフプライド MCCシリーズ(日本フェイウィック) 有賀園ゴルフ調べ
2023年8月の売れ筋グリップ第3位 NO.1グリップシリーズ(ナウオン) 有賀園ゴルフ調べ
2023年8月の売れ筋グリップ第4位 STMグリップG-REXシリーズ(STMゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年8月の売れ筋グリップ第5位 ブラックアーマー2シリーズ(イオミック) 有賀園ゴルフ調べ
梅雨時期のメンテナンスを怠るとシャフトの破損などに繋がりやすい 写真:PIXTA
梅雨前はグリップ交換の絶好のタイミングでもある 写真:PIXTA

最新記事